Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/75-bd8c2e2b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お兄ちゃんだもん

またろうの場合、三歳になるのとオムツ外しと、弟が生まれるのと親が休みに入るのと、そんなことがほぼ相前後していっせいに起こったことになる。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

* * *

12月某日 家より:
休み中にまたろうは一気に赤ちゃん返りしました。おむつをはきたがり、おしっこも教えてくれません。落ち着くまではと思い、様子を見ていますが、いつになったらおさまるやら。園でも手がかかると思いますがよろしくお願いいたします。

12月某日 家より
徐々に四人家族のペースがつかめて軌道に乗ってきました(親は)。こじろうが泣いているとそばに行って「またろうおにいちゃんが来たから大丈夫だよ~」とかかわいがっていますが、私がこじろうにおっぱいをあげているとちょっと急に甘えたくなって「お母さんのぼり」をして怒られたりしています。

12月某日 園より
朝の会をするのにお友達がイスに座り始めると歩き回ったり、トイレにいってジャンパー着て、靴下履いて帽子かぶってと散歩の準備をしているときは声をかけてもイスに座り込んでまったく準備しないまたろうくん、お友達が靴を履いていこうとするとやっと立って怒った口調で「まってよー」でした。

* * *

またろうの生活にとっては諸々「大激震」だったと思うので、しばらくはふだんよりわやくちゃになるのもしょうがありません。

そこから少しずつ抜け出してくるのは、こじろうが「かわいがる」「お世話する」対象として確立し、自分が必要とされている感じがしてきたからでしょうか…

* * *

12月某日 家より
昨日の夜から、吐くわ下すわで父ダウン。母は目が回る忙しさでピンチ! 結局、ワリ食ったのはこじろうで、わーわー泣いてもオッパイは後回し。その中でまたろうは比較的いい子で、おしっこもおまるにしにいくし、ごはんもきちんと食べました。今朝も着替えなどわりとスムーズに進みました。

12月某日 園より
今日は特別ウルトラマンの話は持ち出さなかったのですが、「またろうくん、シャキーンてやろう!」と励ますと結構パキパキとトイレに行ったり着替えたりしていました。「こじろうくんどこにいるの?」と聞くと「おうちでネンネ(^^)」と言っていました。

1月某日 家より
最近、またろうが紙製のらくがきボードが気に入っています。逆さにして「ぴょんきゅーた」(コンピュータのこと)と呼んでキーボードをたたくマネをします。らくがきボードのところにはもちろんウルトラマンの絵(^^;;

これをこじろうの枕元のところに持っていって、「ぴょんきゅーた、ぱちぱちぱち」と使うところを見せます。こじろうも、じぃーっと見ています。またろうがこじろうを見る目はほんとにいとおしいという感じで、かわいくてしょうがないみたいです。

* * *

同じころ、オムツはずしのごたごたもようやく収束し、生活全体がなんとなく落ち着いてきました。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/75-bd8c2e2b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。