Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またろう高専生活シリーズ

たいへんご無沙汰しております。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

またろうは修士一年となり、親とはたまにLINEでくだらない話するくらいで、何かヤヴァいことは…もしかしたらあるのかもしれませんが親からは見えないのでもう心安らかに暮らしています。

大学三年生は就職のための情報収集などを進める季節ですが、そしたら修士一年も同じことかも?? とも思うのですが、
でもなにしろ「一年」ですからね~そういう雰囲気にならないでしょうね。
またろうも何も言ってきませんしこちらも放置です。大学のほうでなんとかしてもらいましょう(ほんとか?)

* * *

ちょっと別件があって本館ブログの過去記事を読んでいたら、またろうの高専生活がもうめちゃくちゃおもしろくて、
おもしろすぎて泣ける(事件ありすぎ…)
無事卒業できてほんっっとによかった。

けど、ふる~い記事で飛び飛びに載っているものはまとめて読みづらく、これはまたろうブログにまとめたほうがいいかなという気がしてきました。

ぼちぼちリンクをまとめていきます。
いただいたあついコメントも味なので、記事をこちらにお引越しするのではなくてリンク集にします。

それでは、入学式から純繰りに2009年4月分:
またろう高専入学式

またろうしょっぱなから遅刻(-_-;;
ちゃんとよさげな時間に送り出したのに…結局こうなる

またろう初スーツ

これがまたろうクオリティー
失敗しないように自ら工夫するところに成長を感じて喜んだのもつかの間、実はそれって…

それであの…宿題は??

新入生歓迎ロボコン
ロボコンやりたくて高専行ったんだものね。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン

またろう大学卒業

またろうが大学を無事卒業しました。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

四月からは大学院生になります。なにしろ大学三年生からの編入なので、四年卒業スグ就職ってことになると、大学生生活が一年くらいしか経ってないときからいきなり就職活動しなきゃいけないわけで、それも「味」がなさすぎますから(^^;; 院に進学するのは妥当なところじゃないかと思います。

「いちりゅうのおとこはいいが、にりゅうのおとこにはなるなよ」

高専でもう、一回留年してますから、大学ではダブらないでやってほしいと思っていました。単位を落としたことがないわけではなく(というかハッキリいっていくつかあった)でも致命傷にはならず、なんとかなってよかったです。

だいたい、またろうのような子の場合、高専でも大学入ってすぐでも、あれやこれやの授業があってこれは出席重視これは小テストありこれはレポート提出いついつまでこれはテストで範囲がこれこれ、というふうに細かく多数ありますとその管理がとても難しいということになります。

専門に進んでいきますと、どーんと時間を取られるのは研究で、まぁ研究室に通ってまじめに実験とかやってればいいので、まとまりがいいというか、わかりやすくなります。

ということで、妙な話ですが、またろうにとっては、進めば進むほどやりやすくなってきたようです。

成績も上がって、わりと良いほうでの卒業となりました。

そう、「まじめ」という形容が、またろうにあてはまる日が来るとは想像もしていませんでした。
小学生・中学生として、「まじめ」というのは、
遅刻せず、授業を(立ち歩きなどせずに)おとなしく聴き、提出物を期日どおり出し、テスト範囲をきちんと勉強する
ということであって、いずれもまたろうが苦手なことばかりです。

だから、またろうについて「まじめ」という表現はそりゃ、思いもつかなかったわけですが…

インターンシップで工場に通っていた数か月間も、無遅刻無欠勤。
遅刻に関しては、今でも多少危ないところがあるまたろうですが、朝に友人と声を掛け合う約束をして万全を期す、などの工夫もできるようになりました。

課題には真摯に取り組み、基礎学力も基礎技術力もあり、人からのアドバイスが素直に聞けるまたろうは会社の人にもかわいがられる人材だったようです。

一人暮らしもすっかり板につき、
インターンシップ中に住んでいた部屋を引き払うときも「立つ鳥跡を濁さず」。
国内であれば長距離移動も親を頼らずスムーズにチケット手配、乗継できます。
お金も計画的に使えます。足りなくなって親に突然無心してくるなんてこともありません。

こんな日が来るんですね…

大学の卒業式も、親が声かけなくても忘れず参加できました(笑)
(大学の入学式は忘れてて参加できなかった)

まだ就職とか、心配なイベントはいくつかひかえていますが…このブログも、卒業が近いです。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン

消しゴムはどこへ消えるのか

特に、またろうやこじろうが小学校低学年だったころの…

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

消しゴム(や、えんぴつ)のなくなりようったらありませんでした。もう滝のように消えていく。

トンボ鉛筆と、MONO消しゴムを常に大人買いして引き出しにストックしていました。
(いや大人はふつうそんなに鉛筆と消しゴムを大量買いしない)

「消しゴムの行方」という四コマ漫画を見かけてツボったのですが(^^;;
まさに亜空間です。

またろうは、授業中でも心ここにあらずで宇宙と交信していましたから、たぶん亜空間ともつながっていたでしょうね…

で、現実問題、その「亜空間」がどこにあるのかの一端は、こじろうの授業参観のときに見えた気がしました。
授業は「算数」で、1から5までの足し算引き算をやっていました。こじろうは、またろうよりは先生の話を聞いているので、指示された課題をちゃんとやっている、というかやろうとしているのですが、

鉛筆で式を書いていて、ふと気づくと消しゴムがありません。
それで、ない、ない、ない…とあちこちさがしていて、
机の中やらあれこれひっくり返して、
その探索の途中で、手にもっていた鉛筆をぽろりと取り落としました。

落ちた鉛筆はお道具箱(机の中で引き出しっぽく使っているもの)の中へ。本人気が付いていません。

そのうち、「消しゴムあったぁ~」って感じで、消したいとこ消して、さて続きをと思うと、今度は鉛筆がありません。
ついさっきまで確かに持っていたのに。

それで、今度は鉛筆探し。ない、ない、ない…

ずいぶん時間かかって、ようやくお道具箱に入ってた鉛筆発見…そのころには演習時間おわってしまいましたがね(-_-#

つまり
・シングルフォーカスです。今、消しゴムを探してるとなると、手に持ってる鉛筆を意識なく手放してしまう。
・モノの定位置がない。すべてが漠然としていて、何ならどの範囲を探せばいいという、自分への信頼もない。
・ごちゃごちゃしてる中にある鉛筆や消しゴムを視認することが下手(これはまたろうにはなくこじろうの特徴)。

これが「亜空間」の正体ですね。

広々した亜空間を作ってしまいやすいのは生来の特徴というか、タイプですしある程度仕方ないですが、いつもいつもこれでは生活が不便なので、ぜひにぜひに
「ものを手放すときに意識する」
ことを身に着けたいものです。私自身がこれで長年苦労したので(っつか今でもするので)、一朝一夕に治るものとも思いませんが、とにかく「ここへ置く」意識を育てることです。

で、主婦雑誌に載っている美しい収納まで真似しなくていいですから、
「何はどこ」
のざっくりした区分けを死守する。

一見、ぐちゃぐちゃでも、
鍵やスマホや財布ならメインバッグ(のどこか)にある
最近家に到着した書類(郵便物含む)ならこの山の中にある
缶詰や乾物など保存のきく食品ならこの引き出しのどこかにある

ということならまぁ生活に(そんなに)支障はないとしたものです。

この、「手から離れるところを意識」ということを練習するのが大事だと思うんですけど、
どうも経験上、すべての物体にそれを適用するのはなかなか難しいようで、
探したくないものから個別撃破がいいような気がします。

またろうも、高専に入ったのを境に消しゴムと鉛筆の行先である亜空間を閉じたようですし
私も鍵とか財布とかは探さなくて済むようになりました。

でも、「あれ? さっきまで持ってた楽譜がない」とかはよくやってます。
100歳になるまでに徐々に重要な亜空間から閉じていきたいと思います(笑)

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン

またろう族女子の会

またろう族女子の会、ってそんな激レアな会が成立すること自体かなり驚きですが…

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

ディープに楽しく語り合ってまいりました。

元々、「またろう族の母ランチ」などを企画しますと、その中にぽつんとひとり「まったりぼんやり」女子の母が混ざっていたりすることが多くて、もちろん提出物が出せない汚部屋ぐらしで時間の使い方が下手で、というような悩みは男女とも同様ですがちょっと違うニュアンスがあるような。

それで、一回にまとめてみたら何かヒントが見えてこないだろうか、という趣旨のゆるい企画です。

個々の事例につきましては高度に個人的な内容なので省きますが、誤解をおそれずざっくりいいますと、
「女子ならではの悩みと、女子ならではの解決の糸口が両方ある」
というふうに感じました。

つまり…

元祖またろうの特徴ってのは(特に小学生時代)
あれもこれもできてないくせになんでそんなに毎日幸せそうなの!! ちっとは気にしろよ!!(母の激叫び)

ってなもんで、提出物は出せない、机の中はぐちゃぐちゃ、遅刻多数、チャイムで教室に戻ってこない、雨でも傘をささない(そもそも持ってなかったりするがなぜか持っててもささない)、トレーナーは後ろ前、人の話は聞いちゃいなくって…でも困っているのは周囲の人だけ。本人は困ってない。

「あれこれ親が手を出すからダメなんじゃない? 本人が困れば気をつけるわよ」なんて訳知り顔でいう人には
「本人が困ってないから困るんです!! いっぺんまたろうを育ててからいってみぃ!!」といってやりたい(けどいわない、大人だから)

…ところが、またろう族女子は、自分が困ってたりするんです。ここが最大の特徴。

たぶん、流れている「血」が同じでも(たとえばまたろうとはなひめ)、周囲がどれくらい見えているか、どのくらい気になるかというのが違う。周りから浮いている自分というのがつらい。

それで、毎日学校へ行くだけでだんだんしんどさが溜まって、心身の不調だの不登校だの、そういった事態には能天気またろう男子より陥りやすい。

けれど、その状態から立ち直っていくきっかけもまた、「男子より見えている」というところにあったりする。

トータルどちらが幸せかは知らないんだけど、落ち込んでいる最中を見ている親としてはけっこうしんどい。
またろう族男子の母は…同志ももっといるし(^^;; 「こーなのよ!!」「あんなこともあった」といって叫んで、笑い飛ばして、なんなら本人をどなりつけてもよい(←ただしなんの効果もないのだが)。

いろんな話をしてみて思ったことは「そうはいってもそのうちなんとかなってるもんだ」…つまり、案外「予後」はよいということだ。

それと、「なんとかなる」きっかけとして効いてくるものが、
「学校、クラス」以外の場。

習い事でも、塾でも、地域活動でもいいのかもしれないけど、
今煮詰まっている人間関係の輪から離れたところにある、
お兄さんお姉さん~おじさんおばさん、いわゆるタテでもヨコでもないナナメの関係。

とにかく、世界は学校だけじゃないんだ、というところがうまくみつかるとよいようです。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン

レポート溜め込み癖をなんとかする

ご無沙汰しております。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

本館ブログの古い記事で、こちらにあったほうがよさそうなもののリンクを貼っておきます。
「レポート溜め込み癖をなんとかする」

よしぞうが大学生のときは、実験レポートとかけっこう溜めててやばかったです(汗)
私の記憶によれば結局いくつか出さないで終わったのですが(←ダメ絶対)
それでも卒業できたのは、
卒業と同時に結婚で、その披露宴で仲人をしたのが先生で、紹介のときにいきなり
「新婦は卒業に必要な単位をすべてとりおえており、春には大学院に進学します。
新郎は必修単位を落としており、春にはもう一度四年生になります」
といいたくなかったからではないかという疑惑があります。

またろうのためこみ癖…

彼の場合はためこむというより、レポートがあること(とその締切)を把握していないところが一番の問題でして
これほんとやばいよ。

横からも情報収集できるようなネットワークづくりが切に望まれます。
またろうもだいぶ学んだらしいです。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。