Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/155-9d7f9168

トラックバック

コメント

[C223]

またろうくん本からブログに辿りつき、すっかりファンになりました(^_^)

息子(小二)はまたろうくんに似たタイプで、スイミングに通えばスクールバスに乗り遅れ、ピアノでは仮面ライダーのオープニング曲しか手につかず、中学受験なんて無理と思っていたのですが。

最近、クラスの子から日常的に小突かれたり蹴られたりしていることが判明し、環境を変えるための中学受験を考えなきゃならなくなるかもと案じています。

市内に中等教育学校ができたので、来年あたり見学してみようかと思ったり。

今回の記事もとても参考になります。ありがとうございますm(_ _)m
  • 2015-07-14 11:53
  • limoncello
  • URL
  • 編集

[C224] >limoncelloさん

> スイミングに通えばスクールバスに乗り遅れ、
> ピアノでは仮面ライダーのオープニング曲しか手につかず
あらまぁ(^^;; 他人事とは思えません。

> クラスの子から日常的に小突かれたり蹴られたりしていることが判明し
それはつらいですね。またろうの場合は、小学校のうちはわりと恵まれていて(生温かく見守ってもらっていて)、中学デビューであれあれという感じでした。

考えておかなきゃいけないのは、受験をして入ればどこでもいじめの少ない環境が得られるというわけでもないということです。

地元公立中に行くより、ハッキリしたカラーのあるところに入れるわけですから、良くなることもあれば悪くなることもないとはいえません。よーく、空気のにおいをかいでみてくださいね…

こじろうの場合は、中学受験が大正解だったと思います。いじめの少ない環境ということもさることながら、本人の凸凹の凹の部分が画期的に補えたので。またろうを受験させたらどうだったのかというのは実験できないのでわかりません(^^;;
  • 2015-07-15 12:25
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

またろう族に向く中学受験塾は?

これまでにかなり何度もお問い合わせをいただいているのですが、でも私に聞くの間違ってるんじゃないかとも思うんですが、
「またろうに中学受験をさせるならどんな塾?」
というお題。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

中学受験向きでなし、かといって公立中向きでなし、というまたろう族の母の悩みはそれはもう痛いほどよくわかるのですが、実際に受験させてないからねぇ…

でも、またろうの高校受験、それと、軽くまたろうが入ったはなひめの受験を参考にして書いてみます。

別にADHDが受験向きでないかといえばそうとも限らず、またろうの父よしぞうも、あるいは「またろう」に似ていることから命名された「こまたろう」くんも、受験結果からいえば中学受験も大学受験も難関をモノにしていますからね。だいたい、東大生のADHD率といったら、一般より高いように見えますし。

でも現実問題、勉強ができるとかできないとか以前に問題山積。

字が読めない書けないとか…
そもそも塾に通えないとか…

またろうの場合、塾に通わせようとしたわけではないですけど、音楽教室やスイミングに通わせようとしてそれはそれはえらいこと大変だったので。とにかく、必要なものを持って、しかるべき時間に出発する、たどり着く、というのはハードル高いです。

またろうが実際に塾に通い始めたときは、高校受験のためだったので中学生。そろそろ電車に乗る練習だってさせたいしという不純な動機でわざわざ数駅乗った先の塾に通わせましたが、それはもう軌道に乗るまで長い道のりだったので
(参照: 「塾に通う力」)

中一の秋ごろからぼちぼち通い始めて、最初の一年くらいは「通う練習」のつもりで、ってくらい。

中学受験のために小学生のうちに塾通いするなら、電車に乗る練習は後回しにしてまずは「歩いていける塾」それも「なるべく近く」が第一選択だと思います。

あるいは、割り切って親が全部送迎して、荷物のお膳立てもしてしまうか…
(いや、うちにはそれはできなかったんですが)

通う負担というか危険を究極まで減らすってことになると家庭教師ですし、
比較的近くにあるというと個別塾ということになると思いますし、
またろう族の親としてはそういう「個別対応」がいいのではと思う人が多いと思うんですけど、

私はそんなにお奨めしません。

確かに、まったりまたろう凸凹くんは個別の対応がたっぷり必要になりますが、金に糸目をつけないならともかく、家庭教師や個別塾でそんなスーパーな教師を長時間貼り付けられません。そこそこ勉強のできた大学生とかに、またろう族の特徴とニーズを理解して必要な補い方をさせようってのも無茶な話ですから、結局カリキュラムを立てるのから教材選択から具体的な進め方まで全部親の負担になりますよ??

それってあんまり楽じゃない話です。それよりは、カリキュラムも教材もしっかりしていて、プロ教師がちゃんと子どもを引き付ける授業をやってる大手塾であらかたお願いし、

またろう族として凹の部分はそれじゃどうにもなりませんから親が補う。

って思うほうが案外コスパいいんです。もっとも、とことん大手塾的なものが合わない子だったらその手は使えませんけどね。

大手塾を利用する場合に、親が一番気を付けなければいけないことは、
成績とか上とか「もっと上」を目指す考え方に巻き込まれないようにすることです。

大手塾に丸投げでするりと安定の好成績をマークするようなお子さんじゃないんですから(つまりそうだったらこんなページ読まなくていいです)、
大手塾については、利用できるところだけする。

ここがポイントです。だったら、全体丸ごと利用することを前提とした評価競争に巻き込まれたら辛いだけです。
あと、凸凹が大きい場合は、全教科の成績を見て機械的に振り分けられたクラスだとめちゃくちゃわからない科目が出てきます。クラスはやや下目が吉なことが多いでしょう。またろうも、数学と英語の成績差があんまりにもでかいため、数学の好成績に引っ張られてクラスアップしたら英語の成績が下がった(-_-;; という経験をしています。

実際に、大手塾を活用することがお得になるかどうかは、ご本人の能力特性にも、性格にもよりますので、なんともいえませんが、
大手塾活用+合わないところは家で
と考えるとカバー範囲はけっこう広いです。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/155-9d7f9168

トラックバック

コメント

[C223]

またろうくん本からブログに辿りつき、すっかりファンになりました(^_^)

息子(小二)はまたろうくんに似たタイプで、スイミングに通えばスクールバスに乗り遅れ、ピアノでは仮面ライダーのオープニング曲しか手につかず、中学受験なんて無理と思っていたのですが。

最近、クラスの子から日常的に小突かれたり蹴られたりしていることが判明し、環境を変えるための中学受験を考えなきゃならなくなるかもと案じています。

市内に中等教育学校ができたので、来年あたり見学してみようかと思ったり。

今回の記事もとても参考になります。ありがとうございますm(_ _)m
  • 2015-07-14 11:53
  • limoncello
  • URL
  • 編集

[C224] >limoncelloさん

> スイミングに通えばスクールバスに乗り遅れ、
> ピアノでは仮面ライダーのオープニング曲しか手につかず
あらまぁ(^^;; 他人事とは思えません。

> クラスの子から日常的に小突かれたり蹴られたりしていることが判明し
それはつらいですね。またろうの場合は、小学校のうちはわりと恵まれていて(生温かく見守ってもらっていて)、中学デビューであれあれという感じでした。

考えておかなきゃいけないのは、受験をして入ればどこでもいじめの少ない環境が得られるというわけでもないということです。

地元公立中に行くより、ハッキリしたカラーのあるところに入れるわけですから、良くなることもあれば悪くなることもないとはいえません。よーく、空気のにおいをかいでみてくださいね…

こじろうの場合は、中学受験が大正解だったと思います。いじめの少ない環境ということもさることながら、本人の凸凹の凹の部分が画期的に補えたので。またろうを受験させたらどうだったのかというのは実験できないのでわかりません(^^;;
  • 2015-07-15 12:25
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。