Entries

スポンサーサイト

小1プロブレムのお助け塾

新聞記事で、「小学校入学前に通う“塾”口コミで広がる 「発達に課題」「学校生活に不安」…社会性を育む“配慮”と“実践”」というのを読みました。          「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンクこれまで、またろうで最も苦労したのはいつかといえば、間違いなく「小学校入学時」なので、こういうサポートができたというのは、ものすごくいいなーと思ってしまいました。また...

【四コマ】またろうなかなか帰らない

またろう小学一年生          「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンクまたろうが小学一年生のとき、担任の先生のお悩みのひとつは、「またろうが帰ってくれない」ということだった。みんなが「さようなら」して三々五々いなくなって、子どもがまたろう一人になっても、まだ先生になんやかや話しかけては教室に残っている。もちろん、帰りのお支度はできてない(-_-;;学童の先生...

学童連絡帳より

夏の終わりごろの学童連絡帳より。=== 家より昨日は子ども部屋にタオルケット・段ボールをはりめぐらし「お化け屋敷」を作って招待してくれました。入るとすぐ雷がピカピカ! 洞窟の入り口には光るガイコツ!! 洞窟の奥には光る石(宝物?)があり、それに手をのばすと首筋にヒヤーッ ペトッとくっついてくるものがあり、それをふりきって宝物を持っていこうとすると恐竜がキバをむいておそってきます。製作二日がかりでしたがほんとに...

学童の先生

またろうが学校に弁当を忘れて学童に行ったとき、学童の先生はまたろうと一緒に教室に取りに戻ってくれた(しかも何度も…)が、これはちっとも当たり前なことではない。市の公式見解(学童入所にあたって開かれる説明会)によれば、子どもが弁当を忘れてきた場合の対応は、「保護者に連絡をしますので、保護者が届けるか、誰かに頼んで届けてもらってください」である。実際問題、親が突然電話したら昼食を急いで用意して(買って)学童...

先生の困りごと

宿題を出せないことや、授業中に話を聞いていないことは、先生が困ることというよりは、またろうの今後を思って心配していることだ。今後、学習が成立していくためには、何が必要かということ。またろうの頭が特に悪くなくても、学習をすることができなかったら、勉強はできなくなってしまうし、学校もつまらなくなってしまうだろう。学習の中身が「ちょぼちょぼ」である間になんとか「学習をすること」が軌道に乗るようにするには...

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。