Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/99-8915aefc

トラックバック

コメント

[C121] こんにちは!

同学年とはイマイチ、大変共感します。
我が家の小五の娘は、正論重視で言われたことは脊髄反射で言い返してしまうので(--;)下の学年からは、慕われますが上からは目の敵にされてました。高学年になって受け流せるようになり、女子の揉め事とは無縁なタイプなのでだいぶ平和になりました。またろう君のような平和でおっとりしたお子さんでも中学時代は大変だったのですね。私も学校生活の中で場の雰囲気に合わないために必要以上に自信を無くす事が心配だなあと思います。
  • 2014-10-21 08:45
  • コマさん
  • URL
  • 編集

[C122] >コマさん

同学年とはイマイチ、でもちゃんと成長してすごしやすくなったんですね(^^)

またろうは、やるべきことやらなかったりして明らかに邪魔というかおみそなところは小学校のときからアリアリだったんだけど、小学校のころは担任や幼馴染に恵まれて、うまくフォローしてもらえることが多かったんですよね。中学校に入ったらそういうのがなくなって、ズーンときちゃいました。

高専に入って留年したらなんかいい感じになったみたいなんだけど、あまり人にお勧めできる方法ではナイ(^^;;
  • 2014-10-21 12:00
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C123]

いや、でも安心して留年できる(うまく言えないですが(^^ゞ)環境というかアンダンテさんやよしぞうさんが、どっしりかまえて、またろう君の良い所を見失わなかったのが良かったんじゃないのかな、と。
結局親として、自信を失わないようにしながら本人の成長を待つのがいいのかな(^^ゞ試行錯誤しながらも。何かしらあったときに、何とかしなきゃって思うんだけど、娘と話すとあまりの純粋さと真っ直ぐさにはっとしたり。
  • 2014-10-22 12:40
  • コマさん
  • URL
  • 編集

[C124] > コマさん

はは、安心して留年されても困るというか、うちは下がつかえてるんだから、六年目の学費は貸すけど返してねとはいいました。

でもそれはそれこれはこれ。またろうのいいところはいいところで自信を持ってほしいとは思ってます。純粋って確かにそうですね。もうちょっと「うまく」立ち回ってほしいとか思うんだけどそれって性格なのかスキルなのか。
  • 2014-10-24 11:56
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人間関係力

またろう三歳児クラス

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

またろうのコミュ力というのは高いのか低いのか、わかりにくいところがあるんだけど、少なくとも三歳児のころはかなり高いように見えた。かなり共感的で人懐っこいタイプ。全力で人と関わりにいっている感じ。

11月14日 園より

チエちゃんと仲良く遊ぶのですが、そのうちに喧嘩になって叩き合いっこで泣いたりしていたまたろうくん、お互い様なのですぐ仲直りして遊ぶのですが、また喧嘩…の繰り返しでした。仲がいいほど喧嘩するとよくいいますよね。

某月某日 家より

今日は誕生日!!
土曜日は○○(ターミナル駅)に行って買い物をして、キリンさんの風船を買ってもらってプリクラして帰りました。
風船は、またろうがあまり喜んで見せびらかして歩いて、とびきりのニコニコを振りまいていたので、突然風船売りの前に行列ができたくらいです。

* * *

またろうの、つりこまれるような笑顔と、心底楽しそうなオーラは天下一品。またろうが買うとそのあとなんか売れまくっている、とか、またろうが入会した習い事はその後生徒が増えて栄える(笑)ということが多かった。

12月1日 家より

レイくんが遊びに来たとき、ふたりでブロック遊びをしながら
レイ「それカッコよくない」
またろ「またろうはこれカッコいいと思うんだからーせっかくだからーこわしちゃダメだよぉ」
…お、トラブってるなと思って様子を見ていると

またろ「ひとのをカッコわるいっていう人はビリッケツなんだよー」とか、まったく大人には理解できない言い争いののち、
レイ「じゃあ、またろうはそっちの車を作れ」
またろ「じゃあ別々に作ったあとで、それから…」
とあっという間におさまって、という目まぐるしい展開の中、全体としてはずいぶん協力的に遊んでいました。

* * *

こうしてみると、特に人間関係力が低いようには思えません。

それでも、小学校以降はどうしても同学年の子とはうまくいかないことが多くて、おみそになったりいじめられたり。学校以外で自由に遊ぶときはだいたい一学年下の子どもたちといっしょに遊んでいました。「上」とも「下」ともうまくいくし、特に年寄りと赤ん坊のウケは最強なんだけど。

やっぱり、またろうがルールや掟や場の流れに反していたり、妙なところにこだわったりするのが(同学年だと特に)目に付くのかなぁ。ずっと後の話だけど、高専でも、一年留年しちゃってからは(←よくないけど)、なんかクラスにうまく馴染めるようになったみたいです。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/99-8915aefc

トラックバック

コメント

[C121] こんにちは!

同学年とはイマイチ、大変共感します。
我が家の小五の娘は、正論重視で言われたことは脊髄反射で言い返してしまうので(--;)下の学年からは、慕われますが上からは目の敵にされてました。高学年になって受け流せるようになり、女子の揉め事とは無縁なタイプなのでだいぶ平和になりました。またろう君のような平和でおっとりしたお子さんでも中学時代は大変だったのですね。私も学校生活の中で場の雰囲気に合わないために必要以上に自信を無くす事が心配だなあと思います。
  • 2014-10-21 08:45
  • コマさん
  • URL
  • 編集

[C122] >コマさん

同学年とはイマイチ、でもちゃんと成長してすごしやすくなったんですね(^^)

またろうは、やるべきことやらなかったりして明らかに邪魔というかおみそなところは小学校のときからアリアリだったんだけど、小学校のころは担任や幼馴染に恵まれて、うまくフォローしてもらえることが多かったんですよね。中学校に入ったらそういうのがなくなって、ズーンときちゃいました。

高専に入って留年したらなんかいい感じになったみたいなんだけど、あまり人にお勧めできる方法ではナイ(^^;;
  • 2014-10-21 12:00
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C123]

いや、でも安心して留年できる(うまく言えないですが(^^ゞ)環境というかアンダンテさんやよしぞうさんが、どっしりかまえて、またろう君の良い所を見失わなかったのが良かったんじゃないのかな、と。
結局親として、自信を失わないようにしながら本人の成長を待つのがいいのかな(^^ゞ試行錯誤しながらも。何かしらあったときに、何とかしなきゃって思うんだけど、娘と話すとあまりの純粋さと真っ直ぐさにはっとしたり。
  • 2014-10-22 12:40
  • コマさん
  • URL
  • 編集

[C124] > コマさん

はは、安心して留年されても困るというか、うちは下がつかえてるんだから、六年目の学費は貸すけど返してねとはいいました。

でもそれはそれこれはこれ。またろうのいいところはいいところで自信を持ってほしいとは思ってます。純粋って確かにそうですね。もうちょっと「うまく」立ち回ってほしいとか思うんだけどそれって性格なのかスキルなのか。
  • 2014-10-24 11:56
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。