Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/5-e5bfee80

トラックバック

コメント

[C9] そうでしたか・・

コウ太も、非常にゆっくりなタイプで、着替え、移動、お弁当などビリ争いしてて(遅いことをなんとも思わない。競争意識がない)イライラしたものですが、またろうくんはそうでしたか・・。みんな行っちゃったあと教室に残ってたんですね^^;
それはさぞかしご心配だったことでしょう。

何で聞いてないの?何でやり始めがこんなに遅いの?みんながやってるのに気づかないの?と悩みまくりましたが、成長するものなんですね。もちろんまたろうくんも^^

コウ太の幼少期を思い出しながら、またろうくんの記事を楽しみに読んでいます!
  • 2014-01-02 23:27
  • くるみ
  • URL
  • 編集

[C10] >くるみさんへ

>何で聞いてないの?何でやり始めがこんなに遅いの?
ほんとに(-_-;;

少なくとも周りを見ろと。

うちは三人全員、だいたい集団から遅れを取っていた(る)のですが、下二人はまだしも周囲が目に入っていると思われます。
  • 2014-01-03 09:44
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

先生の困りごと

宿題を出せないことや、授業中に話を聞いていないことは、先生が困ることというよりは、またろうの今後を思って心配していることだ。

今後、学習が成立していくためには、何が必要かということ。またろうの頭が特に悪くなくても、学習をすることができなかったら、勉強はできなくなってしまうし、学校もつまらなくなってしまうだろう。学習の中身が「ちょぼちょぼ」である間になんとか「学習をすること」が軌道に乗るようにするにはどうしたらいいのか??

しかし、先生が「実務上」一番困っているのは、またろうの「支度+移動」で悠久のときが流れてしまうこと。

たとえば、先生がクラス全員に向かって、
「次は体育だから、着替えて体育館に集まりましょう」
と声をかけたとき、着替えはサッとできる子ものろい子もいるだろうけど、多少前後しつつも移動していく。たとえ先生の話なんか聞いちゃいない子であっても、大概は、周りが着替えているのを見れば、慌てて着替え始めるだろう。

そんなこんなで、早い遅いの違いはあっても、みんなが体育館に行ってしまって、教室ががらんとしてしまっても、そこでなお悠然としているのがまたろうというわけだ。

あるいは、授業が終わったとき。みんなはガタガタと教材その他をランドセルに片付けて、三々五々帰っていくけれども、そこでまだ支度をせずのんびり構えているのがまたろう。

またろうが残っているので、先生もしかたなく教室に残って用事などをしていると、またろうはなんやかやと先生に話しかけてきたりして、にこにこと懐っこいのはいいんだけど、とにかく終わらない。

先生がいると余計のろのろしちゃうかな? と思って先生がわざと職員室に用事を作ってその場を離れ、しばらくしてから戻ると、あるときはまたろうがいなくなっており、よかったなと思ったが…

あるときは、まだまたろうがいて(支度もしてなくて)、自分が座った形のまま椅子を仰向けに倒し、天井に向かって歌をうたっていたとか(-_-;;


秋以降、そういうことも減ってきたそうなのだけど、それはまたろうが成長したというよりは、先生がまたろうを動かす声かけのツボなどをつかみ、また、声かけをしないで自分から動けるまで待たなければというこだわりをなくし(あきらめ)、うまくまたろうの行動を後押ししたこと、またろうもそれに噛み合って行動できるようになったことによるものが大きい。

つまり、二年生になって、担任の先生が代わると、リセットされてしまう部分が「お互いに慣れただけ」という部分。一年の最初よりマシになっている部分が、またろうの成長。というふうに弁別される。

「支度と移動で『またろう時間』が流れてしまう」という問題は、二歳児クラス時代から結局変わっていない。そう思うと、出口が見えない気分になる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/5-e5bfee80

トラックバック

コメント

[C9] そうでしたか・・

コウ太も、非常にゆっくりなタイプで、着替え、移動、お弁当などビリ争いしてて(遅いことをなんとも思わない。競争意識がない)イライラしたものですが、またろうくんはそうでしたか・・。みんな行っちゃったあと教室に残ってたんですね^^;
それはさぞかしご心配だったことでしょう。

何で聞いてないの?何でやり始めがこんなに遅いの?みんながやってるのに気づかないの?と悩みまくりましたが、成長するものなんですね。もちろんまたろうくんも^^

コウ太の幼少期を思い出しながら、またろうくんの記事を楽しみに読んでいます!
  • 2014-01-02 23:27
  • くるみ
  • URL
  • 編集

[C10] >くるみさんへ

>何で聞いてないの?何でやり始めがこんなに遅いの?
ほんとに(-_-;;

少なくとも周りを見ろと。

うちは三人全員、だいたい集団から遅れを取っていた(る)のですが、下二人はまだしも周囲が目に入っていると思われます。
  • 2014-01-03 09:44
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。