Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/145-527f60ae

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

まじめ・ふまじめ

またろうは、小学校低学年のときにいったん公文に通い始めたんだけど、そこで「落ちこぼれて」辞めてしまった。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

そして、中学二年生のときにまた同じ教室で公文通いを復活させて、それからは高校受験が済んでからもしばらくやっていたという経緯がある。

公文というのは、その子に「ちょうどのところをやる」というのが触れ込みだから、ふつーに考えると「落ちこぼれる」って意味わかんないんだけど、またろう族は公文でもNGな場合がある。

それは、勉強の中身のことではないんだけど(プリントの中身は、それこそ「ちょうど」のところをやればいいんだから)、プリントを扱うということそのものだ。公文では、教室に行ったら宿題を提出し、その日にやるプリントをもらって、済んだら丸付けしてもらって、丸付けの済んだプリントと、新たな宿題をもらって帰るけど、このルーチンがまたろう族には難しい。

このルーチンができなくて諦めて、公文を辞めたんだけど、その後、大きく成長して復活したまたろうを見て先生は喜んだ。

復活してしばらくして、三者面談があったのだけど、そのときに先生に言われて私がいちばん驚いたセリフ:
「またろうくんは、とてもまじめで素直ですね」
(詳細については中学受験ブログの記事「公文とまたろう」)

まじめ!! いろんな形容がある中で、その言葉をまたろうに当てはめて考えたことはついぞなかった。
学校の先生に言われたこともついぞなかった。

それはそうだろう、ふつう、「まじめ」と言われる人の特徴というのは
・提出物を期日までにきちんと出す
・遅刻をしない
・最後までやり遂げる
・整理整頓
などなど(^^;; またろうから一番遠い特徴。

でも、考えてみれば、またろうの行動が結果として、まじめから遠く離れたものとなるにしても、
心根というか性質からすればまじめかもしれない。
まったくもって「目から鱗」だった。

またろうは、人に対して誠実であるし、
かくあるべきと思ったことは律儀に守ろうとするし、

…そう。まじめ。気持ちはね。

ただ、学校の先生とかに「計られる」まじめ度にはまったくその片鱗も表れない。

気持ちはまじめ、結果はふまじめ。

学校の先生とは違う角度から見てくれる先生がいるっていうのは、いいことだね。


これをきっかけにして、私の気持ちも微妙に変化したような気がする。
そう思って見ると、またろうって、まじめでやさしい、いい子だよね。
根っこはね。

その後、高専にいる間も「忘れ物」といういかにも不真面目な理由で留年を決めたけれども、
本人なりの成長に従って徐々に本来の気持ちに沿った結果も出せるようになってくると、

あぁまじめで素直だな。

と思うようになった。大学編入の試験や、卒研については、その「まじめ」の部分がかなり生きたかな。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/145-527f60ae

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。