Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/74-c24f90e6

トラックバック

コメント

[C101]

まったくおんなじで懐かしいくらいです・・・
うちはこの上に4歳の娘、5歳の息子1がいて、
娘もタイプは違うけど歩かなくなる(座り込んで泣き叫び続けたり)子だったので、
息子1は年長児として目立たないところでずいぶん頑張っていたのではないかと。
私も鍛えられました^^;

>またろう二歳のときの私の一番の困りごとといったら、「保育園送迎」。とにかく思ったほうに進まないので、大人が四分で行ける道をえんえん40分、ときには一時間。これは、「貴重な親子のふれあいタイムをだいじにしましょう♪」とかいって心穏やかに遊びながら帰っているからでは断じてなく、

おだてたり、おどしたり、
説得したり、
時にはひきずったり、

全身全霊を傾け一分一秒でも早く帰ろうとした場合の平均タイムが40分という意味である。異常だ。
  • 2014-09-02 10:55
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C102] >Yokoさん

行き来がさくさくできないのはほんとつらいですよね~
体力的にも精神的にも時間的にも。

お子さんの手を引いてすいすい歩いているお母さんをみると、どんな魔法を使ってるのかと思いましたが(^^;;

私もこじろうやはなひめならちゃんどできました。
なんだったんだー(怒)
  • 2014-09-03 21:18
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

オムツはずしとやだやだ期

二歳児が「ヤダヤダ」になるのは、まぁ定型発達の子でも当たり前だし、いったい、どのくらいが「ふつう」で、どのくらいてこずるのがふつうじゃないのか…

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

渾然一体としているのでわからない。とにかく、またろう二歳のときの私の一番の困りごとといったら、「保育園送迎」。とにかく思ったほうに進まないので、大人が四分で行ける道をえんえん40分、ときには一時間。これは、「貴重な親子のふれあいタイムをだいじにしましょう♪」とかいって心穏やかに遊びながら帰っているからでは断じてなく、

おだてたり、おどしたり、
説得したり、
時にはひきずったり、

全身全霊を傾け一分一秒でも早く帰ろうとした場合の平均タイムが40分という意味である。異常だ。

このとき私はお腹が大きくて、会社の荷物と保育園の荷物とまたろうを全部一気に抱えて強制撤去する技(よしぞうはこの手でやってた)は使えなかった…

それと、このころまずかったのは「オムツはずし」のこじれ。なんなく二歳くらいではずれる子もいるが(例: はなひめ)、またろうはなんか妙におしっこが近いこともあって、ずーっとひっぱって三歳近く。親も先生もそろそろなんとかしたい、と思ってしまうし、もうすぐお兄さんになるわけだし、ねぇ。

11月7日 家より

今朝はごはんを食べながら
「ママ、せんろもってきてごぁん、またろうに」
「ごはん食べ終わってから遊ぶんだよ」
「ママのいばりんぼ、ぷーだ」
「いばりんぼじゃないもん」
「おならぷーだ」
…つい口げんかをしてしまった。

園より
"反抗期またろう"に変身してしまい、おしっこをもらしていたので、「風邪ひくからはやく着替えちゃおうよ。」と言ったら横目でジロリと見て、「なんでだよぉー」との一言!! 給食のときはスープカップをフォークでズルズル移動させていたので「こぼれちゃうよ」というと「こぼれない!!」といって、ズルズルとずーーっとやっていました。難しいお年頃(-_-;;

11月8日 家より
きのう"反抗期またろう"状態はその前日パパにしかられたことと関係あるかもしれません。「おしっこ出てない??」と聞かれたまたろうが(出てることを知りつつ)「でてない」といいはったので「ウソついちゃダメだぞ」とまじめにお説教してるところ、またろうがふざけてごまかそうとしてゴッチンされました。

11月9日 園より
今日は寒かったので30分ほどでおしっこが出てしまいました。「おしっこ出てるよ」といわれるのが嫌みたいで、言われるとそっぽを向きます。

食事前は、「トイレ行こう!!」のひと声でトイレへ行って成功しました♪

* * *

このころの連絡帳を読むと、怒られるにしてもほめられるにしてもトイレがらみで、またろうもうんざりしてたのかなと思います。おしっこがものすごく近かった(短いときは15分)のも、精神的なものがあったかもしれません。そんなこんなで、なんだかやっかいな二歳末期でした。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/74-c24f90e6

トラックバック

コメント

[C101]

まったくおんなじで懐かしいくらいです・・・
うちはこの上に4歳の娘、5歳の息子1がいて、
娘もタイプは違うけど歩かなくなる(座り込んで泣き叫び続けたり)子だったので、
息子1は年長児として目立たないところでずいぶん頑張っていたのではないかと。
私も鍛えられました^^;

>またろう二歳のときの私の一番の困りごとといったら、「保育園送迎」。とにかく思ったほうに進まないので、大人が四分で行ける道をえんえん40分、ときには一時間。これは、「貴重な親子のふれあいタイムをだいじにしましょう♪」とかいって心穏やかに遊びながら帰っているからでは断じてなく、

おだてたり、おどしたり、
説得したり、
時にはひきずったり、

全身全霊を傾け一分一秒でも早く帰ろうとした場合の平均タイムが40分という意味である。異常だ。
  • 2014-09-02 10:55
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C102] >Yokoさん

行き来がさくさくできないのはほんとつらいですよね~
体力的にも精神的にも時間的にも。

お子さんの手を引いてすいすい歩いているお母さんをみると、どんな魔法を使ってるのかと思いましたが(^^;;

私もこじろうやはなひめならちゃんどできました。
なんだったんだー(怒)
  • 2014-09-03 21:18
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。