Entries

アマゾンから予約できます

またろう本が、アマゾンから予約できるようになりました!! (発売は7/11予定)

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

* このブログを初めてご覧になる方は「またろう紹介」からお読みいただくとわかりやすいと思います。

アマゾンリンク↓
「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」
アンダンテ、ダイヤモンド社


またろう本表紙

--------【まえがき】より:
 保育園の個人面談で言われた「またろうくんは、集団についていけてません」の衝撃から、私たち家族の「5000日」は始まりました。まだ二歳児クラスですから、三年保育の幼稚園なら始まりもしないうちからの、早すぎる落ちこぼれ宣告です。
 またろうは、言葉の発達など知能はおそらくふつう、運動能力なども多少鈍いくらいでまぁふつう、性格は人懐こくて温厚、なのになぜ、こんなに家でも園でも、生活が回らないのか…
 保育園と家庭と二人三脚の試行錯誤が続く中で、いろんな子育て本を読み漁り、あるカテゴリーに辿り着きました。「AD/HD (注意欠陥多動性障害)」。このうちの、注意欠陥が優勢なタイプは、まさにまたろうのことと思えました。
 「障害」というとなんだかおっかない響きですが(注: 現在の名称は「注意欠如・多動症」となり、雰囲気がちょっと和らぎました)、わが子がこのカテゴリーに当てはまるかもしれないと思ったときの気持ちは、
 奈落の底に叩き込まれた
というようなものではなくて、むしろ
 鉱脈を探し当てた
という気持ちに近かったんです。
 だって、実際、既に困っているんですから。どういうラベルを貼ろうが貼るまいが、またろうはまたろうなんです。だから、適切なカテゴリー付けをして、そこに集まっているノウハウがそっくり手に入るとしたら、その分はもう「お得」でしかありません。

----------

 私は昔、作文が苦手な子でしたから(^^;; 自分がこんなに文章を書くようになるとは思いもよりませんでした。
 私をこんなに「記録魔」にしたのは、またろうです。

 書くということは、毎日どたばたと起こるどうしようもない出来事を少し離れた視点で見ることでもあります。そうしないとやっていけなかったんです。また、書くことによって、いろいろな場面で「サポーター」を巻き込んでいくこともできました。

 ただし、「書くこと」の中には、生々しくてオープンにはできなかったことも多々あり、そのひとつが「発達障害」または「AD/HD」というキーワードでした。

--------【まえがき】末尾:

 またろうが二十歳になった今、過去の記録を振り返り、成長の足跡をまとめる機会をいただいたことをたいへんうれしく思っています。そして、困っちゃうのに憎めない全国の「またろう族」を子どもに持つ、まだ渦中にいる親たちが少しでも楽になり、前に進むヒントとなることができましたらそれにまさる喜びはありません。
--------

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/47-b5857fcd

トラックバック

コメント

[C61] 本、予約します

息子はまたろうくんと傾向がちょっと違いますが、2歳のころに自閉傾向のグレーゾーンと指摘を受けました。
3歳まで言葉が出ませんでした。
その時から私の苦悩が始まりました。一人っ子だったので余計に。
(早くから文字が読めて、数字に強く、一人で遊べるいい子、が一変)

パッと見普通で、知的な遅れもなく、立ち歩いたり、かんしゃくもなく、引き出しやお道具箱も綺麗だったので^^;、周りの協力を得られなかったのが(担任にも夫にも)辛かったですね。
そのころアンダンテさんに出会えてたらなあと思います。

言葉をたくさん引き出そう、周りを見れるように、いじめられないように、と一人で頑張ってきました。
今思うと、もっと違うやり方があったと後悔する部分がたくさんありますが・・。

今も扱いにくさはありますが(思春期もあって)、スムーズに会話ができて友達関係も良好であることをもっと喜ばなくてはなりませんね^^;

またろうくん、応援しています。
  • 2014-07-04 07:50
  • くるみ
  • URL
  • 編集

[C62] >くるみさん

ちょっと違うけどちょっと似てるところもあるみたいですね。話を聞くと…

一人っ子だと逃げ場がない分がつらいですね。
> 言葉をたくさん引き出そう、周りを見れるように、
> いじめられないように、と一人で頑張ってきました。
あー、、
そうなんですよね。私もそう頑張ってきた、といいたいところですが、いかんせん、私の気を散らすものが多すぎて、あまり頑張れませんでした。

くるみさんの息子さんも、またろうも、なかなかはるかな道のりを歩いてきて、今なんとかなりつつある…のかな?? だといいな(^^)
  • 2014-07-04 20:45
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C63]

私もAmazonで予約注文を済ませました。本当に楽しみです。
Blogのカテゴリーなどに発達障害やグレーゾーンという単語が並び始めた時には(今までそういう表現が全くなかったので)とても驚きましたが、全国の「またろう族」のお母さんたちがアンダンテさんやまたろうくんのことを知るきっかけが増えたと思うと嬉しくなります!
心優しく、きらりと光るすてきな個性を持ち、情緒が安定して自己肯定感が高そうなまたろうくんの成人した姿は、私にとってひとつの希望の星です。
するべきフォローは冷静に、でも必要以上に焦らず苛立たず、子どもの成長をのんびり信じる。そんな母に私もなりたいです。
  • 2014-07-07 00:08
  • ちひろ
  • URL
  • 編集

[C64] >ちひろさん

これまで、そういう表現は避けて、診断を受けに行ったころ(小二)のいきさつも全部伏せてきました。

またろうも大人になったので、こういう本を出すということを相談して、むしろ「発達障害グレーゾーン」というカテゴリー名に母の愛と知恵が詰まっている(^^)という本を作る!! と宣言しました。
  • 2014-07-07 20:42
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR