Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/124-03a12802

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラウマと忘却

「時間薬は万能薬」という言葉があるが、たとえば事故にあって怖い思いをしたというようなトラウマであれば、夜中に怖い夢で目が覚めて大汗かいてガバッと飛び起きてしまうようなことも、時間が経つうちにだんだん薄れてくることが多い。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

でも、虐待やらいじめやらという場合には、一回こっきりの恐怖体験ではないし、もっと生活の根本というか人間関係の根っこを破壊するので、はるかにややこしく、ひっからまってこじれた状況といえる。件の本では「複雑骨折」と表現していたけれど確かにそんな感じである。

私の場合は、親元にいるとき、特に中高生の間は、何がどうなっているということを分析的に考えることもできずにただ重苦しい気持ちをずっと抱えながら過ごしていたけれど、大学生になって少し自分の世界が広がったときに明確に「これはおかしい」ということを考えるようになり、自分の心の中では少なくともおぼろげな言語化が始まった。

そのあと、夫や友人に語るようになって、追加のいろいろな「事件」も追加されながら、結婚後二十年近くたったころにようやく消化完了した気がした。まさにトラウマの克服は言語化とともにあったというのが実感。

その一方、またろうとかはそんな細かい心理描写まで言語化する習慣はなし、性格的にもたぶん母ほど執念深くないんだろうけど、言語化による消化を試みた気配はない。

友人の事例(「元またろう族の証言」)でも感じたんだけど、「劇的ビフォーアフター」的に成長した男子の場合、そこにほとんど断層があるかのように、鋭い忘却力が見られる。

「何が問題だったのか、本人がちゃんと理解していなかったことだけは確かです。」「イジメを誘発したのが何であったのか、まったく思い出せません。」…くまなく言語化し、繰り返すことによってトラウマから脱却していくタイプの克服と違って、むしろ一度も言語化できていない強み。

「ビフォー」のことは、良かったことについてもあらかた忘れているというのは難点かもしれないけれど、
とにかく、ひどかった出来事や状態について、「アフター」になってから捉えなおした「外形」くらいしかわからない、
というのが大きな特徴のようだ。

だからといって虐待やいじめを正当化するつもりはまったくないが、
「劇的ビフォーアフター男子」に小さいころ多発するもろもろのよくないことのうち、かなりの部分からは鋭い忘却力によって守られている。という気はちょっとする。

もちろん、フラッシュバックとかは、ものすごく経ってから悩まされるようになることもあるそうなので、やはり古傷がよくないことの元になることが今後あるようだったら、トラウマを消す治療があるということを知らせて、道を作る責任があるとは思っているけれど、今のところ特に困った事態には至っていないようなので、その分は少しほっとしている。

もっと適切な対応をしていれば身に着けていただろういろいろなことを落としてしまっている、ということはあると思うけれど。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/124-03a12802

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。