Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/106-38f7e907

トラックバック

コメント

[C128] 良くわかります

程度の差こそあれ、我が子も同じようなことがありました。
文庫本の1ページ読むのに2時間かかっていたのには驚愕しましたし、勘で答える算数には絶句。
本人はやり方がわからなかったと言うんですが、解説や問題の意味が読み取れなくて答えにたどり着けなかったのは確か。だから記述系が読み込めれば解けて高得点に。

あの時、息子に数学の能力があるなんて1%も思えなかった。

しかし、答えを書き写すというところでまたワナが。
これが学習障害の一つだとわかってからは、一問解かずに確認時間を割くようなチェックルーチン。数学得意な人にはそこそこいると思います。
  • 2014-11-15 08:52
  • ももれんじゃ
  • URL
  • 編集

[C129] >ももれんじゃさん

ほんとにねぇ、算数数学の能力があっても、まずは読み書きができなくっちゃなかなか表には出てきません。

はは、答えが出てから正しく写すってのもハードルのひとつですね。そんなところにハードルがあるなんて知らなかったよ(笑) よしぞうは、どこで気合入れてどうチェックすればミスが防げるかちゃんと考えてるところがまたろうと違うところです。
  • 2014-11-15 21:25
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C130]

うちの息子2は、読む(朗読も読解も)のはイケてるのですが、書くのがやっぱりね~。で、すんごいめんどくさい計算も暗算でやろうとするから、時間かかるしミスも多くなる。テストの問題はひねってあるから楽しいそうですが、頭の中身をちゃんと書かないとねぇ…
そろそろ書くことをいとわなくなるかな、と期待していたんですが、それ以前のところで停滞してます。中2現在、脱学校・仙人生活志向(苦笑)。
  • 2014-11-16 22:58
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C131] > Yokoさん

読むほうがイケるのはいいですね~
書くほうね(^^;;
書くののハードルが高いと、ノートも取れないし計算も暗算なのよね(-_-;; やっばりせっかく人間なのだから外部記憶装置(紙)をうまくつかわないと大きな課題はできないんだけど。

中二かぁ…ちょうどここから大化けしそうな時期だけど。
  • 2014-11-27 12:15
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

またろうの計算力は規格外だった

ことの起こりは、またろうの話ではなくて、はなひめ(現中二)の計算(のみならず処理全般)が遅すぎるって話で、とりあえずシンプルな計算がどのくらい遅いのか調べてみようってことになった。

     にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
     「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク

それで、市販の薄っぺらいドリル(中学数学の5分間ドリル的な)を買ってきて、その中からいろんなところを試してみようと
(1) 連立方程式
(2) 因数分解
(3) ルートのついてる計算(分母の有理化が必要なやつ)
の3ページをピックアップして、人数分(家族五人分)コピーした。

それで、ストップウォッチを渡して、1ページずつにかかる時間を計って解いてくれるように依頼したわけなんですけど…

もちろん、比較のため私も解きました。特に速くはないんですけど(トシだし)特に遅くもなく、無難なテンポでノーミスクリア。これは、何十年さび付いているのにすごいねぇってことではなくて、何年か前…えと、またろうとこじろうのダブル受験が終わってからですから五年前くらいですか、しばらく中学生レベル以降の公文数学をやってみたことがあって、それで計算のコツを思い出して正確にそこそこの速さで解けるようになったんです。

昔はかなり数学が得意だったし計算も速かったと思われるよしぞう、因数分解は家族で一番速かったですが、連立方程式の答えが合わず、ドはまりしてすんごい長時間かかりました(^^;;

予想ではいちばん速くて正確だろうと思ったこじろうですが、確かにそこそこ速いけどミスもあり、速いといっても驚異的ってほどではなく。この人、自分なりの必然性がある本気のテストのときじゃないと燃えないのねぇ。

問題のはなひめは、丁寧に解いててわりと正確なんだけどまぁ…ほんとにスピードは課題です。あと、やっぱり分野ごとにかなり違うのは、ベースの処理速度の遅さのほか、現状の習熟度の不足があるからでしょうね。

というように、比較するとおもしろいし、いろんなヒントがあるんですが、またろうの結果ってのが…

比較できませんでした(-_-;;

しっかりはっきり、「一枚ごと時間を計って」って伝えたのに、トータル時間しか計ってない(-_-#

(3) ルートの計算で、最後答えを書くときに分母を有理化してない!!

もちろん、通分しなきゃいけないから途中では有理化するんですよ。んで、最終的な答えも大きさとしては合っているんだけど、答えでわざわざルート3分の…とかなってるの。

答えは分母を有理化して示す、というルールを知らない、というかそんなことはどうでもいいと思っていて、
「だってこのほうがきれいじゃん??」
などと独自の美的ルールを持っており、

いやもうなんだかな。

ということで、またろうの計算力、うまく比較できませんでした。
比較できるような結果を出せないところがまたろうというものなのかもしれません。

ま、推定ですが、あまり正確ではないものの、速さはそこそこあるというふうに見えました。

計算が人並みか人並み以上にできるためには、とにかく文字の読み書きがスムーズでないといけませんから、
またろうがまともに(暗算でない)計算ができるようになったのは中二の後半くらいでした。

数学がとてもできる人は計算自体がとても速くて正確であることがほとんどだと思いますが、またろうはそこまでいってません。けど、計算がそこそこ「人並み」になったところで、数学の、難しい問題が出るテストであればすごくよい成績が出せるようになったわけです。


極端に苦手なものがある場合、それに引っ張られてしまうので、ものすごく優れた部分があっても表に出てこないことがあります。
その、大きなボコ穴のところが、とりあえず人並みに近いレベルに上がってきたときに、「奇跡」の成長が見られたりします。ほんとは成長じゃなくて単に覆いを剥ぎ取っただけなのかもしれないんですけど。しゃかりきに誘導しても、本人の内からの突然の上昇にはかないません。待つのが親の仕事なんでしょうけど、なかなか…待つのは苦手です。

にほんブログ村 発達障がい児育児 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 発達障害グレーゾーン
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/106-38f7e907

トラックバック

コメント

[C128] 良くわかります

程度の差こそあれ、我が子も同じようなことがありました。
文庫本の1ページ読むのに2時間かかっていたのには驚愕しましたし、勘で答える算数には絶句。
本人はやり方がわからなかったと言うんですが、解説や問題の意味が読み取れなくて答えにたどり着けなかったのは確か。だから記述系が読み込めれば解けて高得点に。

あの時、息子に数学の能力があるなんて1%も思えなかった。

しかし、答えを書き写すというところでまたワナが。
これが学習障害の一つだとわかってからは、一問解かずに確認時間を割くようなチェックルーチン。数学得意な人にはそこそこいると思います。
  • 2014-11-15 08:52
  • ももれんじゃ
  • URL
  • 編集

[C129] >ももれんじゃさん

ほんとにねぇ、算数数学の能力があっても、まずは読み書きができなくっちゃなかなか表には出てきません。

はは、答えが出てから正しく写すってのもハードルのひとつですね。そんなところにハードルがあるなんて知らなかったよ(笑) よしぞうは、どこで気合入れてどうチェックすればミスが防げるかちゃんと考えてるところがまたろうと違うところです。
  • 2014-11-15 21:25
  • andantedandanto
  • URL
  • 編集

[C130]

うちの息子2は、読む(朗読も読解も)のはイケてるのですが、書くのがやっぱりね~。で、すんごいめんどくさい計算も暗算でやろうとするから、時間かかるしミスも多くなる。テストの問題はひねってあるから楽しいそうですが、頭の中身をちゃんと書かないとねぇ…
そろそろ書くことをいとわなくなるかな、と期待していたんですが、それ以前のところで停滞してます。中2現在、脱学校・仙人生活志向(苦笑)。
  • 2014-11-16 22:58
  • Yoko
  • URL
  • 編集

[C131] > Yokoさん

読むほうがイケるのはいいですね~
書くほうね(^^;;
書くののハードルが高いと、ノートも取れないし計算も暗算なのよね(-_-;; やっばりせっかく人間なのだから外部記憶装置(紙)をうまくつかわないと大きな課題はできないんだけど。

中二かぁ…ちょうどここから大化けしそうな時期だけど。
  • 2014-11-27 12:15
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。