Entries

はらはら授業参観

学年がひとつ上がって二年生。その授業の場でまたろうはどんな振る舞いをしているのか?
興味津々…

5月19日(土):参観日

今日は「算数」と「国語」。まず、「算数」は「くりさがりのある引き算」の話。先生は、「おつりを出す」のがやりたくって、小さいころお店やさんにあこがれてたりしたんだけど、くりさがりのある引き算が苦手だった。ある日夢のなかに神様が出てきて、「まほうのさいふ」を授けてくれたとかいう導入。

要するに、「1円玉が10枚」入ったもの。例えば27円のビーだまを買いに来て30円払った人がいたら、「まほうのさいふ」を使って10円玉を1円玉10枚に替えてきて、、という具合。黒板に大きなさいふをかいて、マグネットつきの10円玉、1円玉を使っておかいものごっこ。

…まあ、話に工夫はあるし発言の機会もあるんだけど、所詮は黒板上での説明。つまりは本人の聴く気と集中力がなくては成り立たないわけで、そういう「基本は一方通行の授業」がそのまま1時間続くのは大人でもなかなかつらいものがある。一年のときの「参加型授業」とはやはりだいぶ違う感じ。

しかし、またろうはいちおう「はりきって」いて、話もよく聞いていて、あてられもしないうちから「3円だよ!」とか発言も多く、さらに前の教具を直接さわって「こうするんだよ!」などとしにいっちゃうので立ち歩きが多い。周囲からも、「おーい、またろうなんで立ってくんだよ」などともっともな反発をうけている。

ともかく本人のやる気があってよく先生の話を聴いて考えていることだけはいいんだけどねぇ、、あとでゆうくんのお父さんから、「いや、またろうくんは絶対大物になりますよ」といわれた。
#いい意味だけではもちろんないが、やや好意的に言ってくれたようだ。

立ち歩きだけはぜひやめてほしかったので、休み時間になったときにまたろうをつかまえて「勝手にしょっちゅう席をたっていたからみていて恥ずかしかった。次の時間もこうだったらおかあさんはみていたくないから帰ります」と釘をさした。

**

国語の時間が始まると、確かにこんどはずっと席についていたが、ずっと教科書を読んでいて先生のお話はまったく耳に入っていない様子。テーマは「気持ちを考えて読もう」。「かえるくんはどんな気持ちだろう?」「かなしい気持ち」「ふしあわせ」。「それはどういうところを読んだらわかった?」

授業は先生とこどもたちでやりとりしながら進められているが、必ずしも「こどもたち」は全員を意味していなくて、またろうのほかにも話に集中して聞けてない子がちらほら。

「かなしい気持ち」だなぁということがわかる部分に線をひく、ということになって鉛筆をもって教科書に書きこみをはじめた。またろうは急に周囲の雰囲気が変わったことに気付いて、教科書から目をあげて近くの子の作業をのぞきこむ。「またろうー、ひとのみるなよー」などといわれ、ちょいと頭をひっこめていたが、先生が何をしろといったのか知らないので困っているらしい。

それでどうするかと見たら、なにやら猛然と教科書に何か書きこみ始めた。何やるかわかってんのか??と思ったがやはりそんなことはなくて、いたずら書きをしているらしく、できたものを斜め後ろのしゅうくんに見せてはげらげら笑っている(怒)

結局その調子でなにも授業には参加できないまま一時間が終わった。

それから帰りの支度になるわけだが、棚からランドセルを出して教科書・ノートをしまうところまではみんなと同じテンポですんだ(これだけでも一年前から比べると大進歩)。しかし先生が黒板に書いている「しゅくだい」「月ようのじかんわり」は連絡帳に書かずにふざけている。

見ているとイライラするので、近寄っていってオキテ破りの直接警告「連絡帳書かないなら今日もおこづかいもらえないよ」。またろうは慌てて連絡帳を取り出す。そしてなんとか連絡帳は書いたものの、またろうの机の周辺には、連絡袋やらうわばきやら(笑)数アイテムがころがっている。あれを集めて帰らないといけないのになぁ~どうするんだろうと思ってみていると、先生が通りすがりに拾い集めてまたろうに渡してくれた。

しかしまたろうは渡されたものにまったく注意が向いていなくて、そのまま机の上に無意識に置いたらしい。「さようなら」でランドセルを背負うとき、ランドセルでがさーっとまた全部床に落としてしまった。そのままこちらに来ようとするので「ちょっとちょっと、ぜんぶ持って帰るものでしょ」といったらようやく気付いて拾い集めたが、そのままばらばらと手に持って、背中のランドセルにぐいとつっこもうともがいている(-_-;;

今日の参観をみて、「こりゃ前途多難だ」と思うか「去年よりだいぶいいじゃない」と思うか、受け取り方次第ですが、なんにせよみててイライラするには違いない。

***

またろうに渡したカード:

またろうくん2年生 春の授業参観

**がんばりました**
1.さんすうのじかん、先生のおはなしをよくききました。
2.さんすうのじかん、いっしょうけんめいかんがえて、かんがえたことをはっぴょうしました。
3.こくごのじかん、たちあるきをしないようにしました。

**よくなかったこと**
1.こくごのじかん、先生のおはなしをきいていませんでした。
2.さんすうのじかん、たちあるきをしました。
3.さんすうのじかん、しゅうくんのべんきょうのじゃまをしました。

このなかで、3ばんはとくにぜったいいけません。

**これからがんばること**
せんせいのおはなしをよくききましょう。   ←ここは赤で囲んだ

するとまたろうはしばし沈黙して読み、「3ばんのとこ、しゅうくんのじゃまをしたのはさんすうじゃなくてこくごだよ」と冷静に赤を入れさせました。この紙を厚紙にはり、「これはお守りだからね」といってランドセルにいれさせました。どうかなー。

----------
でも、これ読んでみて今思うこと。私の対応ってあんまりよくないですよね。今ならもっとやわらかくやるけどな~
私を「教育」したのはまたろうなんだなと思った。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andantedandanto.blog.fc2.com/tb.php/10-98756a0d

トラックバック

コメント

[C20] 本当にそっくりです

アンダンテさんは、当時から、そして今も、
相当忍耐強く、かつ、かなり優しい対応をされていたと思います。

うちなんか、昨日の夜11時頃、
そんなんなら出てけと、私が怒鳴ったら、
子どもが知らぬ間にいなくなってて、顔面蒼白!!

しかし、結局怒鳴らないと、こどものアタマに
指示が入っていかないような気がして、、、

結局大声で、毎日指示出し!

マニュアル通りに、やさしく諭しても、無駄な気がして。。。
疲労感一杯です、、、

  • 2014-01-11 01:43
  • なつ○
  • URL
  • 編集

[C22] >なつ○さんへ

あれれ。出てけっていったら、出ていっちゃったのね。
それも困るけど…

怒鳴って頭に入るなら、もう怒鳴るしかないんだけど、しょっちゅうやると効き目が失せるような気がするので、めりはりで怒鳴ります(^^;; 最近じゃ、年取ったのでどんどん、怒鳴り節約モードです(だって疲れるんだもん)

>マニュアル通りに、やさしく諭しても、無駄な気がして。。。
こちらの本気を伝えないと、華麗にスルーされちゃいますね。たまに、ものすごく静かに、短く、ずしっと言うと本気で怖かったりするみたいです(笑) あの手この手で。
  • 2014-01-14 16:08
  • アンダンテ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR