Entries

スポンサーサイト

消しゴムはどこへ消えるのか

特に、またろうやこじろうが小学校低学年だったころの…          「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク消しゴム(や、えんぴつ)のなくなりようったらありませんでした。もう滝のように消えていく。トンボ鉛筆と、MONO消しゴムを常に大人買いして引き出しにストックしていました。(いや大人はふつうそんなに鉛筆と消しゴムを大量買いしない)「消しゴムの行方」という四コマ漫...

発達診断項目と、不得意なことの克服

同じADHDといっても、能力の凸凹具合は人それぞれですが、まぁともかく定型発達の子よりも凸凹がでかい。ってことが多いと思います。          「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンクまたろうの場合、WISC III の項目でいうと・数唱(注意力と機械的記憶)・符号(学習の速さと書くこと)が極端に悪かったわけです。このような学習診断の結果を説明されたとき、親として思ったこ...

耳からの情報が入りにくい?

私自身は「ど」近眼ですから、「目がよく見えない」という状態についてはイヤっちゅうほどよくわかります。          「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンクけれども、近眼などという「わかりやすい」状態は、気づかないで放置ってこともないでしょうし(小学校でも検査をしますね)、眼鏡をかければ解決です。合った眼鏡をかけていれば、目のせいで成績低下ってことは起こりま...

具体的な場面で具体的な指示を

教室の場面で、「先生が前に立っているときは、先生のお顔を見て」と言ってみれはよかった、というのは、一例ですが、ともかく、具体的に紛れなく指示するということ。          「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンク「きちんとする」「ちゃんとする」というのが通じなくても、これならわかったかもしれません。だからといって、それからずっと「ちゃんと」してくれるとも思...

「ちゃんとしなさい」はたぶん無効だった

小学校の入学式では、他の一年生がちんまり席に座って二年生たちの歓迎の「歌と踊り」を見ているときに、一人だけ立って踊りだしたまたろう…          「発達障害グレーゾーン まったり息子の成長日記」ダイヤモンド社 ←アマゾンリンクいやそりゃダメだろ!! と大人なら思うし、新入生だって「ちゃんとした」子にとっちゃ論外だろうけど、またろうは別にふざけてやろうとか、あまつさえ雰囲気ブチコワシにしてやろうとか...

Appendix

プロフィール

andantedandanto

Author:andantedandanto
本館ブログは
「アンダンテのだんだんと日記」
アメーバ別館ブログは
「アンダンテのAmeba別館」

アンダンテ: 優雅な生活を目指す会社員。趣味はピアノとバイオリン。
またろう(国立大三): 高専を卒業して大学編入。一人暮らしが始まった。いつでもまったりマイペース。
こじろう(私立大一): 異星人感覚の持ち主だったが地球人に成長した。
はなひめ(私立中三): 女子中ライフ満喫中。
よしぞう: アンダンテの夫が務まる類稀な資質の持ち主。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。