Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/59-c66a423a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

泣けなかった悔しさ

またろう小学三年生

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

10月28日(月):泣けなかったくやしさ

ことの起こりは、またろうの音読の宿題に出てきた「あさがおのつる」。「つる」という言葉で「つ」を高く読んだまたろうに対して、パパは「る」を高く読むように指示。それを聞いた私は、またろうを支持して「つ『る』(『る』を高く読む)は富士弁なんじゃないの?」。
#注:夫は富士市生まれ、私は東京生まれ。実際のところ、どう読むのが標準弁かわかりませんが

で、パパは富士市で生まれたんだよ、とか六年生になるときに引っ越してきたんだ、という話になりました。「えーそんなときにお友達と別れたの?」とまたろう。「その前にも一回、小学校を変わっているから、パパは小学校三つ行ったんだよ」

「じゃ、あんまり、そのへんで、小学校のときのお友達にばったり会って『やあ』とかいうことないの?」「ないねぇ。それで、またろうやこじろうがそういうことにならないように、保育園や小学校のうちはなるべく引っ越さないようにしようって思ってるんだ。前にね、パパの職場がお引越しになったとき、通えないからお家のお引越しもしなきゃいけなくなっちゃうから、仕事を変わって、ここの家から動かなくていいようにしたことがあるんだよ」

それを聞くとまたろうは、パパがかわいそうになったのか、はたまた自分がお友達と別れなくていいようにしてくれたのがうれしいのか、ぽろぽろぼろぼろ泣き出しました。ぐし…ぐし…と涙をふくまたろうに、夫は「泣くことないよー。でも、パパはそんなまたろうが大好きだよ」。するとすかさず、はなひめが「パパははなちゃんのこともすき!」と断言します。あわてて「もちろんはなちゃんのことも大好きだよ」

そこまで静かだったこじろうですが、あとからぐじゅぐじゅになってしまいました。なんでも、自分も、パパのことがかわいそうだなと思ったのに、お兄ちゃんに先にぽろぽろ泣かれてしまい、泣いたりなにか言ったりする機を失っているうちに、パパが「またろうのことが大好きだよ」なんていうもんだからくやしくて…

何がくやしいって、いつも何でも素直に気持ちを出せるまたろう兄と、つい出しそびれる自分。その彼我の対比がくやしいというわけです。くやしさと悲しさをこらえて「うーーーぃぃぃぃ」ゆがんだ顔のこじろうでした。いやはや。

* * *

いつも感情ストレートのまたろうと、ボキャ貧の上、空気がわからんこじろう。親の関心はとかくまたろうに集まりがちだし(またろうでなければはなひめ)、こじろうにとっちゃいろいろと溜まることもあっただろう。

このころのこじろうと今のこじろうって、ほとんど別人なんだよね。

またろうはいつでもまたろうなんだけど。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/59-c66a423a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。