Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/158-2de3c1a5

トラックバック

コメント

[C236]

こんにちは。またまた寄らせていただきました。

英語、、、、うちの子は、またろうさんのような、算数が飛び抜けてるとかはなさそうですが、形が覚えられないのは同じかもです、、、

まず、1年のカタカナでつまずき、、、、カタカナなんか、学校おまかせで大丈夫かとおもっていたのにあまりに悲惨で1年冬休みはカタカナ特訓、、、、、。でもスルスルぬけてく、、、、
次は3年夏過ぎから漢字が悲惨になり始め、テコ入れ、、、、。

勿論幼稚園から5年も通った英会話、、、、いまだアルファベット覚えられずに結局終了、、、、、。

このようなタイプは公文などで繰り返しこつこつやってればよかったかもですが公文通信1年から算数国語始めたものの、1日何枚も計算するのが!無理で、まだ小さいのに、嫌だあと泣いてわめいて紙をビリビリにしたので親が耐えきれず続きませんでした、、、、、
国語だけは続けたらよかったかなあと後悔しています、、

中学入ってからの英語がこわいです、、、、、!

でも漢字がなかなか覚えられないの、学校の指導方法(写経みたいな宿題〕にも原因がある気も、、、、、、。
  • 2015-07-24 00:09
  • mei
  • URL
  • 編集

[C238] 英単語を覚えること

うちもbとdやpとqの混乱は暫く引きずりました。スペルミスは今でもあります。

覚え出した時に言ってた印象的な言葉に、「英単語を見るだけで頭のこのあたり(右側)に血液が流れるような感じがして気持ち悪くなるから今は無理」ってのがあって、きっと長らく使っていなかった場所なんだろうと思った次第。

ただ、立ち上がりは日本語より楽でしたかね。大学の第二外国語もすんなり行きました。
  • 2015-07-26 11:20
  • ももれんじゃ
  • URL
  • 編集

[C239] >meiさん

記号としてのカタチというのがね…
絵なら描けるのにほんと不思議。

公文は合うととてもいいけど合わないとほんとつまらないだけなので(笑)
嫌がってるなら食い下がるようなものじゃないと思います。

漢字もきっと、学校での指導より合う指導法があるんだろうけど。凸凹くんは。

なんかねぇ、もうちょっとノウハウがまとまっててほしいと思う。
  • 2015-07-27 11:37
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C240] >ももれんじゃさん

> 「英単語を見るだけで頭のこのあたり(右側)に血液が
> 流れるような感じがして気持ち悪くなるから今は無理」
おもしろい~
ずいぶん具体的な自覚があるのね。

私も、「そこはいつも使わないところだから脳みそが筋肉痛になる~」とか叫ぶことはあります(^^;;

> 大学の第二外国語もすんなり行きました。
おぉ(o_o)
あれ?? そういえば、またろうは第二外国語ってやらないのかな??
  • 2015-07-27 11:39
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C241]

毎回、役に立つ記事をありがとうございます。
皆さんのコメントも参考になります!

アルファベット、日本語に比べたら格段にシンプルだから、何とかなるだろうと思ってましたが、小学生時代から慣らしておいたほうが良さそうですね(^^;;

私事ですが、子どもの頃(具体的には小学4年生の夏)に父親の転勤について米国に引越したことがあります。日本を発つ前に 松香洋子著「英語好きですか?---アメリカの子どもたちは、こうしてABCを覚えます」というフォニックスの本と英語の絵本をいくつか眺めてイメージトレーニングしました。それが、現地に行って英語を覚えるうえで、すごいアドバンテージになったように思います。

特に絵本を眺めていて不思議に思ったことを親に確認したりしながら、例えば疑問文の前にはDoやDidがつくとか、haveって言葉はよく使われてるとか、私を表す言葉は I my me と出てくるところによって全然違う形になっちゃうとか、発見するのが楽しかったんですよね。

同じ手が息子に使えるといいのですが。英語を覚える必要性が本人に強く認められなければ、やっぱり右から左に出て行っちゃうんでしょうね orz

とりあえず、パソコンでブラインドタッチを身につけるためのゲームでもやらせて、アルファベットを覚えさせてみようかと思いついたのですが、どうでしょうね。
  • 2015-07-27 22:39
  • limoncello
  • URL
  • 編集

[C242] >limoncelloさん

ほんと、漢字はいくらでも数があってたいへんだったのに比べて、アルファベットなんてこれしかないんだから楽勝かといえば案外そうでもなくて、形が似ていて混乱したり、文字と音の対応がややこしかったり、けっこうハードル高いんですよね。

> フォニックスの本と英語の絵本をいくつか眺めてイメージトレーニング
それは、よい準備でしたね。

それと、
> …発見するのが楽しかったんですよね。
こういう人は(私もですが)まず英語得意になります(^^;;

パソコンから行くのはいいと思います。もし手で字を書くのがなかなかうまくいかなくても、キーボードから打って学習できますし。とにかく、どんな入り口がいいのかは人によってえらく違うと思うので、抵抗のないものからいくつか試してみるしかないですね。
  • 2015-07-31 18:09
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

またろう族、中学入学前に英語の準備するなら

中学に入ると新しい科目、英語が始まりましたが…

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

当時、小学校で英語の授業もありませんので、ほんとにまっさらからの一斉スタートです(少なくとも、建前上)。

生活も漢字もいろいろとおぼつかないまたろうですから、小学校のときには、英語をどうにか手当するなんてことは一切思い至りませんでした。

もちろん、日本語の文字馴染みも悪いまたろうが、英語すいすいできるようになるなんて期待はしてなかったですけどね。

公立中の進度ですから…
いくらなんでもなんとかなるかと。

入ってみたらば、確かに進度の遅さは半端なかったです。
どのくらい遅いかというと、中一の最後に教科書が半分ちょっとしか終わってなかったくらい(^^;;
先生は新卒で、授業を漕いで行くにもはなはだ非力で、まともに進行できていませんでした。

参観に行ってみたら、立って見ている私が寝落ちガックリしそうになったほど(笑)テンポの悪い授業。
そこここで男子がバッタリ倒れて寝ています。
ノートにせっせと何か書いてる女子がいたので覗きこんだら、授業の進行とは無関係に、
ノートの左ページに教科書本文、右ページに訳文、不明点は辞書を引いたりして下の空欄に適宜書き込んでいます。
まー、どんな学校に行っても勉強できるようになるお子さんですね。

そんなまったりすぎる授業でまたろうの英語はまったく立ち上がらず、悲惨なものでした。

・文字そのものもなかなかピンと来ない。bとd、pとqとかも区別しにくい。
・英語的発音がまったく捉えられない。ブックといったら、kのあとに「ク」のつもりでkuと書きたくなっちゃう。
・英語の語順とかもちろん意味不明。

今から思えば、中学入学前に…またろうがまたろうであるからこそ、丁寧にアルファベットの書き方と、発音と綴りの関係を単語レベルだけでいいから補っておくべきでした。

教材としては、「フォニックス」で検索して小学生向きの手頃なのを使えばいいと思います。→たとえばこんなくらい
ほんの入り口だけでいいんです。中学の授業での「?????」が半分くらいになれば。

小学校でローマ字やローマ字表記を教わるのはもちろん必要なことですが、ローマ字表記ばっかり頭にこびりついてて説明ぬきで英語を見せられるとなんか混乱するらしいです。(またろうの場合は。私はぜんぜん平気だったけどね)

正しい英文をただ書き写すところに困難があっては、英語の勉強を成立させるのも大変です。

市進で英語の授業があったり、家で補ったり、あれこれするうちに、中二の終わりごろまでには少なくとも公立中での落ちこぼれという状況ではなくなりました。先生も中一のときの先生と違ってまともになりましたしね。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/158-2de3c1a5

トラックバック

コメント

[C236]

こんにちは。またまた寄らせていただきました。

英語、、、、うちの子は、またろうさんのような、算数が飛び抜けてるとかはなさそうですが、形が覚えられないのは同じかもです、、、

まず、1年のカタカナでつまずき、、、、カタカナなんか、学校おまかせで大丈夫かとおもっていたのにあまりに悲惨で1年冬休みはカタカナ特訓、、、、、。でもスルスルぬけてく、、、、
次は3年夏過ぎから漢字が悲惨になり始め、テコ入れ、、、、。

勿論幼稚園から5年も通った英会話、、、、いまだアルファベット覚えられずに結局終了、、、、、。

このようなタイプは公文などで繰り返しこつこつやってればよかったかもですが公文通信1年から算数国語始めたものの、1日何枚も計算するのが!無理で、まだ小さいのに、嫌だあと泣いてわめいて紙をビリビリにしたので親が耐えきれず続きませんでした、、、、、
国語だけは続けたらよかったかなあと後悔しています、、

中学入ってからの英語がこわいです、、、、、!

でも漢字がなかなか覚えられないの、学校の指導方法(写経みたいな宿題〕にも原因がある気も、、、、、、。
  • 2015-07-24 00:09
  • mei
  • URL
  • 編集

[C238] 英単語を覚えること

うちもbとdやpとqの混乱は暫く引きずりました。スペルミスは今でもあります。

覚え出した時に言ってた印象的な言葉に、「英単語を見るだけで頭のこのあたり(右側)に血液が流れるような感じがして気持ち悪くなるから今は無理」ってのがあって、きっと長らく使っていなかった場所なんだろうと思った次第。

ただ、立ち上がりは日本語より楽でしたかね。大学の第二外国語もすんなり行きました。
  • 2015-07-26 11:20
  • ももれんじゃ
  • URL
  • 編集

[C239] >meiさん

記号としてのカタチというのがね…
絵なら描けるのにほんと不思議。

公文は合うととてもいいけど合わないとほんとつまらないだけなので(笑)
嫌がってるなら食い下がるようなものじゃないと思います。

漢字もきっと、学校での指導より合う指導法があるんだろうけど。凸凹くんは。

なんかねぇ、もうちょっとノウハウがまとまっててほしいと思う。
  • 2015-07-27 11:37
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C240] >ももれんじゃさん

> 「英単語を見るだけで頭のこのあたり(右側)に血液が
> 流れるような感じがして気持ち悪くなるから今は無理」
おもしろい~
ずいぶん具体的な自覚があるのね。

私も、「そこはいつも使わないところだから脳みそが筋肉痛になる~」とか叫ぶことはあります(^^;;

> 大学の第二外国語もすんなり行きました。
おぉ(o_o)
あれ?? そういえば、またろうは第二外国語ってやらないのかな??
  • 2015-07-27 11:39
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C241]

毎回、役に立つ記事をありがとうございます。
皆さんのコメントも参考になります!

アルファベット、日本語に比べたら格段にシンプルだから、何とかなるだろうと思ってましたが、小学生時代から慣らしておいたほうが良さそうですね(^^;;

私事ですが、子どもの頃(具体的には小学4年生の夏)に父親の転勤について米国に引越したことがあります。日本を発つ前に 松香洋子著「英語好きですか?---アメリカの子どもたちは、こうしてABCを覚えます」というフォニックスの本と英語の絵本をいくつか眺めてイメージトレーニングしました。それが、現地に行って英語を覚えるうえで、すごいアドバンテージになったように思います。

特に絵本を眺めていて不思議に思ったことを親に確認したりしながら、例えば疑問文の前にはDoやDidがつくとか、haveって言葉はよく使われてるとか、私を表す言葉は I my me と出てくるところによって全然違う形になっちゃうとか、発見するのが楽しかったんですよね。

同じ手が息子に使えるといいのですが。英語を覚える必要性が本人に強く認められなければ、やっぱり右から左に出て行っちゃうんでしょうね orz

とりあえず、パソコンでブラインドタッチを身につけるためのゲームでもやらせて、アルファベットを覚えさせてみようかと思いついたのですが、どうでしょうね。
  • 2015-07-27 22:39
  • limoncello
  • URL
  • 編集

[C242] >limoncelloさん

ほんと、漢字はいくらでも数があってたいへんだったのに比べて、アルファベットなんてこれしかないんだから楽勝かといえば案外そうでもなくて、形が似ていて混乱したり、文字と音の対応がややこしかったり、けっこうハードル高いんですよね。

> フォニックスの本と英語の絵本をいくつか眺めてイメージトレーニング
それは、よい準備でしたね。

それと、
> …発見するのが楽しかったんですよね。
こういう人は(私もですが)まず英語得意になります(^^;;

パソコンから行くのはいいと思います。もし手で字を書くのがなかなかうまくいかなくても、キーボードから打って学習できますし。とにかく、どんな入り口がいいのかは人によってえらく違うと思うので、抵抗のないものからいくつか試してみるしかないですね。
  • 2015-07-31 18:09
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。