Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/73-54df9b90

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

またろうが同じでも年齢が進むと

一歳児クラス後半と、二歳児クラス前半の記述を比べると、またろうがまたろうであることにあまり違いはなく、集団から遅れを取るのが基本ペース。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

5月15日 園より

朝、剣を作ったらすっかり気に入って、部屋にいるとすぐ剣を持って遊んでしまい、給食前はトイレにも行かず、行っても今度はパンツをはかないで剣を持って遊んでしまうまたろうくん、給食も食べ遊びがひどく、下にいっぱいこぼしていました。

* * *

親の目から見ると、それは連続していて、ただまたろうはそういうものとして捉えていたんだけれど(というか、よそ様のお子さんがどのくらいまたろうと違うかについてよくわかってなかった)、学年というかクラスが進むと、先生から見た位置づけは^変化していました。

一歳児というのは、赤ん坊からようやく一歩抜け出したばかりのところで、いろんなことができるようになったり、体が大きくなったり、ヤダヤダいうようになったり(言葉を替えていえば、自我がはっきりしてきた)、もうそれで、それだけで、いいんです。

何かやっかいなことがあっても、大人がどうにかしてフォローします。いちいち怒る人、いませんよね? (少なくとも、いたら、保母さんには向いてない)

でも、二歳児クラスになると…

「プレ幼稚園」というか、三歳児クラスとして20人にひとりの担任しかつかない「幼児」になる前の準備の一年として位置づけられているので、集団としてまとまって行動できず、ひとりはみ出して大人の手がかかるのは、「今すぐ」でなくても「今年のうちに」なんとかすべき問題として捉えられるのです。

またろうは我が家にとって一人目だったので、そういうことも全然わかっていませんでした。

だから、個人面談で、「またろうくんは、集団についていけてません」と切り出されたときは大層ショックで、
そこが我が家の長い長い5000日の始まりでした。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/73-54df9b90

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。