Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/84-8e92de74

トラックバック

コメント

[C107] すごくおもしろそうな講習ですね!!

行ってみたいです。
できることなら、子どもがもうちょっと小さい頃に、知りたかったけど。。

どうしたら、問題をするっと1問とばせるのか、
数え上げがなぜあんなに難しいのか。
なぞだし、どう対策を打つべきなのか、とても知りたいです。

今は、本人が落ち着いてきたのと、
年齢が上がって同じ魚だのの数え上げは問題にならなくなったのと。(笑)

それに、うちも漢字もすごく苦労しましたが、
最近、するっと覚えられるようになりました。
不思議です。
私は勝手に本人に漢字のストックがある程度できてきたせいで、
組み合わせで処理できるようになったのでは?と想像しています。

いつも、参考になる記事をありがとうございます。
  • 2014-09-15 19:20
  • なつし
  • URL
  • 編集

[C108] >なつしさん

そう、人生遅すぎるってことはないけど、この講演はやっぱり、もうすぐ小学校ってころに聞きたかったわ。

なつしさんのところは、何が気になっているのかにもよるけど、まだできることがたくさんある年齢だと思うけど。たとえば中学受験の勉強って、すごく大きなことだから、それをどんなふうにやるかで、まったく違ってくることもあると思うよ。

>最近、するっと覚えられるようになりました。
親がおたおたしてるうちに、本人がするっと階段を上っていくことって、あるよね…
  • 2014-09-16 22:03
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

漢字がどうしても書けないとき、何度も書く以外の方法

またろうは小学生のとき、学校で漢字教わって宿題で練習してテストで確認するという一般的な流れの中ではまったく漢字を書けるようにならなかったわけだけど…

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク


中学生になると、小学校で習った漢字の読み書きができないって、ほんとに困るんです。国語のテストの書き取りができないくらいだったらいいけど(よくないけど)、他の教科の学習もいちいちひっかかってしまいます。

それで、またろう中一のとき、私がしゃかりきになって漢字を詰め込んだことがあったんですね。だいたい小三相当までの漢字は大丈夫そうだったので、まず小四の漢字。毎日、まいにち、書かせて書かせてまた書かせて。

それで、漢検七級だったか(?)とにかく小四相当の合格はしたんだけど、いやぁ消耗しました。しかも、それだけ大変な思いをしたのに、覚えた分も速やかにスゥーッと抜けちゃって、元の木阿弥。空しかった。

今日、「視覚発達支援講習会」(@工学院大学)というイベントに行ったんだけど、そしたらあの手この手でいろんな学習支援があってほんとうに興味深かった。興味深いけれど、うちのまたろうもこじろうもそういう旬をとっくに過ぎてしまって、あぁあと10年早く知っていればねぇ。

だいたい、どうしても漢字が覚えられない子に何度も書かせてもはかどらないので、何かができないならその元になる活動をまず練習するとか、別の手で行くほうが平和でもあり成果も出るという…

視覚認知の面で問題があるならそこの援助、
手指の動きの面で問題があるならそこの援助、
集中の面で問題があるならそこの援助。

というわけです。この10年でその具体的方法のバラエティーは飛躍的に広がったんですね。

昔、ADHDの診断をもらっても、それは状況を把握して無駄な犯人探しをしなくていいという一歩前進(それだって大きい一歩だけど)以外の意味はあまりなくて、何をどうすればその困難を補っていけるのか、そういう専門家の知恵はほとんどなかった。

結局、またろうは、母が匙を投げたあと一年くらい経って、突然ほんとうに漢字が覚えられる時期を迎えたんだけれど。

今の知恵を持って10年前に戻れたら何か違っていただろうか??

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/84-8e92de74

トラックバック

コメント

[C107] すごくおもしろそうな講習ですね!!

行ってみたいです。
できることなら、子どもがもうちょっと小さい頃に、知りたかったけど。。

どうしたら、問題をするっと1問とばせるのか、
数え上げがなぜあんなに難しいのか。
なぞだし、どう対策を打つべきなのか、とても知りたいです。

今は、本人が落ち着いてきたのと、
年齢が上がって同じ魚だのの数え上げは問題にならなくなったのと。(笑)

それに、うちも漢字もすごく苦労しましたが、
最近、するっと覚えられるようになりました。
不思議です。
私は勝手に本人に漢字のストックがある程度できてきたせいで、
組み合わせで処理できるようになったのでは?と想像しています。

いつも、参考になる記事をありがとうございます。
  • 2014-09-15 19:20
  • なつし
  • URL
  • 編集

[C108] >なつしさん

そう、人生遅すぎるってことはないけど、この講演はやっぱり、もうすぐ小学校ってころに聞きたかったわ。

なつしさんのところは、何が気になっているのかにもよるけど、まだできることがたくさんある年齢だと思うけど。たとえば中学受験の勉強って、すごく大きなことだから、それをどんなふうにやるかで、まったく違ってくることもあると思うよ。

>最近、するっと覚えられるようになりました。
親がおたおたしてるうちに、本人がするっと階段を上っていくことって、あるよね…
  • 2014-09-16 22:03
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。