Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/176-c77ed815

トラックバック

コメント

[C309] ただただ、どうしたらいいものやら。

はじめまして、小難しい娘を育てている母です。
最近、娘の担任から、娘の問題点をどうにかして
うまく指導しだいから、とかなんとか言われ、
ヘラヘラ協力していたら、どかーんと特別支援学級行きを言い渡され、現実をつきつけられました(泣)。

でも、母の勘(当てになるかはわかりませんが)
では、あの子は環境さえ合えばなんとか
のりこえ、ついていけるんじゃないかと考えて
小さなころから中学受験させるつもりでがんばってきました。

担任と合わないのは、わかっていましたが
ここまでとのショックとこの先への不安が
ないわけではないので、眠れぬ日々です。

いつもいろんな意見をさがして、さまよって
います。アンダンテさんの意見もいつも
たくさん参考にさせていただいていますし、
もうこの記事なんて うらやましくてうらやましくて。
娘の学校も、行かせたいところ、受けられそう
なところが、実際に発達に問題がある子を
受け入れてくれるのか、この最後の
1年で見極めなくては、いけないので
がんばろうとは、思っています。でもでも
親としてへこむことが多くて、つらいです。
  • 2016-02-09 15:51
  • 眠れぬハハ
  • URL
  • 編集

[C311] Re: ただただ、どうしたらいいものやら。

ひゃー、それはのっぴきならないところに来ましたね。

小学校では担任が誰になるかで天国と地獄(あれ、さっきもそう書いたばっかりだ)
支援級のほうが快適空間が得られるならいっそそのほうがいいって場合もあるかもしれませんが、
担任がただ合わない子を切り捨てるような使い方をされたらそりゃ嫌です。

問題とされている部分、
支援級のほうがうまくいくとされている部分はどこなのでしょうか?

> なところが、実際に発達に問題がある子を
> 受け入れてくれるのか、この最後の
> 1年で見極めなくては、いけないので
> がんばろうとは、思っています。でもでも
> 親としてへこむことが多くて、つらいです。
こじろうの学校も別に「発達に問題がある子」を明示的に受け入れているわけではないのですが、
それでも、発達障害がらみといっても、その特徴は様々ですし、
たまたま「合う」学校であれば「障害」とはならない、ということだと思います。

そこは真剣に嗅ぎ分けるとして…

小学校にいる間どうやって無難に過ごせるかということですね。

私も何もよい知恵や専門知識があるわけではないのですが、愚痴ならいつでもお聞きします。詳細にわたる場合は、非公開コメントでメールアドレスを教えていただければこちらからメールを差し上げます。
  • 2016-02-10 12:56
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C312]

こんにちは

塾にいくと そこで 深すぎない友人が出来たりして 居場所ができることもありますよね。
私(のんびりぼーっとしている女またろう族系だが きっと受験に関してだけはこじろうくん族・・別に頭は良くないけれどいわゆる要領だけはいいので 大手塾がぴったりでした)も、実は小学校では 女の子がグループ作って だれが好きだのアイドルがどうだのの会話についていけず(一応なかにはいれてもらっていた)、友人と呼べるひとがいなくて 自分でもなんか浮いているなあ、居場所ないなあと実感していました。が 塾に行き始めて 同じ方向を向いている 塾で会うだけの友人ができ、学校より塾が楽しく居場所になりました。 そのあと進学校の女子校で みんな男みたいなマイペースの人ばかりなので なんとか受け入れてもらっていました。やっぱり 誰と付き合ってるダのの華やかな会話にはうまく入れなかったですが 女子校の乗りというか 別にそれでぼーっとしていたり違うこと考えていても仲間外れにされることもなく・・・・。
今でも一応仲良しグループの集まりにはよんでもらっていますが でもちょっと浮いていたけど(だってまたろうくん族で ぼーっとしてるので)みんなが寛大だったのだと思います(笑)
女子校時代は小学校の時のように 居場所がない感はなかったので きっと校風があっていたのでしょうね・・。
  • 2016-02-15 12:23
  • mei
  • URL
  • 編集

[C313] Re: タイトルなし

学校という場は強力なのですが、それだけが全てとなるとそこでうまくやれない子にはけっこうしんどいもので、
> 塾にいくと そこで 深すぎない友人が出来たりして 居場所ができることもありますよね。
別の場があるっていいですよね。塾でなくてもいいんですが…

私も塾は好きでした。学校の同調圧力というか、許容範囲が狭い感じが嫌で。

> そのあと進学校の女子校で みんな男みたいなマイペースの人ばかりなので なんとか受け入れてもらっていました。
はは(^^;;
女子校って男らしいですよね、さばさばしてて(笑) まぁ校風によるだろうけど

合うところにいられるって大きいです。
  • 2016-02-17 18:05
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

友だちの作り方、入門編

こじろうの場合、日本語が苦手といっても、
・黒板を使って先生が授業で説明してることとかはわかりやすい(秩序だってるから)
・友だちと雑談するのは難しい(カオスだから)
となる。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

「雑談」というものの文脈の複雑微妙ぶりというのは、なんてことない人にとってはほんとになんてことないものだが、いざ説明するとなるとわけわからんもので(当たり前)、文法語句問題で日本語がちょいとわかるようになったこじろうにはなかなか歯が立たなかった。

しかし、日能研では。学校ほど固まった人間関係が築かれておらず、共通の話題としてわかりやすく「受験」「テスト」などがあるため、こじろうも徐々に「友だちと雑談」の形が取れるようになってきた。電車で同じ方面に帰る子などをとっかかりに、友だちとどういう話をしたということも聞かれるようになり…

さらには、同じ学校から日能研に通う子を伝って逆輸入するような具合で、学校でもそれなりに「雑談」デビューできるようになってきた。

ビバ日能研!!

めでたく受験が終わったときには、兄の友人でなく自分のクラスメイトを、自ら誘って我が家へ遊びに連れてきた、ということもあった(初!!)。

そんなこんなで、中学生になったときは、もうふつうになった、大丈夫というような気がしていたが(なにしろ越えてきた道のりのはるかさを想えば)、実のところはそこまででもなかったようだ。

やっぱりちょっと変なやつで、浮いてる感じもあったけれど、
でもみんな生温かく見守ってくれてたみたい。
本人はクラスにも部活にも馴染んで(少なくとも、そのように感じて)、毎日楽しく通っていた。

こじろうが入学した中学は、進学校ではない。もし、ウチの子あわよくば東大とか思っている親御さんなら、同じくらいの難易度でも、大学がついていないところを選ぶだろう。そんな私立なんで、大事に育てられた感じのおっとりした生徒が多く、また、闘争心があるにしても、さかんな部活で消費されるという具合で、平和。男子はわりと子どもっぽいけれど、女子はとてもしっかりした賢い子が多く、男子校にありがちな「いじり」の暴走というのも少なかった。

というわけで、本人も親もたいへん快適ではあったんだけど、実際はちょっと浮いてて、周囲との摩擦もあったようだ。それが、周囲のスルー力と、本人の鈍感力に支えられてしばらく無事に経過し、中三の途中くらいで急速に人付き合いが滑らかになった(担任談)、らしい。

そのとき何が起こったのか、もちろん親にも、おそらくは本人にも、一生わからないだろうけど、とにかく何かがあった。

家では、そういえばそのころやたらバラエティー番組とかドラマとか、録画してまで見まくっていて、私が
「いい加減テレビ長すぎるよ」と注意したら
「いやー勉強になるんだよ」とかわけわかんないこと言ってた(笑)

つまり、どういうことかというと、これまで彼にとってひどく謎だった、会話の中の文脈というものが、何がしかわかるようになったということらしい。しかも、テレビの中であれば現実世界よりずっとわかりやすく、場合によっちゃ「空気に赤字で書いてある」わけで、話の流れを読む練習にはもってこいなのだ(たぶん)。

ヘレンケラーの「ウォーターー、、」みたいなもんで、おぉ!! そうだったのか!! ってな感動(^^;;

そうやって急につながるってことがある。

ここまで来るに至った、作ったように適切な環境というのがある。(日能研とか、こじろうの通った学校とか)

大学生になった今、気が付いたらこじろうの雑談力はものすごい進化を遂げていて、現在のところ、
子ども三人の中で私にとっていちばん快適かつ手ごたえのある雑談相手はこじろうだったりするのだ。

幅広い知識、頭の回転の速さと、ユーモアと、相手の気持ちを推し量る力。
どこをとっても不足なく、流れも滑らか。

こんなふうに成長するなんて望外の出来事です。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/176-c77ed815

トラックバック

コメント

[C309] ただただ、どうしたらいいものやら。

はじめまして、小難しい娘を育てている母です。
最近、娘の担任から、娘の問題点をどうにかして
うまく指導しだいから、とかなんとか言われ、
ヘラヘラ協力していたら、どかーんと特別支援学級行きを言い渡され、現実をつきつけられました(泣)。

でも、母の勘(当てになるかはわかりませんが)
では、あの子は環境さえ合えばなんとか
のりこえ、ついていけるんじゃないかと考えて
小さなころから中学受験させるつもりでがんばってきました。

担任と合わないのは、わかっていましたが
ここまでとのショックとこの先への不安が
ないわけではないので、眠れぬ日々です。

いつもいろんな意見をさがして、さまよって
います。アンダンテさんの意見もいつも
たくさん参考にさせていただいていますし、
もうこの記事なんて うらやましくてうらやましくて。
娘の学校も、行かせたいところ、受けられそう
なところが、実際に発達に問題がある子を
受け入れてくれるのか、この最後の
1年で見極めなくては、いけないので
がんばろうとは、思っています。でもでも
親としてへこむことが多くて、つらいです。
  • 2016-02-09 15:51
  • 眠れぬハハ
  • URL
  • 編集

[C311] Re: ただただ、どうしたらいいものやら。

ひゃー、それはのっぴきならないところに来ましたね。

小学校では担任が誰になるかで天国と地獄(あれ、さっきもそう書いたばっかりだ)
支援級のほうが快適空間が得られるならいっそそのほうがいいって場合もあるかもしれませんが、
担任がただ合わない子を切り捨てるような使い方をされたらそりゃ嫌です。

問題とされている部分、
支援級のほうがうまくいくとされている部分はどこなのでしょうか?

> なところが、実際に発達に問題がある子を
> 受け入れてくれるのか、この最後の
> 1年で見極めなくては、いけないので
> がんばろうとは、思っています。でもでも
> 親としてへこむことが多くて、つらいです。
こじろうの学校も別に「発達に問題がある子」を明示的に受け入れているわけではないのですが、
それでも、発達障害がらみといっても、その特徴は様々ですし、
たまたま「合う」学校であれば「障害」とはならない、ということだと思います。

そこは真剣に嗅ぎ分けるとして…

小学校にいる間どうやって無難に過ごせるかということですね。

私も何もよい知恵や専門知識があるわけではないのですが、愚痴ならいつでもお聞きします。詳細にわたる場合は、非公開コメントでメールアドレスを教えていただければこちらからメールを差し上げます。
  • 2016-02-10 12:56
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C312]

こんにちは

塾にいくと そこで 深すぎない友人が出来たりして 居場所ができることもありますよね。
私(のんびりぼーっとしている女またろう族系だが きっと受験に関してだけはこじろうくん族・・別に頭は良くないけれどいわゆる要領だけはいいので 大手塾がぴったりでした)も、実は小学校では 女の子がグループ作って だれが好きだのアイドルがどうだのの会話についていけず(一応なかにはいれてもらっていた)、友人と呼べるひとがいなくて 自分でもなんか浮いているなあ、居場所ないなあと実感していました。が 塾に行き始めて 同じ方向を向いている 塾で会うだけの友人ができ、学校より塾が楽しく居場所になりました。 そのあと進学校の女子校で みんな男みたいなマイペースの人ばかりなので なんとか受け入れてもらっていました。やっぱり 誰と付き合ってるダのの華やかな会話にはうまく入れなかったですが 女子校の乗りというか 別にそれでぼーっとしていたり違うこと考えていても仲間外れにされることもなく・・・・。
今でも一応仲良しグループの集まりにはよんでもらっていますが でもちょっと浮いていたけど(だってまたろうくん族で ぼーっとしてるので)みんなが寛大だったのだと思います(笑)
女子校時代は小学校の時のように 居場所がない感はなかったので きっと校風があっていたのでしょうね・・。
  • 2016-02-15 12:23
  • mei
  • URL
  • 編集

[C313] Re: タイトルなし

学校という場は強力なのですが、それだけが全てとなるとそこでうまくやれない子にはけっこうしんどいもので、
> 塾にいくと そこで 深すぎない友人が出来たりして 居場所ができることもありますよね。
別の場があるっていいですよね。塾でなくてもいいんですが…

私も塾は好きでした。学校の同調圧力というか、許容範囲が狭い感じが嫌で。

> そのあと進学校の女子校で みんな男みたいなマイペースの人ばかりなので なんとか受け入れてもらっていました。
はは(^^;;
女子校って男らしいですよね、さばさばしてて(笑) まぁ校風によるだろうけど

合うところにいられるって大きいです。
  • 2016-02-17 18:05
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。