Entries

発達凸凹と中学校でのいじめ

小学校段階というのは、担任の先生がフォローできる部分、あるいは、親がフォローできる部分というのがそれなりにある。
     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

中学校に入ると何が違うかというと、まず担任の関わりが減る。担任、とはいっても、別に生活全体の面倒を見るわけではないので、自分が担当している教科の授業をして、「HR」として括られた時間を見るだけ。

そして、周囲の発達段階が異なる。親の言うことなんか、先生の言うことなんか、フン、という感じ(^^;;

…いやそれがふつうなんだけどね。

中学、特に二年生くらいになると、嵐が吹き荒れるというのか、何はなくともとにかくムカツクという彼ら。保護者会に行くと、男子の母たちが一斉に、「ふらっと出かけようとするから、『どこ行くの?』『いつ帰るの?』とか声をかけようもんなら、『っるっせーんだよババァ』と、こうなんですよ」などと嘆いている。

それは親としては気分がよくないだろうし、第一、お品もよろしくないのだけれども、彼らはそうやって、親や先生に反発し、友人たちとつるみつつ、青春を駆け抜けていく。

一方、その「発達段階」に乗り遅れて、先生とも親ともフツーのコミュニケーションを保っているまたろう。親から見ても先生から見ても、かわいいっちゃかわいいんだけれど、周囲からは浮いている。

嵐の青春真っ只中にある公立中は、もう息を吸って吐くように自然ないじめ行為の巣窟で、筆箱回し(持ち物をさらって仲間内でパスして本人に返さない)、足払い、「キモい」呼ばわりする、石を投げるといった、誰がやったか隠す気もまったくないようなものから、ジャージをゴミ箱に捨てる、上履きに画鋲、弱いものBに命じて弱いものAを殴らせるといった陰湿なものまで。

またろうは、孤立している上に、本人もやや気弱で、反撃しなそうなターゲットとして定評(?)があったらしい。

特に個人的な恨みを買うタイプでもないし、強いグループにすり寄っていってパシリに使われるうちにエスカレートして、というようなこともないので、相手は固定面子ではない。とにかくバラエティーに富んだ流れ弾が当たるような感じ。

そういったことが起こるのは、大概が休み時間なので、先生の目は届かない。

またろうは、休み時間になるとすぐに図書室に避難するというようなこともだいぶやっていたようだ。

体育祭のとき(中二の五月)、またろうは三人四脚に出ると聞いていたんだけれど、私とよしぞうが見に行ったら、いくら探してもまたろうは見当たらなかった。あとで聞いてみると、入場門に並んでいたら、誰やらに「代われよ」と言われて出られなかったという。

そのきっかけで、あれやこれや話をしつつ対策を検討してもらうために、個人面談を設定してもらったんだけれども、それでその場では防止策を講じるということをいってもらったんだけれども…

まぁ、(ご想像どおり)いいことは何もなかった。

何日か経ってからの朝礼で、校長から、「いじめをしてはいけません」という話がされたそうだ(笑)

あと、何年か経ってからまたろうに聞いてみたんだけど、最悪だったことは、誰がしたかわかった場合に、
いじめた子とまたろうが両方呼び出されて、先生の前で、いじめた子に「ごめんなさい」を言わせるというセレモニーだったそうだ(-_-;;

そんなこんなで、中二のころはずっと流れ弾的いじめが止まなかった。そしてついに、またろうが「風邪かな?」という状態からずっと治らず、微熱が続くという事態になった。医者に連れていくと、検査をしてみて内科的には何も問題がないはずという。「実は、学校で、かくかくしかじか」というと先生は、「うーん、それ(精神的なものからくる不調)かぁ…」と絶句。それからおもむろに、「もうすぐ春休みですね。クラス替え、ありますか?」と。

とにかく、一番効くのはクラス替えだという。(つづく)

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/120-f7c5f477

トラックバック

コメント

[C161] 大変でしたね(涙)

コウ太は幼稚園、小学校がピークでした。一見普通に見えるので、担任のフォローも入りませんし。
しかも、親子で仲が良く、よく遊んでたメンバー内でなんです。
相手の親にも言えず、遊んでいるグループを抜けることもできず(コウ太が抜けようとしない)、苦しかったです。

中学は、アンダンテさんが言うように、「親の言うことなんか、先生の言うことなんか、フン」になったので、親子関係は過去最悪でしたが、中学ではうまくやってたようです。

でも一般的には、中学校のいじめが一番ひどいようです。またろうくんが受けたようないじめが、相手を変えて、日常茶飯事に行われていたようです。

またろうくん、アンダンテさん、苦しかったですね。乗り越えられた良かった~
  • 2015-01-18 07:00
  • くるみ
  • URL
  • 編集

[C163] >くるみさん

一見ふつうっていえばこじろうだね。授業中とか特に問題ないし、ただ休み時間に見ると明らかに変なんだけど、先生にとっちゃあんまり気にならないから。

>遊んでいるグループを抜けることもできず(コウ太が抜けようとしない)
そうなりますよね…
親としてはつらい。

>中学ではうまくやってたようです。
正しい反抗期(^^;;
かえってよかったかもね…

公立小中はいろいろてんこ盛りだったので、ほんと三人目が私立中に行ってからは平和に快適に過ごしております。
  • 2015-01-19 20:14
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR