Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/128-57eef4a3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

手続き書類作成は鬼門

卒研の修羅場も佳境ですがそろそろ終わりが見えてきて、土日月と三連休(月は学校が入試なので休み)。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

高専を卒業することも大切ですが、入学のほうの手続きもよく確認しておかないと怖いので、朝ごはんが終わったところでテーブルをきれいに拭き、書類をいっぱいに広げて記入作業。

またろうの苦手なことは様々ありますが(物の管理とか時間の管理とか)、最たるものといえば書類書きでしょうか。

私だってぜんぜん得意じゃないというかどっちかっていうと苦手だと思いますけどね。不注意だし。
それでも我が家の書類書き大臣といえば私。そりゃよしぞうがハンパなく苦手だから(またろうの親ですからね)

高校受験のときも、気の利いた子なら自力で願書とか書くらしいですが、うちは明示的に本人記入の志望理由などを除き、親が書いちゃいました。勉強時間を少しでも確保したいからとか、間違いがあっちゃいけないからとか、まぁそういうことではありますけど、要するに親が書くほうが簡単確実だからね。ダブル受験の折、心に余裕がなかったのでいたしかたなし。

とはいえ、いつまでも親掛かりというわけにもいきません。とにかく、自力でいろんな書類を埋めたり、手続きしたりということができないと独り立ちできませんから。

そういえば、高校受験の願書などは親が書きましたけど、合格したあとの手続きとかはなるべく一人で行かせるようにしていました。電車を乗り継いでの移動や、窓口の人に確認しながらの手続きというようなことは、「まぁまぁ」こなせていたように思います。もしかしたら窓口の方にご迷惑をおかけしたことがあるかもしれませんが(見てないのでわからない)。親が知ってる範囲でいうと、「Suicaのチャージが足りなくて現金もなくて、父が会社を抜けて救出に行った」という事件と、「窓口に判子を忘れて帰って、電話がかかってきた」という事件があった程度です。

でも、書類書くのはほんとにね…

大人でも、重要な書類の記入では緊張すると思いますが、自分の住所氏名電話番号くらいはすらすら書けますね。またろうはまずそこからたいへんです。

またろうは数学が得意なのに、「数字」の再生に関しては大きく「人並み」を割り込みます。たとえば体重を計って、「53.6kg」というのを読み取ったとして、それを口でいうときは「さんじゅう、…」とか言っていたり、郵便番号を言おうとして「090の…(←それは電話番号)」と言っていたり。

頭にある数字は正しくて、口で言い間違えるという場合もあると思いますが、記入させても再生ミスだらけなので、どうもそれ以前に問題があるようです。

記入日を平成25年と書いたり(二年もずれてる…)、鉛筆で下書きをしたにも関わらず、それをなぞる清書の段階で住所を書き間違えたり。
「○○市××× 丁目-番地【マンション名×××】 号棟-部屋番号」と書くべきところ(×××は町名)、
「○○市××× 丁目-番地【マンション名×××】 丁目-番地…」と書いちゃったときは自分でがっくり肩を落としていました(-_-;; マンション名についてる町名からループしちゃった。

欄を飛ばさず記入するってのもすごく難しいです。住所書くつもりで郵便番号だけ書いて飛ばしちゃうとか。

郵便物の表書きの基本的なバランスとかもすごーくつかみにくいらしい…

本人に、一枚一枚書類を埋めさせながら、不足を指摘してはさらに埋めさせながら、
銀行、郵便局、市役所で手続きしなければいけないものを別にして、
併せて期日を確認する。

それから、記入した書類などをなくさないで取っておく場所の確認なども欠かせません。

一とおり終わるまでに午前中ほぼ潰しました。めちゃ疲れた。

こういうの、自力でできるようになるんだろうか?? 慣れてもらうしかないけど。
ま、手続き書類作成ミスというのは、ふつうの人でもやることなので、窓口の人に「ここにも判子押してください」なんてダメ出しされるくらいはぜんぜん構わないと思うんだけど、住所氏名電話番号くらいすらすら正確に書けないと、さすがに面倒見きれないものね。

ところで、勢いに乗って、またろうの確定申告書類作成までやってしまったのですが、意外にもこちらのほうがまだしもスムーズでした。

パソコン上でフィールドを埋めていくと、最後に申告書がプリントアウトできるようになっています。
内容自体は、またろうの場合、収入がひとつだけあって(またろう本のイラスト代)、その源泉徴収分を取り戻すだけのシンプルなものです。ただ、フィールドにもう「銀行」というのが書いてあるのに銀行名に「○○銀行」まで書いてしまってダブっているとか、「平成」のところに西暦を書いてしまうとか、またろうですからいろいろやらかすんですが、そのたびにちゃんとエラーが出て、直すまでは次ページに進めないようになっています(^^;;

訂正も、打ち直すだけで、訂正印とかいらないからいいよね…(大学に出す書類はあちこち訂正印になっちゃった)

将来、PC上で入力して済むことが増えるといいけど。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/128-57eef4a3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。