Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/36-8aa74b03

トラックバック

コメント

[C53]

お久しぶりです。昨夏、家族でハウステンボスに行って参りました。息子がワンピース好きなこともありますが(現在何分の一かはその人気に頼って成功している模様)、以前アンダンテさんがアップされていたハウステンボス紀行も拝読していたので、これは一度行ってみたいな、と。
大手のテコ入れがあり、プロジェクションマッピング等、お金をかけて洗練されたものもあれば、文化祭感覚のゆるいアトラクションもありまして。でも、後者をも楽しめることって 、人生を楽しめるかどうか、くらい、お得な資質だと個人的には思うので。 子供らが終始「すごーい」と笑ってて、嬉しかったです。
似顔絵描きさんのエピソード、素敵ですね。お金をかけたアトラクションより、思い出に残りますね。
いきなり話がかわりますが。息子の先日個人面談がありまして。毎年、あれができないこれができない、と指摘され、激しく落ち込むのですが。今年初めて、のんびり男子に愛をもって接して下さる担任に当たりました!息子の、誰にでも穏やかに接したり、イヤなことがあってもクヨクヨしない性格を、ある意味タフでとても素晴らしい、と言ってくださり。嬉しすぎて先生に抱きつきそうになりました(笑)。
  • 2014-06-21 02:33
  • シャムロック
  • URL
  • 編集

[C54] >シャムロックさん

あー行ってらしたんですね~
ハウステンボスの魅力はその、ゆるい系だと思います。

> 子供らが終始「すごーい」と笑ってて、嬉しかったです。
(^-^)

担任の先生が「当たり」だとずっと気が楽ですね。よかった!!
  • 2014-06-21 20:35
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ハウステンボスのつづき

ハウステンボスに宿泊し、次の朝。

10月1日(金):似顔絵おじさん、みたび

朝はホテルにありがちなバイキング形式の朝食。ホテルは前回と同じ。ところが。

「おいしい!」さっと見た目は洋食系と和食系が並ぶ、ふつうの朝食バイキングだけど、地鶏のサラダ、みかんジュース(オレンジジュースではない)、ちょっと変わったシリアルとか、いろんなものがグレードアップしている。「やや、これはどうしたこと?」

そういえば、昨日の夜はいったピザ屋はとてもおいしかったが、前回なかった店である。何度も入ってた気軽なカフェテリア形式の、というか屋台のような小さな店がたくさん並んでいて、中華まんでもカレーでもとれるスペースがあったので重宝していたのだか、そこがなくなってしまっていてショック。おもわずただふらふらと、同じ位置にあるだけの店に入ったら当たりだったのだ。全体に、食べ物屋にテコ入れが入ってるのかもしれない。

さて、中日はがんがんアトラクションめぐり、といいつつアトラクションの中身は変わっていないことがほとんどだから、自分が二年前と別人になってる子どもたちはともかく、大人はねぇ。そんなに。

むしろ、なにといって意識しないものがおもしろい。今回たまたまあった期間限定もので、とおりすがりの床に描いてある3Dアート、というのがあった。六畳くらいの広さにやたら緻密に描いてある(なんとチョークで描いたそうだ)。ある地点から片目でみると、あらふしぎ突然立体にみえるのだ。カメラでのぞいてもうまく見えるようだが持っていたデジカメはビューファーが小さすぎてどうもダメ。

それから、ストリートオルガン製作の工房にふらりと入ると、オルガンの余り材料で作った木のおもちゃが並んでいて、子どもはまずそっちに引き寄せられた。よく見るタイプの、形を作るパズルと、見たことないおもちゃ。小さな円筒をいくつもくりぬいたて再びはめた板状のものに、ポンプでシュ!と空気をふくと、意外なうごきでぴょこ!と木片が飛び出してくる。

はなひめと私がシュ!にはまっている間に、またろうはパズルに取り組む。大人でも、発想の転換ができなくてツボにはまるとどれだけ考えても解けないことがあるが、またろうは同種のパズルを経験済みなので、ちょっと考えたらできた。

ちょっとしてからまた同じところに戻ると、こんどはそのパズルに高校生の男の子たちが群がっていた。「できねぇ~」とよってたかって苦戦しているところへ、またろうがすすと寄っていってさっと並べて見せた。どっと歓声があがり、「このちっこい子、すげーよ。おれらずいぶん長いこと考えてたのによー」。その、せっかく長いこと考えてたのをよその子に突然邪魔されたのだが、ちっとも気にせず、素直に感嘆している修学旅行生たちでありました(助かった)。

* * *

はなひめも四歳になったので、入れないアトラクションというのは基本的にないのだが、なにしろ怖がりなので、実際には入れないものが多い。ディズニーランドでいうとピーターパンのような、乗り物に乗って旅をするタイプも含め、暗い、音が大きい、魔女なんか出てきた日にはいうまでもなくダメ。

それで、そのような「怖い(?)」アトラクションに入るときは私か夫がつきあって暇つぶしをすることになる。私がはなひめと、マシュマロタウンに入ってみたら、おねえさんがマニキュアをしてくれるコーナーがあり、はなひめはツメにキラキラのお星様もつけてもらって大喜び。
#うちにはマニキュアないし

そして紫芋ソフトを半分こしながら広場のほうへ戻ると、似顔絵の屋台を開けようとしているおじさんがいる。あ、あの顔は!!

はじめてハウステンボスに来たとき、今は無きオランダ村にもいったのだが、閑散としてほとんど客のいないそこで、ぽつんと似顔絵の屋台を開いていたのがその方。そのときはまたろうとこじろうの顔を描いてもらった(はなひめはまだ生まれていなかった)。

その三年後にハウステンボスに来たとき、オランダ村はつぶれていたが、その絵描きさんはハウステンボス本体で屋台を出していた。これも何かの縁ということで、またお願いして、今度ははなひめを描いてもらった。おじさんも喜んで「おともだちねだんにするヨ」。
#ご自分が中国人なので、中国、台湾、韓国から来た人にはちょい安の料金表を作っている

またその二年後に来たわけだが、これでまた会ったらもう三人描いてもらうしかないね。といっていたので、はい、三人まとめて描いてもらいました。おじさんもさらに喜んで「また会えたのはね、愛の力だよ。私こんどトウキョウにいくからね、そのとききっとおくさんに会えるよ。愛だからね。ご主人は怒っちゃいけないヨ」。

できあがった色紙の出来栄え、なかなか似ていて楽しい。またろうの笑顔の特徴もよく出ているし、はなひめは、さっき塗ってもらった爪を乾かそうとして指をいっぽん立てています(^^;;
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/36-8aa74b03

トラックバック

コメント

[C53]

お久しぶりです。昨夏、家族でハウステンボスに行って参りました。息子がワンピース好きなこともありますが(現在何分の一かはその人気に頼って成功している模様)、以前アンダンテさんがアップされていたハウステンボス紀行も拝読していたので、これは一度行ってみたいな、と。
大手のテコ入れがあり、プロジェクションマッピング等、お金をかけて洗練されたものもあれば、文化祭感覚のゆるいアトラクションもありまして。でも、後者をも楽しめることって 、人生を楽しめるかどうか、くらい、お得な資質だと個人的には思うので。 子供らが終始「すごーい」と笑ってて、嬉しかったです。
似顔絵描きさんのエピソード、素敵ですね。お金をかけたアトラクションより、思い出に残りますね。
いきなり話がかわりますが。息子の先日個人面談がありまして。毎年、あれができないこれができない、と指摘され、激しく落ち込むのですが。今年初めて、のんびり男子に愛をもって接して下さる担任に当たりました!息子の、誰にでも穏やかに接したり、イヤなことがあってもクヨクヨしない性格を、ある意味タフでとても素晴らしい、と言ってくださり。嬉しすぎて先生に抱きつきそうになりました(笑)。
  • 2014-06-21 02:33
  • シャムロック
  • URL
  • 編集

[C54] >シャムロックさん

あー行ってらしたんですね~
ハウステンボスの魅力はその、ゆるい系だと思います。

> 子供らが終始「すごーい」と笑ってて、嬉しかったです。
(^-^)

担任の先生が「当たり」だとずっと気が楽ですね。よかった!!
  • 2014-06-21 20:35
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。