Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/4-e4495938

トラックバック

コメント

[C7] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C8] > (2013-12-31 19:44)さんへ

そうですね、「できるはず」といわれても、どうすればやることができるのかが不明なので、受け止めようによっては追い詰められてしまいますね。

またろうの場合、担任の先生は「やればできるのに」のスタンスながら、非常に温かくて力量のある先生だったので、「やなかんじ」ではなかったのですが(^^;; それでも「出口がみえないかんじ」ではありました。

本人の状況が同じでも、担任によって快適度は天と地の差がありますからね。ほんと、祈っちゃいますね。またろうは相当「引き」がよかったと思います。
  • 2014-01-02 00:19
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C14]

やればできるのに。
またろうくん系の子に付き物のセリフなんでしょうか。
うちの長男も年少さんの頃から今に至るまでずーっとずっと言われ続け、私も言い続けた言葉です。
小学校では理解ある先生に恵まれているのか、男子にはこーいうタイプが割とちらほらいるせいか、比較的温かい「やればできるのに」なのですが、中学校からはどうなってしまうのか、単にわざと怠けてるだけと思われて先生から反感を買ってしまわないか、母は今から非常に心配しています…。
  • 2014-01-06 22:35
  • ちひろ
  • URL
  • 編集

[C16] >ちひろさんへ

「やればできるのに」は、先生に言われると落ち着かない気持ちになるくせに、自分では連発しちゃったり(^^;;

先生は、いろんな先生がいて、相性は良かったり悪かったりだったけど、相性はよくなくても先生から反感を持たれるということはなかったと思います。またろうからは悪意オーラがまったく感じられず、ただすべてが茫洋としてるだけだからね(笑)
  • 2014-01-08 20:55
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

またろうくんは、やればできるのに

面談などのとき、よく言われたフレーズは「またろうくんは、やればできるのに」というもの。

言語理解はできている、先生に反抗しているわけでもない、稀に「やる気」になればちゃんとできている。
ということは、「やればできる」というのは正しいのですが、親としてはなんとなく責められているような気になるのも事実です。

先生としては別に責めているつもりはないんでしょうけど、「おうちでも言って聞かせてあげてください」というような期待はされているようでした。しかし、そんなことでどうかなるなら、二歳児クラスからえんえん足掛け五年間、そんな問題を引きずってはいません。

「やれば」…どうすれば、「やる」のか!?

一年生のときの担任の先生は大ベテランで、非常に力のある先生でした。一年生39人をたった一人で束ねるなんてほんとうに大変なことですが、秋の参観のころにはやわらかくもしっかりした秩序のある授業進行が行われていました。

その中で、集団への声かけでは容易に動かない子(またろう)が混ざっているというのはやっかいなことですが、個別の声かけで補足したり、ほかの子がやっていることに注意を向けさせたりすることも混ぜながら、春よりずいぶん滑らかに授業に参加できていました。

時には、またろうを黒板の前に呼んで、みんなのほうを向かせて、「今、みんなは何をしているかな?」と見せることもあったそうです。

一年生の最後のころになると、転入生も入れて42人に膨れ上がっていたクラスですが、おだやかにまとまっていました。またろうもずいぶんちゃんと授業に参加できるようになったということで、先生はまたろうの成長をほめ、親の「ご協力(?)」をねぎらってくださいましたが、実際のところ、親の声かけがどのくらい効いてたかはよくわかりません。

またろうの成長のほうも、そりゃもちろん一年間の成長というのはあるでしょうが、授業参加が滑らかになったことのかなりの部分は、先生とまたろうのコミュニケーションというか「間合い」がうまく噛み合って、疲れずに進行できるということに支えられていたような気がします。つまり、先生とまたろうがお互いに「慣れた」ということです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/4-e4495938

トラックバック

コメント

[C7] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C8] > (2013-12-31 19:44)さんへ

そうですね、「できるはず」といわれても、どうすればやることができるのかが不明なので、受け止めようによっては追い詰められてしまいますね。

またろうの場合、担任の先生は「やればできるのに」のスタンスながら、非常に温かくて力量のある先生だったので、「やなかんじ」ではなかったのですが(^^;; それでも「出口がみえないかんじ」ではありました。

本人の状況が同じでも、担任によって快適度は天と地の差がありますからね。ほんと、祈っちゃいますね。またろうは相当「引き」がよかったと思います。
  • 2014-01-02 00:19
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C14]

やればできるのに。
またろうくん系の子に付き物のセリフなんでしょうか。
うちの長男も年少さんの頃から今に至るまでずーっとずっと言われ続け、私も言い続けた言葉です。
小学校では理解ある先生に恵まれているのか、男子にはこーいうタイプが割とちらほらいるせいか、比較的温かい「やればできるのに」なのですが、中学校からはどうなってしまうのか、単にわざと怠けてるだけと思われて先生から反感を買ってしまわないか、母は今から非常に心配しています…。
  • 2014-01-06 22:35
  • ちひろ
  • URL
  • 編集

[C16] >ちひろさんへ

「やればできるのに」は、先生に言われると落ち着かない気持ちになるくせに、自分では連発しちゃったり(^^;;

先生は、いろんな先生がいて、相性は良かったり悪かったりだったけど、相性はよくなくても先生から反感を持たれるということはなかったと思います。またろうからは悪意オーラがまったく感じられず、ただすべてが茫洋としてるだけだからね(笑)
  • 2014-01-08 20:55
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。