Entries

またろう族の母の会、終了しました

昨日、「またろう族の母の会」が行われました。個室でランチ、総勢12名、そういう子の母ばかり集まったと思うと壮観です(^^;;

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

まぁ日常だと、「クラスに一人とかいる変なヤツ」なので、母同士もなかなか語り合う機会がありませんが、そこをあえてぎゅっと集まれるのがインターネットの強みですね。

本家またろうが最年長、一番下は現小2でした。小5らへんが多いのは、中学受験をするのかしないのか…というような一番迷うところだからかな。

中学受験にも向いてないし、公立中にも、もちろん高校受験にも(内申…)向いてないので、もうどうしたらよいやら困っちゃいますからね。

大きいほうでは、大学生がもう一人、この春大学生がもう二人という感じでしたが、先輩母といえどお悩み一発解決アドバイザーというわけにはもちろん行かず、現在進行形で悩みはまだまだ多く…ただし一番しんどいところはだいぶ前に抜けたというところです。

とにかく凸凹くんなので、
・凹をどうしたらいいのか
・どこまで手助けし、どこから本人に任せるべきか
など、結局迷いはずっと続くのですね。

とはいっても、ある程度大きくなってから振り返ると、何か急に成長することがあるんですよね。字が書けるようになるとか。

その、「急に」のところに達する前には、しゃかりきになって援助してもどうにもこうにも賽の河原で…
突然、水路開通するのは何がきっかけだったのかさっぱりわからない。

そもそも、「賽の河原」にもかかわらず、しゃかりきになって頑張ってた親の努力って、何の役にもたってなかったのかどうなのか?? これすら誰にもわからない。

そうしていろいろ部分的には解決していくこともあるんだけど、部屋は汚部屋で(笑)、ものはなくすし、提出は遅れるし、進学も就労も結婚も(?)不安残り。

というわけで「大きくなったらもう大丈夫よ」とも誰も言わない(言えない)
これをこうしたらこうよくなる、とも誰も言わない(言えない)
またろう族といってもみんなそれぞれ違うしね。

けどとにかくこんなことしたらこうだった、こう思ったけと今ではこう思う、
ただ赤裸々に語り合って、

…帰りは…

別になんにも解決はしてないんだけど
なんかデトックスした気分(^^;;

ってことでお開きになりました。

あとね…

またろう族ってやっぱりかわいいよね(ハタチすぎても)

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/182-3a77337d

トラックバック

コメント

[C317]

こんにちは。参加できず残念でしたー。

かわいい・・・20になってもなんですね。男子一人っ子、きっとかわいいなんて思っているのはあと数年かななんて思っていましたがちょっと期待??!

先日いろいろもろもろでまた 学級担任と話す機会があったのですが(授業中消しゴムきってたり、ふざけちゃったり・・・)・・・○○君はかわいいんですよね(笑)といってくださりちょっと一安心?!
幼くてかわいい、できないわけじゃなくて、ちょっとかまってほしいみたいです・・との担任感想でした・・。うーん、新5年生・・・男子でも半数くらいは背丈も高くなりやや体型含め、思春期にはいってきているかんじがする中、見た目も精神年齢も身長も新5年というより 新3年生にしかみえません・・・・・。
先は長いです・・・
  • 2016-03-22 20:52
  • mei
  • URL
  • 編集

[C318] >meiさん

あぁ…消しゴム切るよね…なんでかねアレ(^^;;
ちょっとかまってほしい。幼い。かわいい。

ま、そんな感じです。成長してもまだ。

またろうの場合、背が伸びるという意味での成長期はわりと男子の中で早めでした。でも思春期は遅め。このアンバランスがキャラなのね。と思うしか。
  • 2016-03-23 10:25
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C319] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C320] Re: mei

公立一貫の受験とはいえ、文字を書くとか文章を書くとかについてハードルが高いまたろう族にはけっこうたいへんですよね…

確かに、うまくいけば公立中学で内申を気にして過ごす必要がなくなるわけで、たいへん魅力的ではあるんですけど。

地元枠で首尾よく入れた場合でも、そこにいる子の大半は、公立小で難なく満点を重ねられる子だった場合に、居心地がいいかどうかはわかりません。ここから、ゆるゆるとできる範囲の受検準備をしながら(そのこと自体は公立中に行った場合も役に立つはず)学校との相性もよく検討していくとよいと思います。

私自身も、小学校のテストでは100点しか取らないのが当たり前だと思ってましたが(^^;;
わが子の中でその当たり前をクリアできた人材は3人中1人(もちろん、こじろう)

またろうはぼろぼろ

はなひめも満点のほうが少ないくらい(中学受験塾に通ってたのに!!)

おっしゃるとおり、そもそも問題の存在を見落とすのよね。彼らは。
(それじゃ満点はムリ!!)

だから、またろうの勉強を見てやったところで満点続きにはなりようもないんですけど
私はまたろう小学生のときに勉強のことに頭がぜんぜんいってなかったというかそれどころじゃない気分だったため
ほぼ放置でした…

あとから思えば放置じゃないほうがよかったとも思うけれど
必死にどうにかしようとするのって、自分のことも追いつめるのでNGワード連発どころか
「血の雨がふった」
可能性も捨てきれず(爆) 放置もそれはそれで悪くないか…と思わなくもない。
  • 2016-03-25 12:16
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C322] ありがとうございました!

出席者のひとりです。お礼が遅くなりましたが、貴重な会の開催をありがとうございました。
グレーゾーン男子がやらかしちゃった事件や悩みは、普段、周囲の母友に話しても、単なる「笑えるネタ」だと思われたり、逆に「ある種の障がいの傾向があると思う」だなんて、軽々しく口にするべきでない、と諭されたりで (もちろん相手を選んで話してはいますが)。
今回、初めてお目にかかった方々にもかかわらず、「そうそう」「うちもあった」「どうしたらいいんだろうね」と心から同意していただき。また、「小学生のときが一番大変で、成長につれ、多少なりとも改善されていくと思うよ」と励ましていただき。本当にありがたかったです。
話がノッてくると、実は諸先輩方が母子ともにかなり華麗な学歴でいらっしゃることを知り。「ありゃ…、ウチみたいな凡親子が同類気分で語ってはいけないのでは」と一瞬恐縮してしまいましたが。その凸と凹の差の激しさは我が子の比でないことも、優秀すぎるお母様にとっては我が子が異星人すぎたことも、充分伝わって参りました。
とにかく、元気がでました。
本当にありがとうございました。第二回がありますように。
  • 2016-03-27 13:06
  • のん太の母
  • URL
  • 編集

[C324] >のんたの母さん

ご参加ありがとうございました(^-^)
そうなんですよね~
あまり深刻に捉えられても、「誰にでもある」と言われても、話しづらいですよね。「そうじゃなくてー」って感じ。

> 「小学生のときが一番大変で、成長につれ、多少なりとも改善されていくと思うよ」
これはほんとにそう!!

> かなり華麗な学歴
凸凹クンが勉強すごくできる子になるか、すごくできない子になるかは、いわゆる受験ペーパーテストとの相性で鋭く分かれるので、別に頭の良し悪しでもないんですよね。ま、本家またろうは案外その点については「あいだ」(でかすぎるプラマイでゼロになった?)くらいですかね。

第二回もやりたいですね!!
  • 2016-03-30 13:48
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR