Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/110-d4565a5d

トラックバック

コメント

[C138] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C139] Re: 参考になります!

***さん

> 中3からでも目覚めて京大に行けるなんて、とても夢の持てる貴重なお話、ありがとうございました。
っていうか、東大とか京大とかって、一般より濃くADHD系やアスペ系の人が存在している印象です。アンバランスなところがバーンとうまく働くと、特に難しい問題が出る入試では有利だから。よしぞうとかもそういう感じですね。

そうなんです、目覚しいビフォー/アフターの話って、なんだか男子に多いと思います。なんか理屈があるのかどうかよく知らないけど。

> 発達障害関連の話は対象が幼児や低学年のことが多く、
何もフォローがなかったころから始まって、徐々にいろんなノウハウや体勢が立ち上がっていると思いますが、まず低学年から入るのはしょうがないですね。またろうも、「間に合わなかった」感が強いです(^^;;
  • 2014-12-18 16:47
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

元またろう族の証言

とある友人(男性)にまたろう本を読んでもらったところ、彼も実は子どものころ「またろう族」だったとのことで、体験談をいただきました。「漢字がまるきり書けない子」の予後(彼は京大卒)のひとつの例として。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

-----
忘れ物はクラストップの常習犯でしたし、算数だけは得意でしたけど、
国語はからきしダメでした。特に漢字は壊滅で、書き取りテストなど回答欄が真っ白で0点を
よくもらっていました。私の父親は日頃から「読むことと書くこと」に強く拘っていた
だけに、息子のその状態に強い危機感を抱いたのでしょう。毎日つきっきりで、
書き取りをさせられたのですけれども、まったくの「賽の河原」状態が続き、最後は匙を
投げられました。(そんな息子が、長じるに従って兄弟の中でもっとも「読むことと書くことに」拘る
人間になってしまったのだから、皮肉なもんです。)
-----

(アンダンテより) お父さんの気持ちはものすごくわかりますよ!!
だって、漢字なんて練習すればできるでしょって思いますもん。
でもいくら練習してもダメなときはダメなんですね。今なら私もわかります(^^;;

------
小学校5年の担任はスパルタ教育の人だったので、しょっちゅう教室の後ろで立たされましたし、
幾度もビンタを食らいました。一度は、一時間目から立たされて、給食の時間を除いて6時間目まで立たされて
放課後に長いことお説教されました。(今だったら度を越した体罰として問題になったんじゃないかな。)
おそらくは忘れ物以外でも問題になる行動が多かったからでしょうけれども、何が問題だったのか、
本人がちゃんと理解していなかったことだけは確かです。私自身、周囲から受けたイジメだけは鮮明に記憶に
ありますけれど、イジメを誘発したのが何であったのか、まったく思い出せません。
------

(アンダンテより) またろうは先生から暴力振るわれたことはないと思います。
時代の違いもありますが、またろうの担任は出来た人が多かったですからね。

何が問題になっているのかわからずにビンタされていたり、いじめられている子のことを思うと切ないんですけど、でもまたろうの話を何度か聞いてみて思ったことは、後になると(かなり酷いことがあったにも関わらず)記憶がびっくりするほどおぼろげになってるんですね。

本人の「ビフォーアフター」。端境期より前にあったことって、「アフター」の、言葉も空気も通じる自分になってしまうとうまく繋ぎ止めておけないのかなと思いました。極端な言い方をすればですが。

------
中学校1年の時は、担任の先生からの勧めがあったらしく、親に連れられて神経
科で脳波測定を受けました。よっぽど変だと思われたのでしょうね。ADHDと
いう「カテゴリ」が知られるようになった今なら、対応はまた違ったものになっ
たのでしょうけれども、当時の周囲の対応はそんなものでした。
------

(アンダンテより)脳波とっても何もわかりませんね…
またろうのときは、ADHDというカテゴリが知られる時代に入りかけていたのですが、診断はしてもらっても、それから先の具体的な援助となると、ほとんどありませんでした。10年ひと昔、今はすごく進歩したようでちょっとうらやましいです。

------
本を読みながら、子供時代の私が「周りの声が届いていない状態」だったんだろうなと思いました。
「やればできるんだから」とは何度も言われましたが、どうすれば「やれる」のかが分からなかったというのも、
本に書いてある通りでした。
私の父親は、漢字は何度も書き続ければ自然と覚えるものだと考えていたようですけれでも、
何度書いたところで、それが頭の中を素通りしていけば何も残りません。
あのときの私は、その状態でした。「それは真面目にやっていないからだ」とも思われていたようですけど、
本人は大真面目にやっているのです。どうやれば、書いた漢字が素通りせずに覚えられるようになるのか、
それが皆目見当もつかなかっただけでした。
でも、中学のどこかで、自然に漢字も覚えられるようになりました。
------

(アンダンテより) ものすごーく、またろうのケースとよく似ていますね。
中学の途中で、フェーズシフトが来るという…

------
中3に入った時、父親が再び動いて隣町まで英語の個別指導に通わされたんですよ。
英語が壊滅的だったんで、、、
その先生の指導は、とりたてて特別なことは何もなくて、問題集を使いながら、
ただただ丁寧に英語の基礎からやり直すというだけのもの。でも、それだけのことなのに
成績はすぐに上がり始めたんです。それに気を良くしたのか、勉強しようという気を
夏頃から起こしてしまい、12月頃には学区の公立でNo.3の高校を狙うことに
決めました。ところが、最後の定期テストの結果がえらく良かったとかで、願書を出しに行く直前に
父親から一番上の高校を受けろと言われて、志望校変更したら合格してしまいました。
同級生はたいそう驚いてました、、、まあ、当然ですね。

私も当時は「俺って、やればできるんだ」と思いましたけど、よくよく考えたら
中学に入った頃までの「やってもできなかった」状態から「やればできる」状態にどこかで変化したんですよね。
本人も、それはまったくわかっていなかったんだけど、英語の個別指導で顕在化したおかげで、
うまくその後に繋がったという気がします。そういうことも、あの本で改めて考えたことの一つです。
------

(アンダンテより) これまた、またろうが公文を始めたときの話に似てるんですけど、「やってもできない」→「やればできる」の変化が起きたときに、実際に「やる」ということが、すごく大きな力を持つと思います。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/110-d4565a5d

トラックバック

コメント

[C138] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C139] Re: 参考になります!

***さん

> 中3からでも目覚めて京大に行けるなんて、とても夢の持てる貴重なお話、ありがとうございました。
っていうか、東大とか京大とかって、一般より濃くADHD系やアスペ系の人が存在している印象です。アンバランスなところがバーンとうまく働くと、特に難しい問題が出る入試では有利だから。よしぞうとかもそういう感じですね。

そうなんです、目覚しいビフォー/アフターの話って、なんだか男子に多いと思います。なんか理屈があるのかどうかよく知らないけど。

> 発達障害関連の話は対象が幼児や低学年のことが多く、
何もフォローがなかったころから始まって、徐々にいろんなノウハウや体勢が立ち上がっていると思いますが、まず低学年から入るのはしょうがないですね。またろうも、「間に合わなかった」感が強いです(^^;;
  • 2014-12-18 16:47
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。