Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/17-ffe6a6f8

トラックバック

コメント

[C39]

大雪の中っていうのが、また新たな思い出になりそう!

保育士さん、3人もいるなんて、
やっぱり幸せな園生活があってこそですね
大変でお給料も決してよくないけれど
本当にやりがいのある仕事です、頑張ってほしいなぁ
  • 2014-02-10 13:26
  • chie
  • URL
  • 編集

[C40] >chieさん

ハードだし、金銭的においしい職業ではまったくないのですけど、三人!! 園長先生も、卒園生を職員として迎えられるのはうれしいことでしょうね(^^)

またろうも、保育園にボランティアに行ったりしてたこともあったし、子ども扱いうまくて、保育士路線大いにありそうだったので、「高専に進学します」と挨拶にいったときは「そっちかぁ」とちょっとがっかりされたような。
  • 2014-02-11 09:27
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

タイムカプセルを開ける日

大雪になっちゃいましたが、いよいよタイムカプセルを開ける日。

当時の年長組24人中、14人が続々集結。担任の先生と、園長先生。
タイムカプセル掘り出し
掘り出します。スコップを構えているのはまたろう。青い手袋は園長先生です。

プテラスねじ巻き
またろうが入れた宝物のプテラス。まぁまぁの状態で出てきました。ねじを巻いてみると…

プテラス歩いた
ちゃんと歩いた!!

それから、ケーキとお茶、コーヒーで、当時のビデオを見ながらパーティー。

お互い何年も会ってなかったりしたけど、会えばしっくり盛り上がっています。
みんなそれぞれ立派に成長した姿がまぶしく、でもまだやっぱりかわいい(^^)

タイムカプセルを開けることで、昔の時間が動き出すんだね。


今日集まった14人の中で、保育士になるのが3人も(o_o)
しかも、この園に就職したり(!)教育実習に来たり。

保育園は幸せの記憶だったんだね。

「おれこの部屋で寝てぇ~」といってる子もいました。あ、もう「子ども」じゃなかった。選挙権もあるし。


みんな、すごくいい雰囲気。またろうは、集団を乱すことも多々あったはずだけど、空気読めないけど、しっかりこの集団の一員として受け入れられてたんだなと思った。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/17-ffe6a6f8

トラックバック

コメント

[C39]

大雪の中っていうのが、また新たな思い出になりそう!

保育士さん、3人もいるなんて、
やっぱり幸せな園生活があってこそですね
大変でお給料も決してよくないけれど
本当にやりがいのある仕事です、頑張ってほしいなぁ
  • 2014-02-10 13:26
  • chie
  • URL
  • 編集

[C40] >chieさん

ハードだし、金銭的においしい職業ではまったくないのですけど、三人!! 園長先生も、卒園生を職員として迎えられるのはうれしいことでしょうね(^^)

またろうも、保育園にボランティアに行ったりしてたこともあったし、子ども扱いうまくて、保育士路線大いにありそうだったので、「高専に進学します」と挨拶にいったときは「そっちかぁ」とちょっとがっかりされたような。
  • 2014-02-11 09:27
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。