Entries

グレーなゾーンは連鎖する!?

またろうの父、よしぞうと知り合ったのは大学生のときなので、その前どんなだったかを直接知ってるわけじゃないけど…

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

話に聞くに、
・ランドセルの中身を全部川にぶちまけちゃったことあり。教科書とか乾かすの大変だった(もちろん乾いてもびろんびろん)
・お父さんがめずらしく授業参観行ったのに、よしぞうは一時間じゅうシャーペンを分解・組み立て・分解・組み立て…としており、恥ずかしいからもう行かないとキレられた
etc.

どうやらまたろうと同じ星系の住人で、ただもうちょっと多動寄りなのかなという印象。よくなんでも分解しちゃうので「壊し屋○○ちゃん」と呼ばれてたって(^^;;

だいたい、息子が学校に適応できずあぁのこぅの苦労しているうちに、そういえばお父さんが小さいころ同類だった。いや今でもちょっと。。みたいな話になることはよくある。昔はADHDの診断とか、そういうことはいわなかったけどね。

よしぞうは留年こそしていないけれど、私と出会ったとき(大学二年秋)、すでに必修単位を9単位落としていて崖っぷち、というよりもう落ち確定くらいの状態だったのだ。それを、裏技・気合・人脈もろもろ活用して大どおし、進級をもぎとった(私も「人脈」の重要な一人として英語の単位を取る協力などさせていただきました)。それでのちに「奇跡の人」とあがめられ、単位を落としまくってピンチな人から相談を受けることになった(笑)。

結婚してからも、修論発表会の資料作りが間に合わなくて、私もいっしょに大学に泊り込んでコピー切り張りなどしたものだ。

ほかにもっとブナンで優秀な人とかいたと思うんだけど、なぜよしぞうにひかれてしまったのだろうか…

いや後悔してるわけじゃないんですけど。人生退屈しないし。でも、この人と結婚すると、またろうみたいな子が生まれます、ってところまでインフォームド・コンセントがあったわけじゃない。

かくいう私も、幼少のみぎりは「生活偏差値の低い子」「帰ったあとにはかならず何か忘れ物がある」とかいわれていたのであまりいばれたものではないけれど、学校不適応だったことはないので、いちおう「グレーゾーンがすぐ近くに見える白」くらいではないかと思う。

そしてよしぞうと私の組み合わせでまたろうが生まれたんだけれど、またろうは、よしぞうが持っていた「勝負強さ」「気合」みたいなのは置き忘れてきたらしくて、全体にもっとぼわーっとしていて(これは私側のブレンドかもしれない)、でもその代わりになんかやさしさというか思いやりというか、まったり感に満ちたキャラクターになった(これはオリジナル)。

よしぞうやまたろうみたいな人は、大人になるとそれなりに自分の苦手を補うすべを身に着けて、なんとかなってるように見えてちゃんと生涯の伴侶もゲットして仕事もそれなりにこなすが(そうあってほしいものだ)、子どもが何人かできてみると、「あ、そういえばこんな子いたわ」ってことになるのかしらん。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/54-f01eff35

トラックバック

コメント

[C71] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C73] >2014-07-15 22:53さん

本をお読みいただきありがとうございます(^^)
「広い意味での…」と言われたのですね。どういうくくりにするかは別として、新奇場面に弱く、空気が読みづらく、となると、学校でコンスタントにうまく渡っていくのはしんどいですね。まぁうちではまたろうよりこじろうが激しくそのタイプでしたが、公立中のまたろうより、私立中のこじろうのほうがずっと楽です(^^;;

新しい関係を作る時期にははりきってがんばったのですね。夏休みにはちょっと休憩できて、元気回復するといいですね~
  • 2014-07-16 18:39
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C78]

自分自身がかなりグレーゾーンだと思う私です。
息子は小3で検査まで受けましたが、かなりのデコボコはあるものの既定に当てはまらずでした。

息子の考えてることが(夫は全くわからないらしいのに)手に取るようにわかる場面があったりもしましたし、反対に「自分と似たようなレベルで済むだろう…」と下手に自分がなんだか経験があるだけに思っていたら、想像をはるか越え私のキャパをも越える事の連続にワヤクチャな育児生活でしたが息子も19才になりました。(なんとか大学1年になりました)

>大人になるとそれなりに自分の苦手を補うすべを身に着けて

うーん、本当になんとかなって欲しいです!!!
もうもう切実に思います。
(つまりまだまだ心配!)

そんな自分自身は文明の利器とか家族とかプロに頼りつつギリギリのレベルでこなしている家事がいくつか。
(苦手なものは本当に人の何倍もかかるので。)
でも、人にお金や信頼のもとに頼れるのも自立ってことで。。。
  • 2014-07-21 00:48
  • DOLA
  • URL
  • 編集

[C79] >DOLAさん

私も文明の利器やら家族やらプロやらに頼ってます(^^;;
まーいいんじゃないですか、近眼ならメガネかけるみたいな。

> 「自分と似たようなレベルで済むだろう…」
似ててもやっぱり違いますよね。違う人間だし。時代も違うし。
よしぞうとまたろうも、ベースが似てるだけで出方がぜんぜん違う。

結局、出たとこ勝負で合わせて考えるしかないんですよね。

> (なんとか大学1年になりました)
親ができることはあとほんのちょっとですかね(^^;;
  • 2014-07-21 19:06
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR