Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/133-009212b8

トラックバック

コメント

[C185]

まさしく!息子2は小さなけがは絶えることなかったけれど、大きなけがはしたことありません。あと、地面が続いていると思って水にはまることがしばしば…保育園のときからいまだに特性は変わりませんが、失敗を繰り返しながら大きな被害に至らないよう学習は積んでいるようです。
それに引き換え息子1は、あごを2度も縫っているし、転んで歯が抜けるし。一見要領よく学校生活を楽しんでいる息子1が、3人の子の中で実は一番心配です…命にかかわる(お調子者なので、事故だけじゃなく、誤解から殺されちゃうとかも…)ことさえなければいいですが。
  • 2015-03-23 01:06
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C186] >Yokoさん

あぁ…なんだか池ポチャしやすい子っているんですよね。あれも体質というかなんというか。

小さい怪我が多い子、大きい怪我をしやすい子というのもけっこうはっきり分かれますね。実際に起こる怪我は偶然にも大いに左右されるはずなんだけど、10年分の結果の差を見るとその差歴然。いずれにせよ、だんだん落ち着く方向であればまぁなんとか…
  • 2015-03-25 13:13
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ケガ体質(大と小)

PCを持って廊下からリビングに入ってきたまたろうが、コードをドアノブに引っかけてずるずるっと行きかけて「おぉーーっと」と戻った。
私「なんかギャグなシーン見た~」
またろう「気のせい気のせい(汗)」

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

からだの「車幅感覚」がないというか、何でもないところに引っかけたり躓いたりぶつけたりする率は今でもまたろうが我が家のトップであるような気はするけど、でも、重大な怪我とかは不思議とない。

高専に入るとき、こんなうっかりくんが
「危ないもののいっぱいあるところ」
に行って大丈夫かな、というのはちょっとだいぶ思った。

工場にある「危ないもの」というのは、そんじょそこら(通常の教室とか)にあるものとはランクが違う。

旋盤とか、下手に使えば指でも腕でも持って行かれるようなものがいろいろあるわけだ(怖)

そんなところで、
先生の説明をきちんと聞かないとか、
考えないで手を出しちゃうとか、(←コレものすごく強くある)
…そんなことしたら指なくなる。

けど、明日が卒業式なまたろうの指はまだ全部あるし(^^;;

家でも、またろうには、家具などの修理や解体をやってもらったりするので、手を滑らせたら危ないであろういろんな工具を扱うことがけっこうあるけど、ほとんど怪我をしたことはない。

最初のうち、怖かったんだけど、ちゃんと、自分で力の加減や、怪我のしにくい作業の段取りを考えているみたい。

さらに、昔から超苦手だった片づけ。工場の掃除は業務の一環で、これをやらないと安全確保ができないので、やらないってわけにいかない。今だって、そんな自主的に掃除や片づけをするわけじゃないけれど、「作業」の後片付け(撤去)は流れでやるし、いったんスイッチが入れば掃除機だってちゃんとかけられる(ということを、つい最近知った)。

高専の教育スゴイネ(o_o)

元々、またろうは怪我の数は多かったけれど、重大な怪我(骨折とか、縫うような怪我とか)はしたことがない。

紙で指を「ちっ」て切っちゃうとか(イタイ…)
ホチキスで指を留めちゃうとか(痛)
カウンターの角に肘をぶつけるとか(じーん…)
タンスの角で足の小指をぶつけるとか(悶絶)

そういう地味な怪我がまたろうならでは。

一方、昔から「死んでもおかしくなかった」というようなヒヤリハットをやってのけるのはこじろう。
骨折はしたことないけど、縫う怪我はやっている。
またろうと違って、無謀なことをやるところが大きな問題だけれども、
なぜか本人に特にマズいところがないときでもなんかの要因で大きな怪我をするように巡りあわせがなっている。

別に「またろう族」なら大きな怪我をしないということではなくて、
特に多動系の子とかは余計危ないだろうけど、

またろうみたいな子は、小さい頃ほんとうに傷痕が絶えなくても、
料理作るとか、旋盤回すとか
であればかえってちゃんとやる場合もあるし、大きくなってからは経験で補える部分が多い。
というふうに思います。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/133-009212b8

トラックバック

コメント

[C185]

まさしく!息子2は小さなけがは絶えることなかったけれど、大きなけがはしたことありません。あと、地面が続いていると思って水にはまることがしばしば…保育園のときからいまだに特性は変わりませんが、失敗を繰り返しながら大きな被害に至らないよう学習は積んでいるようです。
それに引き換え息子1は、あごを2度も縫っているし、転んで歯が抜けるし。一見要領よく学校生活を楽しんでいる息子1が、3人の子の中で実は一番心配です…命にかかわる(お調子者なので、事故だけじゃなく、誤解から殺されちゃうとかも…)ことさえなければいいですが。
  • 2015-03-23 01:06
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C186] >Yokoさん

あぁ…なんだか池ポチャしやすい子っているんですよね。あれも体質というかなんというか。

小さい怪我が多い子、大きい怪我をしやすい子というのもけっこうはっきり分かれますね。実際に起こる怪我は偶然にも大いに左右されるはずなんだけど、10年分の結果の差を見るとその差歴然。いずれにせよ、だんだん落ち着く方向であればまぁなんとか…
  • 2015-03-25 13:13
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。