Entries

自分でアラートを上げよう

年末くらいの、私が一日出かける予定がない日、またろうを送り出す時に一通の封筒を手渡した。
私「これ出しといて」
ま「はいよ」

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

そのままそのことは忘れてしまっていたんだけど、今年に入って二週間くらいしたころに、「ん?? 遅いな~」と気が付いた。
件の封筒の中身は、生協脱退の申込書(共済をどうするとかそういうのを指定するやつ)だったんだけど。折り返し、手続きの紙が送られてくるはずなのにずいぶん遅いなーということだ。

そのころ私は、ただ「もうずいぶん前に申込書を送ったのに」とだけ記憶していて、その封筒を実際には自分で投函しておらず、またろうに頼んだだけだということもすっかり忘れていたものだから、「生協さん仕事遅いな」なんて、生協のせいにしちゃったりして(^^;;

そろそろ問い合わせてみようかなと思ったある日、ふと、廊下に広げっぱなしになっていたまたろうのかばんに目が留まった。「この封筒はっっ!!」

それは、見る影もなく擦り切れていたけど、生協宛ての封筒。ようやく事態を正しく把握して、ヨレヨレになった封筒のフチをセロテープで補強して(笑) 今度こそ自分で投函した。

この事件自体は小さなことで、特に遅れたら問題になるようなものじゃなかったので困らなかったけれど、ここにはまたろうの困った性質の一端が表れている。

またろう曰く、「封筒を預かったそのときは、「出して」が「郵便ポストに出して」であることをたぶん理解していたと思う。でも出し忘れて、かばんに入れて毎日持ち歩いているうちにこの封筒はどこに出すものなのかわからなくなった」

毎日開けるかばんだから、毎日封筒も目に入る(入るようなところにあるのだ)。

そのたびに、「これってどうかしなきゃいけないんじゃないかな」と、ごくかすかに思う。でもそれだけ。

わからないというのも変な話で、封筒の表書きをよく見れば、郵便として送付する意図のものであることはわかるだろうし、あるいは、母に「これってどうするんだっけ」と確認してもよい。

それが、確認するのがなんとなくコワい。
何日も過ぎちゃってるから、
事態が手遅れになっちゃってるんじゃないかとか、
母に怒られるんじゃないかとか、
そこまで具体的に考えているかどうか怪しいけど、
とにかく漠然と怖いというかおっくうだ。

そうやって、さらにさらに日は経っていく。漠然とした「怖さ」は消えない(というか、どちらかというと膨らむ)。

外乱(今回の場合、母が気づく)が入るまで、そのまま。

このように「なんか変だな」に目をつぶり、スルーしてしまうという性質で、何度イタイ目に逢ってきたことか。

中学校のときに提出物をなかなか出せなかったのだって、もちろん、聞くのが下手だったりメモを取るのが下手だったり時間感覚がなかったりということは元凶ではあるけれど、

「これってけっこう前に出た課題だけどいつまでなのかな?」
「みんながわさわさと何か提出してるみたい。何を出してるのかな?」
「GWあたりはカレンダーどおりじゃないことが前にもあったけど、土曜日ってほんとに休みかな?」

ちょっと心にひっかかることがあるときに、それにちゃんと向き合うのか、よく見るのが怖くてスルーしちゃうんじゃ、のっぴきならないところに追い込まれるかどうかがずいぶん違う。

特に、みんなが何か提出している気配のときに、それが何かわからないままスルーするってのだけはやめてほしかった(母、心の叫び)。

自分できちんとアラートが上げられたら、それだけでも、内申が下がるのやら、留年するのやら、いろんな危険がかなり回避できたはずと思うんだけど。

特に、自分の性質として不注意なんだったら、「変」を察知するくらいのところは、しっかり磨いておくほうが自分のためだよね。

…ということを考えるとき、過去の私が、「なんで今までほっといたのっ!!」とか「メモしろっていつもいってるでしょ!!」みたいな叱るほうにエネルギーを費やしていたということが頭をよぎるのだ。叱るよりも、遅まきながら気づいてアクションをとろうとしていたら、そのことをほめるべきだったのに。

この、またろうが必要以上に感じているらしい「怖さ」も、母叱りすぎのプチトラウマなのかな??

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/125-44db7a6c

トラックバック

コメント

[C173]

ずいぶん時間たってしまってからのコメントでごめんなさい。

まさにこの問題なんです、我が家の娘も。
先日も、手袋やマフラーをしまっているボックスから、みかん(お弁当で食べ損ねたもの)と、友達から借りて返すための袋に入れた体育の短パンが出てきました。
幸いみかんは無事でしたが…
短パンも、借りたお礼用のお菓子を入れておいたのにそれだけなくなっていました(^^;)
上の息子と脳みその状態はどっこいだと思うのですが、外からの評価が全然違うのは、この力のせいなんだと思います。
宿題やっても、丸付けしない、丸付けがあっていない、×だけつけて直していない、ノートにやるはずなのに直接書き込んじゃった、やったけど持って行くの忘れた、持って行ったけど出すの忘れた、出したけど時間過ぎていた…
越えても越えてもハードルが。
そして、期限過ぎても出さないよりましと親は思っても、「あ~」と思ったまま、放置。
失敗しても怒らないよ、でも隠したりほったらかしにしたら怒ると言っても、もう本能でダメみたいです。
息子に対してより怒っていないと思うんですけど、おもらしの時から失敗を放置していましたね。

この記事娘に読ませたら、「あ~、私同じだね~」と言っていました。
『発達障害グレーゾーン』の本も、私が読んだのを置いておいたら勝手に読んで、
「私ってグレー?」って聞かれました。
「みんなちょっとはグレーじゃない?」っと言っておきましたが。
私もグレーな部分持っていないわけではないと思うけれど、白っぽく見せながらやっているような気もするし。
とりあえず怒らないように努力はしていますが、
「みかんが腐ったら、恐ろしいことになるよ~」とは脅しました。
  • 2015-02-07 14:42
  • ゆみすけ
  • URL
  • 編集

[C174] >ゆみすけさん

みかん!!
腐ってほろほろになったりしないうちに発見されてよかったわ。
それが友だちに返す短パンに染みたりしたらさいあく~

> 上の息子と脳みその状態はどっこいだと思うのですが、
はは。
頭の良し悪しとはぜんぜん別ものですよね。生活偏差値??(笑)

> 越えても越えてもハードルが。
そうなんですよー

グレーって、まぁ真っ白と真っ黒の間はどこでもグレーといえばグレー。別に白黒つける必要もないんだけど、苦手なことや困ったことがあるときに、うまく補ったり穴をふさいだりする方法が見つかるといいんだよね…
  • 2015-02-15 13:30
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR