Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/65-d1704840

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

だんだん楽になる

またろう小学三年生

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

「文字を読む」ハードルが高くて、読み聞かせは好きだけど、自力ではコロコロコミック程度もなかなか楽しめなかったまたろうだけど、小学校二年生のときの担任が「予言」した、「本の虫になるかもしれませんよ」が実現するきっかけは案外早く訪れた。

* * *

12月5日(木):至福のとき

ここ数日、「ルドルフとイッパイアッテナ」にハマっているまたろう。宿題で「自由学習(?)」という項目があるので、そこを埋めるために選んだのがきっかけだが、こんな長い話(しかもほとんど字)を自力で読むのはほんとに初めて。新鮮だったらしい。

読むのがのろいので、10ページずつとか、でも熱心に読んでいて、ときどきにこにこと顔をあげ、「ルドルフは、楽しいなっ」

どれくらい熱心かというと、「またろうくん、お風呂入って!」を5回以上言われて(←だんだんヒートアップ)、「ちょっと、何回いわせるのっっ!!」と本を取り上げられて「ん?何かいった?」ってぐらい。

***

今日帰宅途中、またろうから電話があり、「冷蔵庫にプリン1個だけ余ってるでしょ。これをおやつに食べていい?」「いいよ」というと「やったっ!」と切れた。

家に着いてみると、こたつむり状態で腹ばいになって、プリンを食べながら「ルドルフとイッパイアッテナ」を読んでいる。(*^-^*)すんごい、しあわせらしい。
 
#夫のところには、「こたつつけていい?」という電話があったそうだ。

12月8日(日):ハリポタまでの長い道のり

子連れだと映画をみにいくというだけのことも何かと面倒…
・親は見たくない映画(デジモンなど)の場合:これは今まで、夫がまたろう・こじろう引率、私がはなひめとお留守番というパターン。この前ははじめて、入り口まで連れて行って、またろう&こじろうだけ入れてしまい、また終わるころ迎えにいく(その間は買い物)というパターンを開発。
・子は見たくない映画の場合:これは現在、未解決の課題となっているが、今後は上記の応用で、子どもだけ別映画に入れておいて親は見たいものをみる、というのも時間によっては可能か?
・親も子も見たい映画の場合:前回のハリーポッターは「えいや」と全員で入った。はなひめは「しゅっしゅっぽっぽ(ホグワーツ特急の出発)」まで見てあとは昼寝したのでことなきを得たが。

今回は昼寝してくれにくくなっていると思われるのでさらに困難かも。起きているとすると、はなひめは大変怖がりなのでだいぶまずい。

でも大胆にも全員で映画館に乗り込んだ我が家。しかも3時間近くある超大作。でも、結果から先にいうと、最後まで無事楽しめました。はなひめは怖がってはいたけど、パパのおひざなら大丈夫(怖いときはパパでないとダメ)。話がわかるわけではないからたぶんすごくつまらなかったと思うんだけど、飽きて騒ぎ出さないところがえらい!

またろうとこじろうの方が、ストーリーがわかるだけにマジ怖かったらしい。でも、こじろうはときどきパパの腕をぎゅーっとしながら最後まで見たし、またろうはひとりで(^^;;パパのコートを借りて頭からかぶり、怖いときはそれをぎゅーっと引き寄せて隙間から見るように「工夫」していました。
#あとで「暑かった」といっていました

実はまたろうのほうはまだちょっと要注意で、「あれって**でしょ」とか「***だ!」なんてしゃべりたくなったときにどうしても抑えられないのだ。昔よりは100倍マシになったけど。周囲も、子どもが多くてなんか口に出しちゃう子もいたから、めだたない程度でなんとか済んだ。これも大きな大きな成長だ(当者比)。

無事5人で映画見られるなんてねぇ。ここまでは長い道のりだった。

映画のあとは昼ごはん。全員一致で「とんかつ茶漬け」の店に決定。四人席に子ども椅子をプラスしてはなひめを座らせ、子どもたちにそれぞれご希望のもの(こじろう、はなひめはお子様セット、またろうはとんかつ茶漬け)をあてがっておけばそれなりに落ち着いて食事ができる。ごはん食べる前にジュースをおかわりしていたりとか、そういうのは平和のためあまりめくじらを立てないでおく。

子ども椅子や子どもメニューが充実しているせいか、見ると周囲も子連れ。まだ小さい赤ちゃんを抱っこ(4、5ヶ月か?)して無事食べている夫婦もいるし、自分で食事できる幼児がいるテーブルも…

でも、1テーブルは苦戦中。一歳前後かとみえるその子は、よく動くタイプらしく、ちょっとおもしろそうなものに手を出してはがちゃん、という感じで落ち着かない。お店の人に替えのお箸を持ってきてもらったり、夫婦で交代して抱っこ(押さえつけ?)しながらせわしなく食べていたが、最後のほうでは「ほらみなさい、他の子はみんな静かに食べてるじゃないの!」とイライラした様子のお母さん。
#もちろん、いいきかせてどうなるという年齢ではない

いやね、うちだって、こうなるまでには苦節8年、長かったんです。長いけど、確実に楽になるから。うちはもっとすごかったんだよーと見せてあげたい…

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/65-d1704840

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。