Entries

またろうより極端な凸凹クン

というわけで、WISC調べてみたらば、またろうより極端な凸凹クンだったこじろう。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

得意なことは…数。上限振り切れる勢い。
不得意なことは…絵合わせ。人形の手足合わせる程度のこともできなくて、もしこのレベルに全体の能力が揃っていたら間違いなくふつうの小学校行けないレベル。

絵の解釈ができてないらしいってのは、なんとなくわかってはいたんだけど。
机の上のごちゃごちゃの中から、消しゴム探すとかは激しくできない。

それで、絵合わせぜんぜんダメなんだけど、唯一できたのが、課題の中で一番難しいと思われる、縫い目だけを頼りに合わせていかなきゃいけないボールの絵。

つまり、具体に弱く抽象に強い。

検査した人曰く、「教科書に載ってないパターン」だそうで、「こういう子をどう育てたらいいでしょう」と聞いたら「わかりません」。

さてどうしましょう。

人間関係力に弱く…ということは公立中行ったらまたろうよりひどくいじめられるかもしれない。
日本語に弱く…ということは中学以降の学びは成立しにくい。

けれど、数にめっぽう強く、注意力と集中力はあり、間に挟まれ次男だけあって競争心は旺盛。

…これは中学受験でなんとかしちゃうに限る。

そんな事情もあったわけです。実のところ。

中学受験勉強を始めてみると、まぁ確かに算数はあまり問題なさそうだけれど(図形除く)、国語がもぅもぅもぅもぅ…

飛ばさずに読むとか正確に写すとか、該当箇所を探すとかできないから、
理科社会の勉強にもひどく支障があります。

そして、国語の文法問題が破壊的に意味不明でした。日本語ネイティブなら当然わかっているはずの、接続するしないとか活用とかが外国人並み、いや宇宙人並みか…

こじろうとはなひめは四学年差だけど、こじろう五年生・はなひめ一年生、はなひめがするっと答えられる語句問題が軒並みわからない。

こりゃえらいことになった、と思ったのですが、ここで「具体に弱く抽象に強い」の強みを生かしたこじろう、
紙の上に抽出されて語句問題となった形式の情報を頼りに、ぐんぐん日本語をキャッチアップしていったのです。

ネイティブとして日本語が学べなかったのに、外国語みたいにしてやれば学べるんだ…!?

文法だけではなくて、漢字もてこずりました。またろうと違って、なぜか漢字そのものの「書き」はスムーズに覚えられるんだけど、漢字がそれぞれ意味を持っているということがどうしてもわからない。その発想はなかった、と驚愕する当て字オンパレード(^^;;

漢字はずいぶんしつこくやりました。同じ漢字を使った熟語をまとめて並べて、意味を寸劇で実演してみせ(笑)、
忘却曲線に対抗してひたすら繰り返し…

文法と漢字がなんとかなったころには、読解にも光明が。

少なくとも、理科社会の勉強には支障がない程度になりました。

国語は、「行間」まで読まないといけないのでやっぱりどうもいまくいかなくて、画期的に成績アップというわけにはいきませんでした。こじろうが少し向上すると、そのころにはまた問題が難しくなっちゃったりして、
「淡い恋心」とか「亭主関白」とか
理解できないものが出てくると大破してたりね。

という具合に、国語ではだいぶ苦労したけれど、
数に強くて、時間感覚がしっかりしていて、集中力と注意力があり、
競争心があるこじろうは、ばっちり中学受験向きでした。

そして、中学受験の中で、日本語を(抽象的に)学んだおかげで、日本語力がぐんぐん伸びて、自然と話し言葉もふつうになってきました。ここまで効果が上がるなんてのは、ほんとに望外のことで、すばらしく優れた療育に匹敵するといってもよいくらい。

しかし、この知見が生きることはないでしょう…

なにしろ、またろう族はいてもこじろう族はいないのでね。(つづく)

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/175-6789ff06

トラックバック

コメント

[C303] こじろう族?

息子2がWISC受けた時、「上の二人もうけさせてほしいくらいなんですけど」と言ったら、「ハハハ、もう卒業しちゃったんでねー」と笑顔で交わされたのを思い出しました。小学校の相談室だったので。
本気で息子1も娘も受けさせてみたかったです、興味しんしん^^

こじろう君に近いと思われる息子1ですが、私には付き合うエネルギーがなかったので、アンダンテさんすごい!!
低学年のころは、やたらと画数の多い漢字の当て字で文を書いて得意になっていました。当たり前の漢字の使い方を習得できないままで。
絵は全部、棒人間でした。
まぁそこいら辺は面白がって見てもいられましたが、頭を抱えたのは、私も娘も息子2も涙を流している感動的な場面で心が動かないこと。
『ガラスのうさぎ』の映画を見た後、涙をふきながら感想を聞いたら、彼は「飛行機が面白かった」って。ビビりだけど、他人の気持ちを想像することができないというか、どこかが切れてるみたいなので、本当に心配しました。

たぶん、中学受験に付き合う力は私にはなかったですが、周囲の反対を振り切って小学校を転校させた「カン」は冴えてたみたいです。先生方にも非常に恵まれましたが、温かに見守ってくれる女の子の多い学校でラッキーでした♪

最近は彼女もできて自分でバイトを見つけてくるようになったし、音楽で挫折したらタイピングの速さを生かせばいいと言われる技術(?)もあり、ちょっとした挨拶もできるようになったので、少し安心しました。
(ちょびっと心配ですけどねー勘違いで女性に刺されるような事態にならないかとか)

それとカラダの方がちょっとね… 相変わらず物が見つからないことも多すぎ…
さっきも「(校内の)オーディションなのに左右そろった靴下がない」と、出がけに慌ててました。
  • 2016-02-06 10:22
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C304] こんにちは

我が家は またろうくん族と思われる息子一人なのに 私が 翻弄されております・・。アンダンテさん 本当にすごいです。興味深く拝見しました。
息子さんをしっかり分析して それをしっかりサポートしていらっしゃる・・・さすがです。
私なんか本当 なかなか自分が大人になりきれず わが子と兄弟げんか バトル・してしまいます・・・

大人になると 大人になった人しかしらないというか・・〈他人の子供の中身までわからないし)、子供時代に自分の友人を分析するひとなんかいないでしょうし・・・・きっとこどもそれぞれ 個人個人の発達があって きっと成人する前にはその凸凹がめだたなくなるのかなあ なんて こじろうくんのお話を聞いて思いました。受験ストーリーでは大成功のこじろうくんでも こんなデコボコだったんだ・と。

最近すこーし息子〈小4)の回路が変わってきたような・・・全く練習しなかった(できなかった)ピアノを少しは練習できるようになったり 両手がうまく動くようになってきたり(まだまだ幼稚園の子でも弾けそうな曲ですが・・・)ちょっとは漢字が覚えられる感じになってきています・・。
平均の子供の1-2年遅れ と思ってみると穏やかな気持ちでいられます(が進学に関しては はらはらします)・・。つづき楽しみです
  • 2016-02-06 10:37
  • mei
  • URL
  • 編集

[C305] Re: こじろう族?

あ、そうですね。小学校の相談室だったら小学生しかやってくれないわね(^^;

息子1くんきっとおもしろい形してたわよ。

> こじろう君に近いと思われる息子1ですが、私には付き合うエネルギーが
> なかったので、アンダンテさんすごい!!
でも、付き合ったのって、ほんとに中学受験という範疇だけで、あとは放置だったんですよ。
それがすべてうまい方に組み合わさったみたいで…

> 低学年のころは、やたらと画数の多い漢字の当て字で文を書いて得意になって
> いました。当たり前の漢字の使い方を習得できないままで。
> 絵は全部、棒人間でした。
あーー。
似た感じですね。

> 頭を抱えたのは、私も娘も息子2も涙を流している感動的な場面で心が動かないこと。
そうなんだ…
でも、あんなふうに表現豊かに演奏できる子だから、心が動かないというのも違うような気がするけど。

小学校転校は、慧眼でしたね。

物がみつからないことについては、こじろうも改善してません(^^;;
  • 2016-02-07 22:45
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C306] Re: こんにちは

> 我が家は またろうくん族と思われる息子一人なのに 私が 翻弄されております・・。
そりゃもう、翻弄されますよね。
うちももう、ぐるんぐるんです。
かき回されて、いいこともありましたけどね。

> 息子さんをしっかり分析して それをしっかりサポートしていらっしゃる・・・さすがです。
> 私なんか本当 なかなか自分が大人になりきれず わが子と兄弟げんか バトル・してしまいます・・・
いやー…
ブログは、別に美化して書くつもりはないですが、どうしても整理してから書く(というか書く中で整理されてしまう)ので生々しさが失われてるだけで、うちもそんなキレイなもんじゃないです。ま、いいじゃないですか大枠に愛情があればそれで…

こじろうの長所はもろ、中学受験向きだったので。

そこから、うまい方向に動いたという気がします。

大人になると目立たなくなるということは多いと思います。よしぞうだって、子どものときのことは直に見てないから結婚できた(ついしちゃった)のかもよ(笑)。本質が変わるというより、本人が自分の特性を知り、うまく補えるようになる。それが、大人になるってことかなと。

またろうも、よしぞうもそうだと思うんですよね。

でも、こじろうについてだけはわりと別人まで成長した感じなんです。ちょっと不思議です。

> 最近すこーし息子〈小4)の回路が変わってきたような・・・
まだどんどん変わっていくんでしょうね。楽しみに、見守って、チャンスがあったら、何か試してみるといいかもしれません。無理や深追いはしないほうが吉だと思いますが。
  • 2016-02-07 22:52
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR