Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/174-fb626185

トラックバック

コメント

[C308] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C310] Re: こんにちは

> ナンセンス飛び交う少年たちの支離滅裂な爆笑会話術
そう、これ、難易度高いんですよ~

こじろうの凸の部分のといのが、ほんとうにいろんなことを助けました。
というか、こじろうはものすごくカンがいいんです。よくぞ10歳くらいまで、そんなにも日本語があやふやなのに暮らせてたね、というか、少なくとも小学校での学習は成立していたんですものね。気合いで補ってどうにかするのがうまいと思います(ペーパーテストもその手で点をかきあつめる)。

だんな様もお子さんと似た星系の人なんですね(^^;;

でも、似た資質を持っていても、生活上どのくらい困るかって、本人の特徴のちょっとした違い、周囲の環境のちょっとした違いでせんぜん違ったことになりますから。だんな様は、ご自身あまり困ってなかったのですね(親御さんは学校に呼び出されて困ったかもしれないけど)

小学校の先生の資質はピンキリなので、不用意にカミングアウトすると裏目に出たときが怖いです。先生がどういう方かを見極めながら、プラスになる見込みが立つ分だけ小出しにするのが無難かと思います。

とにかく、「どこに出しても不安のないお子様」でない以上(^^;;
担任の先生が誰になるかで天国と地獄。
あんまりなときは、親が助けるとか逃げるとか何かするよりないです。

まぁでも、最初からあまり構えすぎると、問題のないところにも問題を生みますからね。事前にごちごちにならないほうがいいですよ。
  • 2016-02-10 12:44
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

またろう族はいるけどこじろう族は(あまり)いない

うっかりまったりしてて、いつでもインド時間が流れて(つまり遅刻)、荷物ぐじゃぐじゃ、提出物は出せないけど、とても「人が好き」で優しいまたろう。全国どこにでも、またろう類似の子ってのはたくさんいるので、それを勝手にまたろう族と呼んでいるんですが…

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

こじろう族って言い方はしません。

それは、こじろうが「まとも」「心配ない」からではなくて、こじろうの類型というような子に、あまりお目にかからないから。

というか、そもそも何が困りごとなのか、(またろうと違って)わかりにくく説明しにくいから。

二歳、三歳のころは、兄またろうに比べて、ふつうの子だと思っていました。

なにしろ、手をつないですいすい歩けるんですよ(^-^) 連れたままスーパーで買い物もできちゃうんです。もう感激でした!!

だんだん、アレー?? と思うようになったのは、年長あたりからかな。集団の中で遅れをとることが多いのは、我が家的には見慣れた風景というか通いなれた道なんだけど、またろうみたいに、どんなにはみ出してもはみ出したことにすら気づかず「天下泰平世はこともなし」な感じではなくて、何か本人が居心地の悪さを感じていて、でも何かひっかかりがあるのか動けないみたいな。

それから、小学生…

またろうほど先生から問題視されることはないみたいだけど、友だちと遊ぶのがなんか滑らかにいかないみたい。

家では、遊んでるけど、ほとんどまたろうとその友人たちが遊ぶのにくっついて、金魚のフン(おみそ)してる。
自分で同年齢の友だちとか連れてこない。

自分から遊びを開発できない。またろうと違って、何なら楽しいのかがいまいちわからない。

言葉も、三歳のころは別に遅れてなかったけど、気が付いたら単語がつながっていかない。
単語はちゃんと増えてる。発音はちょっと変。

絵がまったく描けない。下手とかいうよりともかく描けない。小学校に上がるとき、閉じたマルすら描けなかった。

極端に方向音痴(あ、これは私の遺伝か…)


とにかく、またろう族でないことだけは確かで、
時間の感覚はピカイチ!! よくまたろうを時間どおりにスイミングスクールへ届けてくれました(どっちが兄や)
注意力も優れている。小学校のアホほど簡単なペーパーテストならばひたすら満点(またろうはもちろんぼろぼろでしたハイ)

けど、なんかマズいんだよね?? 「文」がしゃべれなくて、友だちづきあいができない。

低学年よりむしろ、高学年になると目立ってきて、周囲から浮いてる感が半端なくなった。

周囲がワッと盛り上がっても、笑ってても、それが何で笑ってるのかよくわからなくて、怖いらしい。
本人、いじめられていると思ってたりしたけど、そういう事実は特にないようで、周囲はヘンなヤツと思いながらもわりと温かく見守ってくれている(あるいはスルーしている)ようだ。

参観にいったら、授業中は(またろうと違って)わりとふつうだったけど、
休み時間になったら、みんなのざわめきからススス、といなくなって、どこにいったのかと思ったら、廊下の角のすみっこでしゃがみこんでいた。

「どうしたの? 具合悪いの??」
「疲れたから。…ちょっときゅうけいしてるの」

??

ま、そんな感じなんで、余裕のない先生(三年次担任)は、こじろうくん何の問題もないと思ってたし(教室から脱走しないし暴力ふるわないしテストは100点だから)、ベテラン先生(四年次担任)は、こじろうくん実はやばい!?と思ってたらしい。

だってそうですよね。人間と人間のつながりに問題が(あまり)なく言語能力もふつう(漢字が書けないだけ)のまたろうはなんらか人生を切り開いていくだろうけど、

その二つに難アリだったらどうすればいいの??

困ったなとは思っていたけど、これはいったい何だろう。ADHDではない、アスペは似たところもあるけど少なくとも典型的なものではない。

何か手掛かりになるかと思って、またろうも受けたWISC III をやってみたらば…

あれあれあれ。

またろうより極端な凸凹くん。なんじゃこりゃ。(つづく)


にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/174-fb626185

トラックバック

コメント

[C308] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C310] Re: こんにちは

> ナンセンス飛び交う少年たちの支離滅裂な爆笑会話術
そう、これ、難易度高いんですよ~

こじろうの凸の部分のといのが、ほんとうにいろんなことを助けました。
というか、こじろうはものすごくカンがいいんです。よくぞ10歳くらいまで、そんなにも日本語があやふやなのに暮らせてたね、というか、少なくとも小学校での学習は成立していたんですものね。気合いで補ってどうにかするのがうまいと思います(ペーパーテストもその手で点をかきあつめる)。

だんな様もお子さんと似た星系の人なんですね(^^;;

でも、似た資質を持っていても、生活上どのくらい困るかって、本人の特徴のちょっとした違い、周囲の環境のちょっとした違いでせんぜん違ったことになりますから。だんな様は、ご自身あまり困ってなかったのですね(親御さんは学校に呼び出されて困ったかもしれないけど)

小学校の先生の資質はピンキリなので、不用意にカミングアウトすると裏目に出たときが怖いです。先生がどういう方かを見極めながら、プラスになる見込みが立つ分だけ小出しにするのが無難かと思います。

とにかく、「どこに出しても不安のないお子様」でない以上(^^;;
担任の先生が誰になるかで天国と地獄。
あんまりなときは、親が助けるとか逃げるとか何かするよりないです。

まぁでも、最初からあまり構えすぎると、問題のないところにも問題を生みますからね。事前にごちごちにならないほうがいいですよ。
  • 2016-02-10 12:44
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。