Entries

先延ばし癖の対策: 「1」だけまずやる

先延ばし癖は、けっこう生活への影響が大きいです。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

もちろん受験勉強をするにも、
学生として単位を取るにも、
家事をこなすにも、
仕事をこなすにも、
これは大きな障壁になります。

ところで、またろうの資質のうちかなりの部分を持っているはずのよしぞうは、
またろうと違って留年も浪人もしたことがありません。

これは、先延ばし癖がないのではなくて、
実は、「先延ばし癖」はけっこうひどくてものすごい危険なところに自分を追い込んでいたこともあるのですが、
いつもすんでのところで火事場の馬鹿力を発揮してなんとかしたんです。

特に、よしぞうがとんでもなく単位を落としまくったあげく、結果、留年しなかったことは、伝説として語り継がれています(半分嘘だが半分くらいしか嘘でない)。

私は彼のわけのわからないパワーに惚れて結婚したといっても過言ではないでしょう。

けど、またろうにそれを求めてもダメです。そういう素質がない人に「追い詰められパワー」は発揮できません。

私は、よしぞうやまたろうほどひどくはないですが、やっぱり先延ばし癖はあります。飽きっぽさもなかなかのものです。

それでも、受験勉強のようなものはわりとうまくこなすことができましたし、仕事の締め切りも守りますし、なんと「本」まで書けてしまいました。その秘訣は…

「ちょっと」やる、それを習慣にする、やり続けることだと思うんですけど。というか、思ってたんですけど、

またろうにそれを伝授することはできなかったような気がします。

高校受験のときは無理やり、英語を毎日まいにちとっつかまえてやらせたりしてましたけど、
それは決して本人の習慣として取り込まれていきませんでした。

よしぞうも、そういうのは苦手なように見えます。ADHDが本格的レベルだと難しいんですかね。

でも今回、「マンガで分かる心療内科 13巻 (ヤングキングコミックス) まるごと1冊 ADHD」を読んでいたら、「薬を飲む以外の対処」として

「1」

というのが書いてありました。つまり、取り掛かりにくいならまず「ちょっと」やる。たくさん文章を書くのがおっくうなら、まず「1」文字でもいいからといって始めてみる。これは、ADHDの欠点を補って生活を送るノウハウとして、ある程度一般的に効くもののようです。

まずやる。「ちょっと」でいいからやる。

ちょっとでも、やらないよりいいし、ちょっと始めたらけっこうそのまま勢いに乗って行けるかもしれない。

いいですよね。少なくとも、この心得がないより、あるほうが。

でも、さらにこれを進めて、「少し」を習慣化して毎日続けるのは、よしぞうにもまたろうにも、私より難しいみたいです。

今離れて暮らしているまたろうが、これ以上の留年をせずに卒業できるかどうかは、この辺にかかっていると思うのですけど…

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/151-aa47f217

トラックバック

コメント

[C212]

こんにちは。
マンガ、買ってしまいました(^^;;

まず「1」だけやってみよう!
ハードル低いと確かに取り掛かりやすいです。多分息子でも「だったらかーんたん♪」とやるかもしれません。
でもやっぱり「1」で終わりそう…。「0」よりはマシと考えましょうと言われても、きっと私は最初から「2」にさせちゃいそうです。
あるいは「1」だけでいいからとやらせてから、もうちょっとやってみなよ〜と、結局その先まで強要して作戦失敗のパターンかも!
親力無さ過ぎです…(>_<)

[C214] >るきさん

>マンガ、買ってしまいました(^^;;
なかなかおもしろいでしょ(^^) おおげさで、わかりやすくて。

> でもやっぱり「1」で終わりそう…。
否定はできん。

段取りしたがるタイプには、
またろうタイプの子を見守るのってほんとしんどいです。
修行ですね(-_-;;
  • 2015-06-30 12:40
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

[C216]

本じゃなくてマンガなんですね、
アマゾンで調べたら、同じシリーズでほかの内容のものが
いっぱいヒットしました(笑)。

本だととっつきにくい内容でも漫画なら、ということでしょうが、
すごい時代ですね。目の付け所が鋭いですね。

うちの子供は低学年なので、
能力的に集中できる時間が短いため勉強時間は必然的に毎日ちょこっとですが、私自身のピアノの練習において、
「ちょこっと」は参考になります。ありがとうございます。

今は、集中力が低下したせいか、
時間がないせいか、ちょこっとしかピアノの練習が続きません。

15~20分程度のピアノ練習ではたして上達しているのか疑問ですが、
まだ初心者なのでそれで済んでいるのかもしれませんね。

時間にちょっと余裕があって長時間やったりすると、
逆に、次の日以降の練習が途切れがちになってしまいます。

またろう君は一人暮らしして、一人で奮闘しているの、すごいですね。

遠い将来ですが、愚息も一人暮らしできるようになってもらいたいです。
なにせ、まだ一人で留守番できないんで(怖いそうです)。
  • 2015-07-03 20:21
  • ましかば
  • URL
  • 編集

[C217] >ましかばさん

漫画なんです。よくできていると思います。これはこのシリーズの13巻だそうですけど、ふつうの漫画なら13だけ買うとかありえないですね(笑) この場合、自分が関心あるとこしか買わないよね。

「ちょこっと」を続けているうちにまた別のことが見えてきて、
こういうふうに練習したいとか、時間がかかるようになったりすると思います。生活の都合を考えると、いいことかどうか微妙ですが(^^;;

「ひとりで留守番」が早くからできるかどうかと、
大きくなって一人暮らしができるかどうかって、
あんまり関係ないかも。
  • 2015-07-05 17:40
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR