Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/121-6e63789f

トラックバック

コメント

[C167]

今まさに中2の息子2、学校生活に疲れているようです。そうか、中3になると周りも少し変わってくるかもしれないですね。といってもクラス替えないんですよね…
  • 2015-01-23 22:49
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C168] >Yokoさん

クラス替え、ないんですね(>_<)
それは残念。
でも、中二よりは中三でだいぶオトナに近づく感じにはなると思うんですよね…
上向いてくるといいですね~
  • 2015-01-24 17:58
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

いじめの収束

仮に学校が何の対策もとらなくても、中二から中三になると、いじめの「量」はやや落ち着くことが多いらしい。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

「中二病」という言葉もあるが、わけもわからずイライラするお年頃というのが中二くらいでピークになる、ということもあるし、学年というか中学校の中でのポジションということもある。中二は中だるみだけど、中三になると中学では最高学年。部活で委員会で責任ある立場にもなるし、合唱コンや体育祭などでは下級生にもいいとこ見せないといけないし(^^;; 受験も気になってくるし。

要するに、せっせと無意味な活動(足払いとか、上履きに画びょうとか)をやってる場合じゃなくなるというか、ともかくそれ以外にやるべきこと、やりたいことが見えてくる。

またろうの場合は、中二の間あれほど無策に見えた学校側だったが、中三のクラス替えについては一応の配慮があったらしい。

またろうと、同じくいじめターゲットになってた幼馴染の子が同じクラスになり、担任は最も力のある(抑えの利く)生活指導担当教員となった。中二の担任は明らかにナメられていたから、これだけでも多少は雰囲気が変わる。もうひとつ大きかったのは、明るいリーダー気質のAくんが同じクラスになったこと。

Aくんは、リレーの選手で、ピアノも弾けて、勉強もできて、全体のムードメーカーとしての影響力があった。またろうがいうには、Aくんがいると
「ハンパする(くだらないいじめにうつつを抜かす)のは許されないというかそもそもダサいという雰囲気」
になるそうで、そういうのって、校長先生がありがたいスピーチをなさるより100倍以上の効果はある。

いじめが許されないというだけではなくて、「そんなことより、みんなで楽しいことしようぜ」という感じで、まとまりもよかった。

クラス内の「地位」として、Aくんとまたろうでは比べるべくもないが、またろうもピアノが好きで弾いていたこと(下手だけど)や、塾のテストを受けると数学に関してはまたろうのほうがはるかに上に載ることなどから接点ができて、仲間扱いになってきたらしい。

あんまりありがたくて、Aくんちには足を向けて寝られないくらいである。

結局、中三になってからはいじめが大幅に鎮静化して、またろうも不登校になることなく、行事などよい思い出もたくさん作って卒業することができた。


さらに、中三から高校に入学すると、いじめからは縁が切れることもけっこうあると思うが、それは全体に一学年分成長しているということはもちろん、ある程度選抜がかかって学校ごとに個性ある空気が満ちているようになるということが大きい。またろうも、またろうにぴったり合っていると思われる技術系高専に入学して、問題は解決したかに思われた。

確かに、またろうっぽい雰囲気をまとっている子も多いし、中学校のころからは比べものにならないほど浮かなくなったとは思うんだけど、でも十分馴染んではいなかったらしい。同学年とは相性が悪いという経験則は、そんな学年になってもまだ健在なのだ。不審なこと(物が消えるとか)はあったみたいで、しかしまたろうがまたろうだけに、物が消えるくらいでは本人のせいだか悪意のせいだか確信が持てるわけじゃない。

実際のところ、学校での様子というのはもう小学校とは違って(中学校とも違って)親の与り知らないものになってしまうので、いじめがあったかどうかはわからない。ともかく本人的には、中学校よりはだいぶよいけれど、完璧に居心地がよくなったとはいえなかったらしい。

けど、結果的に留年(二年生を二回)してしまったことによって、同学年じゃなくなるという大技(もちろん、意図的ではない)をかましてしまったため、がぜん周囲と馴染めるようになった。変な話だけど、一回目の二年生(それがふつう)からすれば二回目の二年生(いばれたことじゃないけど)はいろんなことを知っていて、一目おかれる存在。そんなスタートから、クラスメートとの付き合いはずいぶんスムーズになって、ようやく居心地問題はほぼ完全な解決を見たようだ。長かった。

もっとも「留年」なんて大技はそう人にお奨めできるものではないし、「いじめ解決法」を聞かれてもやっぱり「さぁ?」としかいえないんだけれど…

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/121-6e63789f

トラックバック

コメント

[C167]

今まさに中2の息子2、学校生活に疲れているようです。そうか、中3になると周りも少し変わってくるかもしれないですね。といってもクラス替えないんですよね…
  • 2015-01-23 22:49
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C168] >Yokoさん

クラス替え、ないんですね(>_<)
それは残念。
でも、中二よりは中三でだいぶオトナに近づく感じにはなると思うんですよね…
上向いてくるといいですね~
  • 2015-01-24 17:58
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。