Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/64-0611459f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

叱り方研究

またろう小学三年生

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

12月3日(火):叱り方研究

昨日の宿題は算数プリントだったが、例によって持ち帰り忘れたまたろうはそれをすることができず、父の指示により(昨日のお迎えは夫)代わりに学校の算数ドリルをやった。

そのとき「プリントと同じくらいのところをやるように(余り のある割り算)」と言われたらしいが、今朝私が丸つけしようと広 げてみると、またろうはもっと楽チンなページを賢く(?)厳選した らしく、「3÷3=」「8÷8=」「0÷2=」など、答えが1か 0になるページがやってあった。

私が「なぁ~にこれ、またろうくん、早くできるところを選んだでし ょう」というと「えへ(*^-^*)」と照れてる(あるいは自慢げ? (*)) またろう。ところがパパはそれを聞いて「ずるいぞまたろう!ちゃんといったのに、パパをだましたな」

さらにまたろうが、ぷーたらふざけていて、まじめに聞かなかったので厳しく追及され、またろうは自室の二段ベッド上にこもってしまった。

この場合、単に「このページもやりなさい」と示して追加でや らせるのか、「ずる」したことを追及するのかでだいぶ雰囲気が違ってくる。

「ちょっとフォローしてきて」といわれて二段ベッドをのぞき にいき、「またろうは、だまそうと思ったんじゃないんでしょう」 というといちおう反応あり。「楽なページどれかなって選んじゃっ ただけでしょう。だまそうと思ったんじゃないよ、ってお父さんにいってきたら」これはいちおうまたろうの思っていることにヒットしたらしいが、しかし落ち込みはげしく、ぐじぐじ泣いていて出てこない。

お父さんたら、この忙しい朝っぱらから、「ずる」まで踏み込んで攻めなくてもいいのに(うっとぉしい)と思わないでもなかったが、まぁ「怒る」というエネルギーのいることを自分でない人がやってくれてる だけでもありがたいと思わなくては??

***

昼休み、ごはんを食べながら、同僚にその話をしていたら、 「叱り方」の話になった。「もうおかあさん知らない、とかいっち ゃいけないっていうじゃない?」とあるひとりがいい、「そんな子はうちの子じゃない、出て行きなさいみたいのもね。子どもにはどうしようもないわけだから」ともうひとり。

「もう知らない、なんて一日にひゃっぺんくらい言ってるよ」 と私。「うちもー」。「はなひめにパンツはかせようとしたらトット ットって逃げてっちゃうから『じゃーもうお母さん知らない、手伝 わない』とか、『またろうくんの宿題なんだからね。もうお母さん知ら ない』とか」

「私は、『お母さんもう疲れちゃったから、お母さんするのやめたい』とかいうな」「え、それって、でていきなさいと似たよう なもんじゃないの?」「ん?だめかなやっぱり」

するとまた別の人が「私は昔、母親に『あんたなんか生まれてこなければよかった』といわれたのがものすごくショックで、いまだに許せない。自分でもこれだけはいわないようにと思ってる。 『産まなければよかった』のほうがまだましだと思わない?」。

一同、そこでうーんと考え込み、「じゃ、『お母さんもう疲れちゃったから、今日はお休みにする』といってみようかな」などと 言い方を変える研究に。「おかあさん知らない」くらいはどってことないと思っている私はちょっと感覚がマヒしているかも。
 

(*)ほんとうは、簡単なページを選ぶという工夫を考え付いたことをほめてほしかったのかも??

* * *

「あんたなんか生まれてこなければよかった」「疲れたからもうお母さんやめます」はちょっとよくないかなと思うけれど、素直に指示に従わないなら宿題のサポートをすることはできないということで「もう知らない」ってくらいはいいんじゃないかな。もともと、本人の宿題なんだし、お母さんが知らなくたって。

要するに、あんまり範囲を広げて生活や存在の根底を揺るがすようなことはいわないで(「あんたなんか生まれてこなければよかった」)、個別・具体的に今やるべきことについて脅すくらいはまぁいいんじゃないかなと思うんだけど。

それとは別に、本人の意図でないところにいきなり踏み込む(「だましたな」)よりは、本人の気持ちを受け止めたうえで(「早く済むものを考えて選んだんだね」)、それじゃダメなんだということを説明したほうがいいだろうけど、まぁ日常いつもいつもそんな、後から落ち着いて考えたようにはいかないやね。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/64-0611459f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。