Entries

学校での居場所

高専五年(最終学年)は卒業研究がメインなので、後期中間テストの試験科目はなんと一教科ですって(o_o)

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

で、テストの日、なにしろ一コマのテストなんてすぐ終わっちゃうから、「お弁当どうするの? 持ってく??」と聞いたら(これまで、1~2コマくらいのテストの日は、帰ってから食べることが多かった)、「持ってくって、そりゃ持ってくけど、今日は作ってないの??」「いやそうじゃなくて、家で食べるのかなって」「いや持っていって研究室で食べるよ」

当然のように持っていった。

卒研が始まって半年以上経って、今日は何時に行って何をするというほど決まったことがなくても、とりあえず居られる場所として研究室はすっかり定着したようだ。マイカップも常備しコーヒーメーカーなども共同購入したそうで、それは「居ついた」という雰囲気でいかにも理系の学生らしい。

高校生までは、授業があるとか部活があるとか明確なものがあるときに学校にいるというケースがほとんどだけれど、(大)学生になると、とにかくわけわかんないけど学校に「居る」という、その居心地ってけっこう大切だ。

居場所が研究室なのか、サークル部屋なのか、それはどっちもありなんだけれど、用があってもなくても学校にいるし、なんとなく快適、という状態であれば、ちょっと本人に欠けたところがあっても、情報が入ってきてなんとかなったり、誰かが助けてくれたりするものだ。

またろうが高専を選んだのって、元々は「ロボコン」をやるというイメージだったんだけど、それが挫折してしまったのって、要するに「いなかった(滞在時間が短かった)」からだ。当初、部活にはわりと行っているように見えたけれど、またろうはいつも「夜ご飯時間に間に合うように」帰宅しており、それでは周囲とペースが合いようがなかったということらしい。十分に「居ない」やつの居心地はだんだん悪くなり、結局「夕食まで」の時間であっても居場所がなくなるという寸法だ。

そのころのまたろうには、そうやってみんなで熱心に何かに取り組む場にコミットするより、家でゆっくり過ごすほうが大事だったんだろう。親はもう後戻りができなくなるまで、その周囲とのズレに気づいてなかったけど、仮に早期に気づいていたところで、またろうにその気がなければ定着は無理だったと思う。

卒研はロボコンより強制力があるので、やむなく遅くまで残って作業したりすることが増えるうちに、またろうもさすがに慣れたらしい。なんとなく、来春から大学生になるイメージに沿ってきたかな、というふうに見える。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/108-63d67fc8

トラックバック

コメント

[C132] 良かった~

>用があってもなくても学校にいるし、なんとなく快適、という状態であれば、ちょっと本人に欠けたところがあっても、情報が入ってきてなんとかなったり、誰かが助けてくれたりするものだ。

これ大事!居場所は大事です。

研究室に居つくイメージ、私もコウ太に持ってます。
他人と積極的にコミュニケーションを取ろうとしないタイプ、時間はかかるけど慣れると居心地がよくなるタイプ、人の好き嫌いがあまりない(関心がない)理科好きな子にとって研究室っていいですよね。

コウ太は理数が好きな子なら誰とでもやっていけると思います。超オタクな子でも変人でも。むしろ変人が好き。

またろうくん、良かった~。アンダンテさんも一安心ですね。
  • 2014-11-28 08:46
  • くるみ
  • URL
  • 編集

[C133] > くるみさんへ

そうそう、誰とでも如才なくつきあえるタイプとかには一生ならないにしても(^^;; 自分なりの居場所。

> むしろ変人が好き
あ。それ私ね。

またろうは、最初、研究室に苦手な人がいたり、ひっかかるところもあったみたいなんだけど、いつの間にかこなれた感じです。とりあえずよかった。次は来春からですね…
  • 2014-12-03 10:48
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR