Entries

ADHDに効く薬

本屋で平積みになっているのを見て衝動的に買ってしまったんですが、
「マンガで分かる心療内科 13巻 (ヤングキングコミックス) まるごと1冊 ADHD」
という本がありました。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

今更というか、特にもう知らないことが載っているわけではないですけど、特徴の理解から、日常の対処法、薬など全般によくまとまっているし、マンガなので面白おかしく一気に読めるからいいかなと思いました。

マンガといっても子供向けではなくて、どちらかというと大人向け、まぁ中学生以上くらいかなという感じの内容です。

いろいろ書きたいことはあるのですが、そういえばこれまで書いたことがほとんどなかった薬の話。

またろうが小二で診断を受けたとき、「薬が効くかどうか試しましょう」というのもあったんでした。

当時ですから薬はリタリンですね。

試し方というのが、処方してみて日常生活を過ごしてみる、というのではなかったんです。
診察室で、PCを使った集中力の課題? があって、その成績の変化を見るというものです。

何かピッと現れたらそれに従って適切なボタンを押すとか、そんなんだったかと思います。

結果からいうと、「薬は効かない(少なくとも、効くという結果は見られなかった)」ということになって、薬は使わないことになったのですが…

当時も思ったのですが、これはまたろうにとってはあまり意味のある試し方ではなかったと思います。
非日常の、診察室という場で、先生と差し向かいで二人。
興奮しているし、緊張しているし、またろうとしてはものすごく出来がよくなるシチュエーションなのです。

またろうが、入試当日(だけ)なら案外ちゃんとこなして合格を取ってくるみたいなものです。

そもそも、薬がなくても、人並み程度の成績が出せていたのではと思います。

そんなわけで、薬は効いてるか効いてないかわからなかったのでした。

私とよしぞうも、あまり薬にこだわる気持ちがなかったのであっさり引き上げたのですが…
もしかして、じっくり日常生活で試して改善するかどうかを調べたら、薬の助けを借りる手立てもあったのかもしれません。

しかし、薬のチョイスがリタリンだけだったことを考えれば、
結局またろう程度だと飲まない選択になったかもしれないし、
まぁ今となってはわかりませんけどね。

でも、この本…というかマンガにも書いてありましたが、今は薬の選択肢が増えています。

コンサータという、リタリンより効果がゆっくりの薬
(でもやはり中枢を刺激する薬であるため、認定医しか処方できない)

ストラテラという、コンサータよりもっとゆっくりの薬
(一般医が処方できる)
です。

もし、ストラテラで助けになるようでしたら、近くの医師に継続して処方してもらうこともできますし、
本気で考えたかもしれません。

なにしろ、またろうが小さい頃は生活自体が必死だったので…
というのは、またろうが外出に不向きで、遠出を頻繁に繰り返すのは無理があったし、
薬をコンスタントに飲むというのもハードルが高かったので、
あまり気が進まなかったのです。

検索してみますと、合う合わないがあって使用感は様々のようですが、
選択肢が増えたのはいいことですね。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/149-64c85268

トラックバック

コメント

[C203]

そのマンガ、興味あります(*^^*)
私も沢山調べてきましたから、目新しいこともないかもしれませんが。

薬は色々な意見がありますが、受験に向けて切羽詰まっている我が家には「とにかく勉強することができるようになるなら薬に頼りたい!」と強く思いました。
でも医師に質問し終わる前に却下のお返事。とてもがっかりした覚えがあります。
もちろん息子に薬の効果があるのかは分かりませんけど…。
緊張状態ならまともになって、入試当日はしっかり合格をとってくるといいな〜。まぁそれでも実力以上の力は出るわけないので、期待してはいけないですね(^^;;

[C204] 初めてコメントします

はじめまして。
まったりな小学4年の息子がいるcaterinaと申します。

またろう君の本を読み、こじろう君とはなひめちゃんの中学受験の本を読み、数か月かけてブログの過去の記事をすべて遡って読みました。

そして、すっかりアンダンテさんに影響され、息子を日能研に入れてしまいました(笑

いつも楽しくブログを拝見しています。とってもためになります!
以前からアンダンテさんにそのことを伝えたいと思いながら、ブログというものにコメントを書いたことがないので、たかがコメントですが、とてもハードルが高かったのです。

またろう君が薬を試して効果がなかったので使わなかった、ということがちらっと本に書いてあり(ブログだったかしら?)、そのことをもう少し詳しく聞きたいな、とずっと思っていました。
そして、今朝もそのことを考えていたら、なんとこのタイムリーにこの記事!

今薬を使うべきかどうか、本当に悩んでいるのです。

息子は発想がユニークで面白く、物真似が上手くて、耳が良くすぐ曲を覚え、お風呂に入るといつも鼻歌を歌っていて、、、親や担任の先生でなければ本当に和む可愛い子だと思うのです。

薬でこの個性がなくなってしまうのか、と思うと使えません。でも、中学受験を薬なくしてはできないかも、という不安もあります。

これからも色々教えて下さい。いつも楽しみにしています!



  • 2015-06-19 01:12
  • caterina
  • URL
  • 編集

[C205] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C206]

アンダンテさん、こんにちは。

考えさせられる話題ですね…。

薬は必ずしも全員に効くわけではないですが、
効果があるという人もそれなりの割合いることが
分かっていますから、薬の効果にはそそられます。

おっしゃるように、薬の種類が増えることで
選択肢が増えるのはいいことだと思います。

ただ、その一方で、
薬に頼らなくても改善できる方法がもっと増えるといいなと思います。

「3歳から薬を飲み始めて、80歳になっても飲み続けるのか?」
「子供の発達障害には極力、薬の使用は避けるべき」
とおっしゃる精神科医もいます。
薬を使用するかは主治医の方針にもよりますよね。

話が大きくなって申し訳ありませんが…。
最近話題の某大手日本企業の外国人役員の薬物所持の逮捕のように
(ADHD薬ではありませんが)、
「ストレスがかかると薬に頼る」という癖を子どもの頃からつけるのもなあ…
と思うと、薬物使用はどうしても躊躇してしまいます。

もちろん、薬がないと本人も周りもあまりにもつらすぎる…
という場合は、致し方ないんでしょうね。

薬だけではなく、
もっと多くの選択肢が増えるといいなと個人的には思っています。
でも、儲からないから難しいのでしょうかね。



話が大きくなりますが、

  • 2015-06-22 09:32
  • ましかば
  • URL
  • 編集

[C207] Re: タイトルなし

> そのマンガ、興味あります(*^^*)
とりあえずよくまとまってて漫画ちっくに描いてあるので本人に読ませるにも便利かなと思います。

> 薬は色々な意見がありますが、受験に向けて切羽詰まっている
> 我が家には「とにかく勉強することができるようになるなら薬
> に頼りたい!」と強く思いました。
またろうが飲んで試してないんでなんともいえませんが、今、お子さんに飲ませてみている方のお話では、みんなが何気なくやれる生活動作のひとつひとつ、これまではたいへんな努力をしないと始められなかったところ、自然に動けるようになったといっていました。

> でも医師に質問し終わる前に却下のお返事。とてもがっかりした覚えがあります。
お医者さんによって、考え方にずいぶん違いがありそうですから、試してみたければ、そういう考えのお医者さんを探してから行くしかないですかね?

> 緊張状態ならまともになって、入試当日はしっかり合格をとってくるといいな〜。
> まぁそれでも実力以上の力は出るわけないので、期待してはいけないですね(^^;;
もちろん実力までしか出ませんが(^^;;
ふだん実力が出てないのでまぁ、わりとよかったカンジにはなるかもです。
  • 2015-06-23 18:41
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C208] Re: 初めてコメントします

caterinaさん、はじめまして。
おぉ、日能研ですか(^^;;
まったり系息子さんを日能研に入れたということは、親がかなりがんばって「まったりカスタマイズ」しないといけませんね。面倒な部分もあるでしょうけど、うまくカスタマイズできれば日能研はコスパのいい塾だと思いますよ。

薬というのは、うまくいえないけど、個性をなくすようなものではないと思います。
むしろ、本人がやろうと思っていることに、ちょっとスムーズに取り掛かれたり、
本人がやめようと思っていることを、止めるのに必要な努力がやや軽減されたり、
本人の元々の意図が表にでてきやすくなるような感じではないかと。

(薬が効くタイプだったらね)

> 親や担任の先生でなければ本当に和む可愛い子だと思うのです。
あぁ…ほんとにね~(^^;;

そこんとこがつぶれないように、というのは薬を使う使わないというよりは、日能研の通常ペースに親が巻き込まれてヒートアップしちゃわないようにね。何か迷ったりしたらいつでもコメントください!! お気軽にどうぞ。
> はじめまして。
> まったりな小学4年の息子がいるcaterinaと申します。
>
> またろう君の本を読み、こじろう君とはなひめちゃんの中学受験の本を読み、数か月かけてブログの過去の記事をすべて遡って読みました。
>
> そして、すっかりアンダンテさんに影響され、息子を日能研に入れてしまいました(笑
>
> いつも楽しくブログを拝見しています。とってもためになります!
> 以前からアンダンテさんにそのことを伝えたいと思いながら、ブログというものにコメントを書いたことがないので、たかがコメントですが、とてもハードルが高かったのです。
>
> またろう君が薬を試して効果がなかったので使わなかった、ということがちらっと本に書いてあり(ブログだったかしら?)、そのことをもう少し詳しく聞きたいな、とずっと思っていました。
> そして、今朝もそのことを考えていたら、なんとこのタイムリーにこの記事!
>
> 今薬を使うべきかどうか、本当に悩んでいるのです。
>
> 息子は発想がユニークで面白く、物真似が上手くて、耳が良くすぐ曲を覚え、お風呂に入るといつも鼻歌を歌っていて、、、親や担任の先生でなければ本当に和む可愛い子だと思うのです。
>
> 薬でこの個性がなくなってしまうのか、と思うと使えません。でも、中学受験を薬なくしてはできないかも、という不安もあります。
>
> これからも色々教えて下さい。いつも楽しみにしています!
  • 2015-06-23 22:21
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C209] Re: タイトルなし

ワーキングメモリーや処理能力に難があるとすればいわゆる中学受験でもいろいろ苦労するかもしれないんですが、
公立中の生活もなにかと面倒なんですよね。理由は何であれ、はみ出す子に厳しいから…

けれど勉強よりももっと苦手は体育はじめ実技教科とすれば、まぁ中学受験のほうがまだしも!?
やってみないとわかりませんけど。

ゆるゆる試してみてね!!
  • 2015-06-23 22:28
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C210] Re: タイトルなし

ましかばさん、

そうですね、薬でなく改善できる部分もいろいろあるはずなのに、それはほんとに個別な話で面倒だからといって、
薬を飲めばいいでしょ??
みたいな流れになってもそれはそれで困りますね。

「うつ病」がなまじ薬がよく効くだけに、話を聞いたりとかの治療がおろそかにされがちだと聞いたけれど…

でも薬がものすごく大きな助けになるのは確かで、怖がって避けるのではなくて利用していったほうがいいですよね。

ADHDの「薬」がどのくらいの位置づけになるのか、まだ固まっていないようですね。

> 薬だけではなく、
> もっと多くの選択肢が増えるといいなと個人的には思っています。
> でも、儲からないから難しいのでしょうかね。
ほんと、薬を出して三分診療なら一番儲かるでしょうからね(^^;;
  • 2015-06-23 22:35
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C271] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C275] Re: 初めまして

興味のあるところだけピンポイントですごい集中力ですよね。ほんと。

ところで何か誤解があるかもしれませんが、日能研で中学受験をしたのはまたろうではなくこじろうで、こじろうのほうはADHDじゃありません。またろうは高校受験で、市進に通いました。

塾に通うのに、ADHDをカミングアウトする必要があるかといえば、別に必ずしもそうでないと思います。ただ、具体的に困ったことがあるときに、それについての対応があさってになりそうだったら、相談してみたらいいと思います。

たとえばですが、遅刻とか、宿題を出さないといったようなことに対して、あまりに性急で厳しい対応をされてしまうようであれば、子どもの特性とか(別に先生や塾をバカにしているわけではない)、親がどうフォローしようとしているか、どのように改善を試みているかなどをお話しするような感じです。

高校受験では元々、中学受験よりは本人の自主性に任される面が多く、あまり個別のフォローはされないことからかえって、またろうの特性について軋轢はあまりなかったように思います。つまり、遅刻が多くても特に気にされないというか。いいか悪いかわかりませんが。ただクラス分けについてや志望校決めのときなどに本人の特徴について言及したことはあります。

似合う学校との幸せな出会いがありますように(^-^)
  • 2015-12-16 13:47
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C276] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR