Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/137-9fa99792

トラックバック

コメント

[C189]

ほんとにそうですね。

自分で動くコツを掴んで、なんとかやっていけるようにするしかない、そのコツを掴むきっかけや支援を、私が先生がやっていくしかないんでしょうかね。

住んでいる市にはまだ発達障害児のための通級がなく(周りの市町村はほとんど出来たのに)、いわゆるグレーで診断がついていない息子は療育を受けることもなくここまで来てしまいました。

でもね、この間Eテレの発達支援番組で「スマイル!」というものが有ることを知り、タイトルに「まわりを見る魔法」とか「なくさない魔法」というようなまさに息子のために!というようなものが並んでいるんです。

こういう内容で番組が作れるなんて、改めて息子みたいな子が全国にたくさんいることを知り、悩める母もたくさんいるんだなって思ったり。

春休みの間に幾つかに絞って見せて、なんでそうなってしまうのか、できる事はないかを話し合ってみようと思ってます。
  • 2015-03-29 10:57
  • シルク
  • URL
  • 編集

[C190] >シルクさん

通級とか、制度があることはうらやましいんだけど、それがなくても、発想とか理解があればかなりのことができるよね。
なくさない魔法!とりあえずそれほしい(笑)
周りを見るのも大事…

本人にそうやって意識させていくのは重要なポイントなので、そういう題材があるのはいいですね。
  • 2015-04-01 09:11
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

具体的な場面で具体的な指示を

教室の場面で、「先生が前に立っているときは、先生のお顔を見て」と言ってみれはよかった、というのは、一例ですが、ともかく、具体的に紛れなく指示するということ。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

「きちんとする」「ちゃんとする」というのが通じなくても、これならわかったかもしれません。
だからといって、それからずっと「ちゃんと」してくれるとも思えませんが、具体的な場面が理解の突破口になることはありますよね。

ヘレンケラーの「water」みたいなもんです(^^;;

でも小学校の教室という場面で、先生が全体に向かって話している内容に注意を向けさせるという指導は、今、前に立っている先生にはできませんから、だから入学式の日にぜひやってみたかったと思ったわけです。もちろん、そういう目的のお助け塾なら、複数の指導員がつくとかする、体勢とノウハウがあるのでしょうね。

補助指導員のような配置がある場合は、その人と相談しておけばやってもらえるかもしれません。

またろうのころにはそういうの、なかったんですけど。

体育の授業のときに、「着替えて体育館に移動する」というのができないとすれば、何きっかけで「着替え」→「移動」とするべきなのか、本人にわかるように指示できたらよかったんですが…

親にはわかりません。先生もそれどころじゃありません(急いで体育館に行って準備だよね)。

でも、あとでひとりぽつーんと教室に残って、それでも異常事態であることに気付かず和んでいるまたろうを連れにくる(←超たいへん)くらいだったら、
それよりは例えばみんなが着替えを始めるタイミングでまたろうに「絵カード」を出すとかで済んだら助かるはず。

着替えて体育館に行くことを示す「絵カード」を作って、これを見たらこうする、と説明することなら、先生が別のタイミングに、あるいは親が家ですることもできます。「絵カード」を出すのだけは、先生にやってもらわなきゃいけないと思いますが、それでもこれでうまくいけばめっけもんです。

でも、そういうことをするんじゃなくて、みんなと同じ「きっかけ」でまたろうが動けるようになるにはどうしたらよいかという考え方を、担任の先生も私もしていたと思います。

もちろん、最終的には、特別な指示なくみんなと一緒に動けるようにしたいですけど、その前のステップがあっちゃいけないということじゃなかった…そこが大事なトコではなかった、と思うわけです。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/137-9fa99792

トラックバック

コメント

[C189]

ほんとにそうですね。

自分で動くコツを掴んで、なんとかやっていけるようにするしかない、そのコツを掴むきっかけや支援を、私が先生がやっていくしかないんでしょうかね。

住んでいる市にはまだ発達障害児のための通級がなく(周りの市町村はほとんど出来たのに)、いわゆるグレーで診断がついていない息子は療育を受けることもなくここまで来てしまいました。

でもね、この間Eテレの発達支援番組で「スマイル!」というものが有ることを知り、タイトルに「まわりを見る魔法」とか「なくさない魔法」というようなまさに息子のために!というようなものが並んでいるんです。

こういう内容で番組が作れるなんて、改めて息子みたいな子が全国にたくさんいることを知り、悩める母もたくさんいるんだなって思ったり。

春休みの間に幾つかに絞って見せて、なんでそうなってしまうのか、できる事はないかを話し合ってみようと思ってます。
  • 2015-03-29 10:57
  • シルク
  • URL
  • 編集

[C190] >シルクさん

通級とか、制度があることはうらやましいんだけど、それがなくても、発想とか理解があればかなりのことができるよね。
なくさない魔法!とりあえずそれほしい(笑)
周りを見るのも大事…

本人にそうやって意識させていくのは重要なポイントなので、そういう題材があるのはいいですね。
  • 2015-04-01 09:11
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。