Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/147-8e76dd9d

トラックバック

コメント

[C193] はじめまして

はじめまして。中受予定の小4息子の母です。
アンダンテのだんだんと日記からきました。

うちの息子もADDグレーの子です。
はっきりと診断がつかなかったので、療育は受けれませんでしたが、凸凹の差が非常に大きいです。

なのですごくうなずきながらブログを読ませていただいています。

きっと中学では内申を取れないだろうとの思いで、中受予定ですが、心折れることばかりです(涙)

まだまだ始まったばかりの中学受験。これからだと分かってはいますが、処理能力の低さに、理解力の低さに、そして偏差値の低さに、毎回心が折れ、やっぱりこの子に中学受験は無理なんじゃないだろうかと思ってしまいます。

本人は「別にどっちでもいいよー」という感じなので、なおさらでしょうね。

最近少ししっかりしてきたので、このままいけば、もしかしたら公立中学でもやっていけるかもしれない。とも思います。

だから余計に迷います。

進学塾に払ってる費用を、学習塾に変えて、公立高校受験を見据えてゆっくり勉強していったほうが、この子には合っているのかもしれない。

でも、やっぱり手厚い私立にいれたい。塾で学んだことは無駄じゃないと思いたい。

でもサポートするのが本当に大変で、私が息切れしそう。

と毎日迷ってます(笑)

なのでアンダンテさんのブログを読んで、自分なりの答えを見つけたいと思います。

でも、アンダンテさんの意見もぜひ聞いてみたいなぁと思います。

本当はもっと詳しく色々ご相談したいのですが、メールが送れないようなので、コメントにて失礼いたします。

長文申し訳ありませんでしたm(_ _)m

  • 2015-05-29 00:33
  • わかりょん
  • URL
  • 編集

[C194] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C195] Re: はじめまして

わかりょんさん、はじめまして。
ADDグレーだと、中学受験するかどうか、本当に迷いますね。
中学受験に向いているともいえない…(まったりすぎる処理速度)
一方、公立中学に向いているともいえない…(いじめのターゲットになりやすい、内申がとれない)

一概にどうとはいえません。どこが凸でどこが凹なのか、
近くに選択肢としてどんな中学があるか、
経済事情、
親はどのくらいサポートの時間が取れるのか、
とにかく最適解は猫の目のように変わるものと思われます(^^;;

もっとも、ある状態に対してでも最適解は複数あると思いますから、どれかの道を選んで進み始めたら、この選択は正しいと思ってポジティブに進めばいいことなんですけどね。

息切れしたら、迷わず休んで、
休憩が済んだら、
なるべく息切れしないペースを見つけて再スタートするのがいいと思いますよ。

* このブログの非公開コメントか、「だんだんと日記」のメッセージ機能(右ペインに「メッセージを送る」というのがあります)でメールアドレスを教えていただければ、折り返しメールします。
  • 2015-06-01 22:34
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C196] Re: タイトルなし

** さん、お久しぶりです(^^)
そういう、テレビで見ても明らかに違う空気をまとった人が、自分に合う場を得て活躍しているのはうれしいですね。
確かに、俳優の世界でいえば、人と違うことはひとつの価値ですもんね。
  • 2015-06-01 22:40
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C197] 同感です

アンダンテさん、はじめまして。
最近になり貴ブログを知り、ちょくちょく拝見している者です。

うちには小2のまたろうくん系息子が居ります。

しかし、残念ながら、またろうくんとは異なり、
煌めく数学的センスはなく、かと言って高い言語能力もなく、
国語も算数もきらりと光るものはないのですが。

処理速度遅く「のろま」、忘れ物多く、
片づけられません。

私は公立中学出身で、
当時の公立中学は管理教育と校内暴力の嵐の中におりましたので、
同じ道に子供を歩ませたいかといえばNo!です。

しかし、息子本人の処理速度の遅さからして、
中学受験を勝ち抜くのは困難のような気がしています。
まさに、アンダンテさんが書いていらっしゃることと同じ思いです。

中学受験するかどうかは、
もう少し成長の様子を見て、判断するしかないと思っています。

昨今は、中学受験生の受験勉強開始時期はかなり早いですすよね。
もたもたしているうちに、
我が家はこのままずるずると受験開始することなく、
公立中学行きになりそうです。
  • 2015-06-04 17:02
  • ましかば
  • URL
  • 編集

[C198] Re: 同感です

ましかばさん、はじめまして。
> うちには小2のまたろうくん系息子が居ります。
小2かぁ~(^^) まだまだここから先の道のりが長いですね。
でもそのころのまたろうを思い出すとめっちゃかわいい。うふふ。

> しかし、残念ながら、またろうくんとは異なり、
> 煌めく数学的センスはなく、かと言って高い言語能力もなく、
> 国語も算数もきらりと光るものはないのですが。
まだまだわからないと思いますけど…

またろうの数学もぐぐっと良くなったの中二くらいですし。

> 処理速度遅く「のろま」、忘れ物多く、
> 片づけられません。
はいはい。嫌っちゅうほどわかります。

> 私は公立中学出身で、
> 当時の公立中学は管理教育と校内暴力の嵐の中におりましたので、
> 同じ道に子供を歩ませたいかといえばNo!です。
そうですね。昔と今の公立中、雰囲気は違いますけど(特に先生側)、ただ結局子どもたち同士が関係の強さを探り合って、外れ者をターゲットに憂さ晴らしをする、というところは変わらないので、またろう族の身の処し方は難しいです。難しかったです。

> しかし、息子本人の処理速度の遅さからして、
> 中学受験を勝ち抜くのは困難のような気がしています。
> まさに、アンダンテさんが書いていらっしゃることと同じ思いです。
確かにそうなんですよね…
もちろん私立といってもいろいろなので、入れてくださるところもあるはずなんですけど、そこで公立中より良い環境が得られるかどうかはわからない。

> 中学受験するかどうかは、
> もう少し成長の様子を見て、判断するしかないと思っています。
するとなったらやりようですが…
親がだんだん引き込まれていって、子どもにできないところまで要求することだけは避けないといけないので、私はそのへんもいまいち自信なかったかな。なにせ一人目だったので。逆順ならまだしも。

> 昨今は、中学受験生の受験勉強開始時期はかなり早いですすよね。
> もたもたしているうちに、
> 我が家はこのままずるずると受験開始することなく、
> 公立中学行きになりそうです。
まぁそれはそれで(^^;;
公立中に行くこと前提でも、ほんとはやっておくべき勉強、身に着けておくべきこと、いろいろあったんですよね。
うちはほんとにわやくちゃしてるうちに中学生になっちゃって。
  • 2015-06-05 22:14
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C199] お返事ありがとうございました

アンダンテさん

丁寧なお返事、誠にありがとうございました。
色々な検討事項があるのですね。

またろうくんの本も拝読いたしました。
色々と共感する部分が多く、
多すぎてここに書くと長くなりすぎるので止めます(笑)。

アンダンテさんの、ピアノ練習に関する別ブログも拝読しました。

実は私、最近ピアノを習いはじめまして、
そちらのブログにも寄らせて頂くかもしれません。
宜しくお願い致します)^o^(
  • 2015-06-09 12:20
  • ましかば
  • URL
  • 編集

[C201] >ましかばさん

またろう本を読んでいただきありがとうございました。

ピアノ習い始めたのですね!!
ピアノのほうもぜひお越しください(^-^)
末永く楽しみましょう~
  • 2015-06-17 22:05
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

社会適応的に診断!?

俳優さんが自分の発達障害についてテレビ番組で「告白」したというのがニュースになっていました。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

栗原類、発達障害を告白
これによると、アメリカにいたときに行動面の問題から学校の先生に受診を勧められ、ADDと診断されたとあります。

でも「人に合わせなかったり、家を出る時間をぴったりと決めたり、水を飲まないと授業に参加しないなど、すごく決め事やこだわりがありました」とあるのでこれは…

ADDというよりアスペ系の子なのでは? と今から見ると思いますけど。

栗原さんは20歳とのことで、大雑把にいってまたろう世代ですから、小さい頃にはまだこのへんの扱いがあまり整理されていなかったということはあると思います。でも、アメリカは日本よりは進んだ状況で、それに診断した人は専門家でしょうから、ほんとにごっちゃにしていたということはなくて、意図的でしょうね。

ADDというくくりで診断することによって、適切な援助が受けられるからそのように診断したのではないかという気がします。

実際、
> 診断を受けたおかげで「自身の弱点がわかりやすくなった。自分ができることとできないことがよりわかりやすくなった
とのことですから、診断が役に立ったのですよね。

またろうが診断を受けにいったのは小2のときでしたが、
・確かにADHDの特徴を備えている
・合併症はない
・発達の凸凹は大きいものの、全体には能力が高く、適切な援助があれば普通学級でやれるだろう
という見立てで、先生は「ADHDと診断してもいいし、そうじゃなくてもいいよ」というようなニュアンスでした。

まさにグレーゾーン…

これから先、生きやすいと思うほうで、どちらでも。

というふうに感じられました。

たとえば、話が「盲腸」だったら、
「盲腸といってもいいし、いわなくてもいいし、どちらでも。どちらにしますか?」とは言われませんね(^^;;

診断名があったほうがわかりやすい。あるいは、先生などの協力を求めるときに説明しやすい。
と思えばADHDということでよいし、

うちの子が発達障害だと思うことに抵抗がある
ならばこだわらなくてよい

ということなんだと思います。

私は別に「そんな、うちの子が!!」というような抵抗はありませんでしたし、
子どものことが理解しやすくなり、
親としても対応しやすくなり、
カテゴリー化することで、ノウハウにたどり着きやすくなる。
ということで、診断してもらったほうがいいかなと感じました。

まぁ当時、そんなにうまくまとめられた「ノウハウ」は実際のところ入手できなかったんですけどね…

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/147-8e76dd9d

トラックバック

コメント

[C193] はじめまして

はじめまして。中受予定の小4息子の母です。
アンダンテのだんだんと日記からきました。

うちの息子もADDグレーの子です。
はっきりと診断がつかなかったので、療育は受けれませんでしたが、凸凹の差が非常に大きいです。

なのですごくうなずきながらブログを読ませていただいています。

きっと中学では内申を取れないだろうとの思いで、中受予定ですが、心折れることばかりです(涙)

まだまだ始まったばかりの中学受験。これからだと分かってはいますが、処理能力の低さに、理解力の低さに、そして偏差値の低さに、毎回心が折れ、やっぱりこの子に中学受験は無理なんじゃないだろうかと思ってしまいます。

本人は「別にどっちでもいいよー」という感じなので、なおさらでしょうね。

最近少ししっかりしてきたので、このままいけば、もしかしたら公立中学でもやっていけるかもしれない。とも思います。

だから余計に迷います。

進学塾に払ってる費用を、学習塾に変えて、公立高校受験を見据えてゆっくり勉強していったほうが、この子には合っているのかもしれない。

でも、やっぱり手厚い私立にいれたい。塾で学んだことは無駄じゃないと思いたい。

でもサポートするのが本当に大変で、私が息切れしそう。

と毎日迷ってます(笑)

なのでアンダンテさんのブログを読んで、自分なりの答えを見つけたいと思います。

でも、アンダンテさんの意見もぜひ聞いてみたいなぁと思います。

本当はもっと詳しく色々ご相談したいのですが、メールが送れないようなので、コメントにて失礼いたします。

長文申し訳ありませんでしたm(_ _)m

  • 2015-05-29 00:33
  • わかりょん
  • URL
  • 編集

[C194] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C195] Re: はじめまして

わかりょんさん、はじめまして。
ADDグレーだと、中学受験するかどうか、本当に迷いますね。
中学受験に向いているともいえない…(まったりすぎる処理速度)
一方、公立中学に向いているともいえない…(いじめのターゲットになりやすい、内申がとれない)

一概にどうとはいえません。どこが凸でどこが凹なのか、
近くに選択肢としてどんな中学があるか、
経済事情、
親はどのくらいサポートの時間が取れるのか、
とにかく最適解は猫の目のように変わるものと思われます(^^;;

もっとも、ある状態に対してでも最適解は複数あると思いますから、どれかの道を選んで進み始めたら、この選択は正しいと思ってポジティブに進めばいいことなんですけどね。

息切れしたら、迷わず休んで、
休憩が済んだら、
なるべく息切れしないペースを見つけて再スタートするのがいいと思いますよ。

* このブログの非公開コメントか、「だんだんと日記」のメッセージ機能(右ペインに「メッセージを送る」というのがあります)でメールアドレスを教えていただければ、折り返しメールします。
  • 2015-06-01 22:34
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C196] Re: タイトルなし

** さん、お久しぶりです(^^)
そういう、テレビで見ても明らかに違う空気をまとった人が、自分に合う場を得て活躍しているのはうれしいですね。
確かに、俳優の世界でいえば、人と違うことはひとつの価値ですもんね。
  • 2015-06-01 22:40
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C197] 同感です

アンダンテさん、はじめまして。
最近になり貴ブログを知り、ちょくちょく拝見している者です。

うちには小2のまたろうくん系息子が居ります。

しかし、残念ながら、またろうくんとは異なり、
煌めく数学的センスはなく、かと言って高い言語能力もなく、
国語も算数もきらりと光るものはないのですが。

処理速度遅く「のろま」、忘れ物多く、
片づけられません。

私は公立中学出身で、
当時の公立中学は管理教育と校内暴力の嵐の中におりましたので、
同じ道に子供を歩ませたいかといえばNo!です。

しかし、息子本人の処理速度の遅さからして、
中学受験を勝ち抜くのは困難のような気がしています。
まさに、アンダンテさんが書いていらっしゃることと同じ思いです。

中学受験するかどうかは、
もう少し成長の様子を見て、判断するしかないと思っています。

昨今は、中学受験生の受験勉強開始時期はかなり早いですすよね。
もたもたしているうちに、
我が家はこのままずるずると受験開始することなく、
公立中学行きになりそうです。
  • 2015-06-04 17:02
  • ましかば
  • URL
  • 編集

[C198] Re: 同感です

ましかばさん、はじめまして。
> うちには小2のまたろうくん系息子が居ります。
小2かぁ~(^^) まだまだここから先の道のりが長いですね。
でもそのころのまたろうを思い出すとめっちゃかわいい。うふふ。

> しかし、残念ながら、またろうくんとは異なり、
> 煌めく数学的センスはなく、かと言って高い言語能力もなく、
> 国語も算数もきらりと光るものはないのですが。
まだまだわからないと思いますけど…

またろうの数学もぐぐっと良くなったの中二くらいですし。

> 処理速度遅く「のろま」、忘れ物多く、
> 片づけられません。
はいはい。嫌っちゅうほどわかります。

> 私は公立中学出身で、
> 当時の公立中学は管理教育と校内暴力の嵐の中におりましたので、
> 同じ道に子供を歩ませたいかといえばNo!です。
そうですね。昔と今の公立中、雰囲気は違いますけど(特に先生側)、ただ結局子どもたち同士が関係の強さを探り合って、外れ者をターゲットに憂さ晴らしをする、というところは変わらないので、またろう族の身の処し方は難しいです。難しかったです。

> しかし、息子本人の処理速度の遅さからして、
> 中学受験を勝ち抜くのは困難のような気がしています。
> まさに、アンダンテさんが書いていらっしゃることと同じ思いです。
確かにそうなんですよね…
もちろん私立といってもいろいろなので、入れてくださるところもあるはずなんですけど、そこで公立中より良い環境が得られるかどうかはわからない。

> 中学受験するかどうかは、
> もう少し成長の様子を見て、判断するしかないと思っています。
するとなったらやりようですが…
親がだんだん引き込まれていって、子どもにできないところまで要求することだけは避けないといけないので、私はそのへんもいまいち自信なかったかな。なにせ一人目だったので。逆順ならまだしも。

> 昨今は、中学受験生の受験勉強開始時期はかなり早いですすよね。
> もたもたしているうちに、
> 我が家はこのままずるずると受験開始することなく、
> 公立中学行きになりそうです。
まぁそれはそれで(^^;;
公立中に行くこと前提でも、ほんとはやっておくべき勉強、身に着けておくべきこと、いろいろあったんですよね。
うちはほんとにわやくちゃしてるうちに中学生になっちゃって。
  • 2015-06-05 22:14
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C199] お返事ありがとうございました

アンダンテさん

丁寧なお返事、誠にありがとうございました。
色々な検討事項があるのですね。

またろうくんの本も拝読いたしました。
色々と共感する部分が多く、
多すぎてここに書くと長くなりすぎるので止めます(笑)。

アンダンテさんの、ピアノ練習に関する別ブログも拝読しました。

実は私、最近ピアノを習いはじめまして、
そちらのブログにも寄らせて頂くかもしれません。
宜しくお願い致します)^o^(
  • 2015-06-09 12:20
  • ましかば
  • URL
  • 編集

[C201] >ましかばさん

またろう本を読んでいただきありがとうございました。

ピアノ習い始めたのですね!!
ピアノのほうもぜひお越しください(^-^)
末永く楽しみましょう~
  • 2015-06-17 22:05
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。