Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/135-50e0aa14

トラックバック

コメント

[C187] こういうのがあるんですね・・

こんな塾があるんだ~。とはいえ、私達が住むこの田舎にはないと思いますけど。

今度5年生になりますが、先日担任の先生と話したところ、教室移動は「教室から理科室へ」ならできるけど(ここまで4年かかってます)、「校庭から音楽室へ」とか「理科室から音楽室へ」となるとまだ遅れてしまう、また、算数は得意なのに、黒板に書いた計算問題を「ノートに写して解いてみてね」といってもボーっとしている。
どうも写すのが面倒なようで、先生が代わりにノートに書くとすごい勢いで解いている、など言われました。

机の横はいつも物が山積み、ノートやプリントはみんなに踏まれているらしいです。

5年生だけ校舎が何故か渡り廊下でつながった別棟になるので、教室移動が心配です~とも言われました。

こんな息子、実は中高一貫を目指しています。
田舎の一貫校ですので勉強は何とかなりそうなのですが、学校見学に言った時の、建て増し継ぎ足しの迷路のような校内、体育の授業の前後には着替えがある(今はない)ことを知り、勉強以前にそちらが心配でなりません。

学力より、こんなことを心配してる親っていないんだろうなぁ。
本人も合格して通う気でいるので、教室移動や行動の遅さをこの2年間で少しでもマシにしてもらわないといけません。

困ったなぁ。。
  • 2015-03-25 17:53
  • シルク
  • URL
  • 編集

[C188] >シルクさん

> 教室移動は「教室から理科室へ」ならできるけど(ここまで4年かかってます)
おぉ~進歩だ~

塾はね、もう小学校の数くらい作ってくれるんでなければ、実際たまたま通えるってこともないでしょうけど、考え方のヒントにするのはいいと思うんです。私、いろいろと発想が限られすぎてたんですよね。なんか…なんというか、適切な援助をするとか、またろうでもできるように工夫するとかって、負けだと思ってたといったらヘンだけど、「ふつう」にできるように本人がなる以外のことを解決と思ってなかったような気がするんですよね。それってほんとにもったいなかった。

> また、算数は得意なのに、黒板に書いた計算問題を「ノートに写して解いてみてね」といってもボーっとしている。
すごくわかります…
でもそんなまたろうでもハタチ超えたらノート取れるようになったのよ。って遅い?(^^;;

教室移動はどうかなーできるようになるといいね!!
二年あればずいぶん変わる、かも。
  • 2015-03-26 23:21
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

小1プロブレムのお助け塾

新聞記事で、
小学校入学前に通う“塾”口コミで広がる 「発達に課題」「学校生活に不安」…社会性を育む“配慮”と“実践”
というのを読みました。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

これまで、またろうで最も苦労したのはいつかといえば、間違いなく「小学校入学時」なので、こういうサポートができたというのは、ものすごくいいなーと思ってしまいました。

またろうは、生まれるのが早すぎた…時代を先取りした男(←違)

保育園のときは、常に複数の大人の目と手があるし、1クラスの人数もせいぜい二十人ちょっととかでしたから。
1クラス40人、先生ひとり、それを束ねて勉強させなきゃいけないっていうんだから!!

それどんな無茶ぶり…

きちんとした子が40人いるならいいですけどね。またろう混じりとかそれ無理。

・お荷物ルーチン(学校に来たら、ランドセルから教科書・ノート・筆箱を出して机にしまい、ランドセルは棚に入れる、帰るときはその逆、など)がこなせない
・着替えや教室移動(次は体育なので着替えて体育館へ、など)ができない
・授業中の出し抜けな発言、立ち歩き
・お帰りの会が終わっても教室から出ていかない

それもこれも、集団に対して口頭でなされた指示を理解していないところが最大の問題。
それと、その指示に従うにはどうしたらいいかという、具体的な行動手順についてもよくわかってなかったのかも。

具体的な場面の中で、どうやればまたろうに伝わり、理解されるのか、工夫してみるってことが必要だったと思うんです。今考えると。

というか、たとえばこの塾では、そういうことをしていますよね。約束事をわかりやすくまとめて絵カードを作ったり。お荷物ルーチンだって、周囲の子は自然にできるかもしれないけど、実際の場面でスモールステップで確認しながら練習したらできたかもしれないし。

でも、思い返してみると、私も(たぶん学校の先生も)そういう発想ってなかったんです。

みんなと同じ状況、同じ指示の出し方、それでうまくいくようにまたろうを変えるにはどうしたらいいか、って思っていました。だって、出来て当たり前のことだから。それができるようにならないと結局困るだろうと思っていたので。

伝え方を変えたり、動作をいっしょに練習したりして、できるようにするってことはあまり発想になかったです。

実際、当時こういう塾があったら通っていたかってというと、けっこう難しかったと思うんです。またろうみたいな子は、電車に乗って遠いお出かけをするのも不向きで、消耗(親の)が激しいので、そんなに遠くまで「塾」に通うってできなかったでしょう。けど、少なくとも発想や具体的な工夫を知ることができたら、やれることはけっこうあったかもしれません。あぁなんか悔しい。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/135-50e0aa14

トラックバック

コメント

[C187] こういうのがあるんですね・・

こんな塾があるんだ~。とはいえ、私達が住むこの田舎にはないと思いますけど。

今度5年生になりますが、先日担任の先生と話したところ、教室移動は「教室から理科室へ」ならできるけど(ここまで4年かかってます)、「校庭から音楽室へ」とか「理科室から音楽室へ」となるとまだ遅れてしまう、また、算数は得意なのに、黒板に書いた計算問題を「ノートに写して解いてみてね」といってもボーっとしている。
どうも写すのが面倒なようで、先生が代わりにノートに書くとすごい勢いで解いている、など言われました。

机の横はいつも物が山積み、ノートやプリントはみんなに踏まれているらしいです。

5年生だけ校舎が何故か渡り廊下でつながった別棟になるので、教室移動が心配です~とも言われました。

こんな息子、実は中高一貫を目指しています。
田舎の一貫校ですので勉強は何とかなりそうなのですが、学校見学に言った時の、建て増し継ぎ足しの迷路のような校内、体育の授業の前後には着替えがある(今はない)ことを知り、勉強以前にそちらが心配でなりません。

学力より、こんなことを心配してる親っていないんだろうなぁ。
本人も合格して通う気でいるので、教室移動や行動の遅さをこの2年間で少しでもマシにしてもらわないといけません。

困ったなぁ。。
  • 2015-03-25 17:53
  • シルク
  • URL
  • 編集

[C188] >シルクさん

> 教室移動は「教室から理科室へ」ならできるけど(ここまで4年かかってます)
おぉ~進歩だ~

塾はね、もう小学校の数くらい作ってくれるんでなければ、実際たまたま通えるってこともないでしょうけど、考え方のヒントにするのはいいと思うんです。私、いろいろと発想が限られすぎてたんですよね。なんか…なんというか、適切な援助をするとか、またろうでもできるように工夫するとかって、負けだと思ってたといったらヘンだけど、「ふつう」にできるように本人がなる以外のことを解決と思ってなかったような気がするんですよね。それってほんとにもったいなかった。

> また、算数は得意なのに、黒板に書いた計算問題を「ノートに写して解いてみてね」といってもボーっとしている。
すごくわかります…
でもそんなまたろうでもハタチ超えたらノート取れるようになったのよ。って遅い?(^^;;

教室移動はどうかなーできるようになるといいね!!
二年あればずいぶん変わる、かも。
  • 2015-03-26 23:21
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。