Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/140-679525ca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

荷造りはやっぱりたいへんだ

さて一人暮らしの始まりです。ハードル高いというか、心配し始めたらもうきりがないんですけど、本人わりと(少なくとも見た目は)淡々としていました。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

実感がなかなかわかなかったのかもしれません。

でも、ちゃんと新生活を軌道に乗せたいなという気持ちはあったみたいで、何日に移動するかを相談したとき、入学式より数日余裕をもって、早めに引っ越しすることを決めました。

「慌てたくないから。行ってから生活の準備しながら待つ」

向こうに行っちゃってから、知り合いもなく一人で数日過ごすのもしんどいような気もするんですが、本人の感覚を尊重することに。

決めた日にちが近づいてくると、私は「早めに荷造りしろ~」とやいのやいの言ってたんですがなかなか進まず、直前の日曜日になって強権発動、「とにかく持っていくものをひとまとめにしなさい」といって集めさせ、梱包は手伝いました。

大学生になってからも参照するかもしれない教科書、衣類、タオルなど日用品、しかし本人は「何を運んだらいいのか」いまいちピンとこないようで、何でもかんでも量が控えめ。衣類はもっとどっさり持っていったらいいんじゃないか、本や漫画だってそんな大量に家に置いとかれても(^^;; うれしくないし、こっちに置いといたら読めないんだから、持っていけばいいのにね…

結局、宅配便用にまとめた荷物はたったの三箱。これで足りるとも思えないんだが。

ま、いわゆる「引っ越し」を頼むわけじゃなくて、宅配便で送るだけなので、足りなかったらあとで送ればいいか~ということで中身の選定にはあえて口出しせず、そのまま発送しました。

そのあと、実際に本人が移動(新幹線で)する段になって、やっぱりこれもいるよねあれもいるよねということで、だんだん荷物が膨れ上がってきました(やっぱり)。親が口出ししたのは、「ところでまたろう、スーツをお忘れでは」というのと、「スーツを着たら運動靴じゃ困るから、ちゃんとした靴が必要では」というところ。

なんだかんだで、またろうも私も大きなキャスターバッグを持ち、さらにまたろうは大きな紙袋もぶら下げて出発となったのでした。

なぜ紙袋…

しかも中身にはけっこう重い本など(だから最初から宅配便送りにすればよかったのに)

現地についてみたらばずいぶんな雨で、重いものの入った紙袋はひとたまりもなく、持ちにくいのを必死で支えて抱える羽目になったのでした。

荷物選定を本人任せにして、「あ、あれも持って来ればよかった」になるのはまぁかまわない、というかそれも経験かとは思うのですが、荷物をどう詰めるかについては口出ししたほうが現実問題よかったかなとちょっと反省。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/140-679525ca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。